スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死にたくない

2014年12月8日(月)    74.8 kg  21.6 % 

small 吉水草庵

写真は京都・吉水草庵からの眺め。
今日は、お釈迦が35歳で仏覚を成就なされた日です。
そして、JJSG父の誕生日でもあります。
とてもおめでたい日です♪



=== 今日の一日一訓 ===


 甘えたっていいじゃん!

   




親鸞聖人の教えを学んでいます。



「死苦」
 は、この世を去る苦しみ。
言葉にかからぬ苦しみを、

 「死ぬほどつらい」


と人は言う。

今日は 「死苦」 について。


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★

乳房といえば女性のシンボル。
その二つを切り捨てた女性が、話題になった。
米国の人気女優アンジェリーナ・ジョリーだ。

悲壮な決断は、遺伝子検査で、
乳がんになる確率が87%と告げられたことと、
56歳で母親が、がんで亡くなっていたからだと言う。

それで乳がんになる確率が、
5%以下に下がったそうだ。

死の不安を減らすためとはいえ、
女の象徴部位を捨てる手術である。
いかに死は、大きな代償を払わすか。
死苦の巨大さを覗かせる。

ある医師の書によれば、死の宣告と寿命の関係が、
こう記されている。
一切に知らせぬと5年以上生きるが、
家族だけに知らせると3年となる。
本人に知らせると1年も難しい。

数字は色々に解釈できようが、
死の宣告のショックの大きさは想像できよう。

最悪を覚悟して、最善を尽くす。
これが危機管理の基本と言われる。
株を買っていなければ、株が上がろうが下がろうが、
最悪もなければ最善もない。
危機管理は無用だろう。

だが、すべての人は生まれた時に、
人生会社の株に全資産を注ぎ込む。
危機管理の基本を知ってか、どうか、
全人類は、株の動きに終始一喜一憂する。

やがて株は大暴落し、紙クズとなる。。。

人はそして、最悪を覚悟して最善を尽くす危機管理の基本を知らず、
この世を去るのである。

政治・経済・科学・医学・芸術・文学・スポーツ・倫理・道徳・法律などの一切は、

 “いかに株の値上がりを楽しむか”


人類の全知全能は、ここに集中されている。

咲き誇った花も、必ず散るときが来るように、
死の巌頭に立てば、必死にかき集めた財宝や名誉や地位の株券は、
わが身から離散し、独り、地上を去らねばならぬ。

 「独り生まれ、独り死ぬ
  独り来て 独り去る」


人生会社の破産である。
生苦・老苦・病苦・死苦の「四苦」のなかで、
最悪と言っても過言ではなかろう。

もし釈迦の 「人生は、苦なり」 が、
絶対回避できない金言ならば、
人は、苦しむために生まれたことになる。
そんな悲劇は、絶対にあってはならない。

同じく釈迦の説く、

 “よくぞ、人として生まれたものぞ”


の生命の歓喜を、

 “生まれてこなければよかった”


の号泣に変えてはならない。


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

No title

文脈からして、次はこの話だろう…とは思いましたが、やっぱりね(笑)

僕は、JJSGさんとは、少し異なる死生観を持ってはおりますが
それはともかく、前2回はコメントを書かせていただいた手前
今回も、こそっと、コメントさせていただきます。

さて、人生を会社に例えると、
最後は果たして「倒産」しかないのでしょうか?

僕は、現実に会社を経営している訳ですが
会社の閉め方、終わり方は、色々ありまして、ざっと考えても

1.円満解散として、誰にも迷惑をかけずに終わる
2.子孫や後継者に譲って、その志を後の世代に託す
3.休眠会社とするが、実際に再開することはなく、静かに消える
4.周囲にも迷惑な方りで倒産する

…などというストーリーが有る訳ですね。
終わり方の美学はそれぞれとして、1~3ならいんじゃないかな
などと、僕自身は思っています。
「あの人も、いいひとだったよね」
「彼の志は、いまも僕たちの中に息づいている」
「綺麗な去り際だよね…」
そんな会話が、葬式の後に聞こえてきそうですよね。

そりゃね…死の巌頭に立てば、
必死にかき集めた財宝や名誉や地位の株券は、
わが身から離散し、独り、地上を去らねばならぬ。…のでしょうが

社員さんや、同僚、ご家族、友人、その他周囲に人々の心の中に
語り継がれる「生き方」や「志」、「仕事に対する想い」や「技術」
「モノの考え方」や「人との接し方」、「探究心」や「人の育て方」などなど
死してなお、人々の心の中に生き続ける「財産」は
山のようにある…と、僕は思います。

もちろん、僕は神でも仏でもないので、そのようなモノなど、
ほんの少し…もしかしたら「何もない」のかも知れませんが
それでも、僕が、そしてJJSGさんが「生きた証し」はきっとある。

僕やも、よく頑張って生きたよね…
やり残したことをあげつらえば切りがないが
まぁ、いいんじゃないかな。

などと言って、お互い旅立ちたいモノですよね。


その為には、もちろん、
財宝や名誉や地位なんていう、表面的な価値にこだわらず
もっと大事なモノに眼を向け、
精進することが大事なのは言うまでもありませんが

それは、会社も、生きてる内も同じ事で
たとえば、そんな財宝や名誉や地位目当ての良くの固まりを
誰が、仕事のパートナーとして受け入れてくれるでしょうか?

仕事はね、お客様に喜んでもらい事が第一で
利益は後から付いてくるモノ。
人生が会社なら、生き方もかくあるべきではないでしょうか。

…と、なんだか、僕の方が説教臭くなっちゃいましたね(苦笑)

No title

アンジェリーナ・ジョリーの話が出たので、もう一つ。
(ややこしくて、すみません)

僕は、乳がんの患者さんとのお付き合いも多くて
なんとなくわかるのですが

癌になった胸を手術で切開すると
当然ながら、どうしても、癌の摘出がメインとなって、
後の形などは、それなりに残った部分で考える…となりますよね。

ところが、彼女のように、癌になる前であれば
これは「豊胸整形手術」とさして変わらない(ほぼ同じ)手法ですから
醜い傷跡もなく、はるかに綺麗な形で、胸を残せるし、
考えようによっては、以前より綺麗な胸を作ることも可能。

事実、彼女に写真を見る限り
少し胸が大きくなったような気がするのは、僕だけではないでしょう。

そう思って、ちょっと調べてみたら
ネット上でこんな記事を見つけました
「アンジェリーナ・ジョリーは乳癌予防切除手術を受けていない」
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3080.html
まぁ、ここまで酷評するのもどうかとは思いますが
あながち「ガセ」とも言い難い内容で
関係ない話ながら、よろしければこちらもご一読ください。

しかしながら、彼女のおかげで、癌検査の試験キットの販売が伸び
癌になる前の手術が「社会的に認知された」のも事実。
彼女が、もし、そうした新産業の広告塔であるならば、
これもまた、バチ当りで怖い話ですよね。

失礼いたしました。

Re: No title

癌ダムさん

順番に「四苦」の話をしてきましたから、
「生苦」「老苦」「病苦」 そして最後は 「死苦」 ですね。
お察しの通りです!

人それぞれ、それこそ100人いれば100通りの考え方、
価値観、感じ方、死生観があることが、知らされます。
みんな違って、みんないい。

釈迦の説法が八万の法蔵、七千余巻になるのもうなずけます。
一人一人、相手に応じて変幻自在。
まさに、対機説法ですね。

生き様、死に様は、十人十色。
「生きた証し」は皆あると思います。
それはそれで大切なことだと思います。

問題はそこではなくて、
自分自身が、自分自身の「死」と対面せねばならないこと。
これこそが、後生の一大事です。

どのような華々しい生きざまをしようとも、
どんなに語り継がれるような偉業を成し遂げようとも、
最後は必ずみな死んでいかねばならない。
絶対に避けられない、勝ち目のない戦い。

その勝ち目のない「死」をまっすぐに見つめ、
その「死」を越えた境地を求め、そして体得されたのが釈迦です。

いつもいろいろなご意見をきけて有り難いです。
コメントありがとうございました。
JJSG

Re: No title

癌ダムさん

再びコメントありがとうございます♪
新しい情報もありがとうございます。
参考になります。

> しかしながら、彼女のおかげで、癌検査の試験キットの販売が伸び
> 癌になる前の手術が「社会的に認知された」のも事実。
> 彼女が、もし、そうした新産業の広告塔であるならば、
> これもまた、バチ当りで怖い話ですよね。


それはそれで、いいんじゃないでしょうか。
よくある話です。
悪い話じゃないと思います。

癌になっても完治できる時代がそのうち来るかも。
どんな病気になっても完治できる、そんな時代が来たら最高ですね。

ついでに、老いない、死なない薬もできたらいいのに。
絶対にないでしょうね。。。(><)

JJSG
Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。