スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな喜びの心

2009年12月1日(火)  体重68.0kg  体脂肪19.5%



阿弥陀仏に救われた人が、等しく阿弥陀仏より賜る 「三忍」 について説明しています。


三忍とは、

 喜忍 (きにん)  ・・・ 大きな喜びの心

 信忍 (しんにん) ・・・ ツユチリほども疑心のなくなった心

 悟忍 (ごにん)  ・・・ 仏智をさとった心



では、一つずつ説明していきましょう。


第一の 喜忍 (きにん) とは。


信心決定すると、必ず喜びが湧きおこる、ということです。


救われて喜びがないという道理はありません。


ノドが渇いて苦しんでいる時に、おいしい冷たい清水が与えられたら、どんなに喜ぶな、と言われても無理でしょう。


腹痛でコロゲ廻っている時に、名医の注射一本で激痛がケロリと治まれば、どうして喜ばずにおれましょうか。


太平洋の真ん中に投げ出され、溺れて苦しんでいる時に大船が近づき、九死に一生を得た時の喜びは、また格別でしょう。


丸々生きのびたところで七十年か百年。

やがて亡びゆく肉体が一時救われてさえ、このような喜びが起きるのです。


まして、多生にも遇い難い弥陀の本願にあわせて頂き、未だつかんだことのない絶対の幸福を恵まれた時が、他力の信心を獲得した時ですから、その時の喜びは何ものにも比較はできません。


親鸞聖人は、その時の体験を、『教行信証』 に


  「広大難思の慶心」
  (こうだいなんし の きょうしん)



と仰有っています。


  広かったぞー!

  大きかったぞー!!

  想像を絶する驚天動地の喜びがあったぞー!!!



と絶叫されています。



何の喜びもなかったのに、こんなウソを言われる聖人ではありません。



弥陀の本願に救われた人には、手の舞い、足のふむ所のない大歓喜があるのです。


これをまた親鸞聖人は、『正信偈』 に、

     「獲信見敬大慶喜」
  (ぎゃくしん けんきょう だいきょうき)




     「信を獲て、見て敬い、大慶喜すれば」



     獲信見敬大慶喜




と仰有っています。


また、


  「無上の信心を獲れば即ち、大慶喜を得る」 (浄土文類聚鈔)


とも仰有っています。




蓮如上人も 『御文章』 に、

 「うれしさを、昔は袖につつみけり、今宵は身にも余りぬるかな。

 身のおきどころもなく、躍り上がるほどに思うあいだ、

 よろこびは身にも嬉しさが余りぬると言える心なり」


     うれしさを~



と仰有っています。







【12/1(火) JJSG妻お手製 本日のお夕食】 ウフ♪

12.1夕食

・発芽玄米ごはん
・味噌汁(豆腐、わかめ)
・めかぶ
・納豆
・カツオにんにく
・さつまいもレモン煮
・カニカマサラダ
・もやしと豚肉の中華卵あんかけ


   もう12月だぁーーー!




ランキングに参加してます。
一日一回、どれかおひとつ、応援クリック、お願いいたします。

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

ありがとうございました。




スポンサーサイト

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

ああ! 驚天動地の世界

2009年12月2日(水)  体重68.0kg  体脂肪19.2%




阿弥陀仏に救われたことを 信心決定 (しんじん けつじょう) といいます。

死んでからではありません。 生きている、今、です。


信心決定すると、「三忍」 という三つの心を阿弥陀仏から頂く、と親鸞聖人は教えておられます。


「三忍」の一つ 「喜忍」 (大きな喜びの心) について今日も続けます。




 噫、弘誓の強縁は、多生にももう、あいがたく、真実の浄信は、億劫にも獲がたし。 たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ。 もしまた、このたび疑網に覆蔽せられなば、かえりてまた、曠劫を逕歴せん。 誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法、聞思して遅慮することなかれ。

 (『教行信証』)





   「ああ・・・・・・なんたる不思議か、親鸞は今、多生億劫の永い間、

求めつづけてきた歓喜の生命を得ることができた。

   これはまったく、弥陀の強いお力によってであった。 深く感謝せずにおれない。

   もし今生も、無明の闇の晴れぬままで終わっていたら、未来永遠、浮かぶことはなかったであろう。

   なんとか早くこの真実、みんなに伝えねばならぬ、知らせねばならぬ。

   こんな広大無辺な世界のあることを」




一般の読者には、耳慣れない言葉が並んでいて、わかりにくいかもしれない。 少し詳しく説明しよう。


「ああ!」 という感嘆は、かつて体験したことのない驚きとよろこびの、言葉にならなぬ言葉なのだ。


「弘誓の強縁」 とは、


  “なんとしても苦しみの根元を断ち切り、人生の目的を果たさせたい”


という、強烈な弥陀の誓願をいい、その誓いどおりに、苦しみの根元が断ち切られて、人生の目的成就した歓喜の生命を、


 「真実の浄信」


と言われている。

 それはもう、百年や二百年求めて得られる、ちっぽけな幸せではなかった、と知らされるから、

  「多生にもあえないことにあえた、億劫んも獲がたいことをえた」

と言われているのである。


 多生億劫の間求めても、得られぬものが得られたのだから、

「ああ!」 と驚嘆されたのも当然であろう。


 そして、しみじみ、どんな遠い過去からの弥陀のご配慮があったのやらと、

  「たまたま、行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ」

と感泣せずにおれなかったのである。


 やま高ければ谷深し。救い摂られた山が高いほど、無明の谷の深さに戦慄し、こう嘆息もされている。


 「もしまた、このたび疑網に覆蔽せられなば、かえりてまた、曠劫を逕歴せん」


 苦悩の根元の 「無明の闇」 を、ここでは、「疑網」 と言い、


  「もしまた今生も、無明の闇の晴れぬままで終わっていたら、

未来永劫、苦しみつづけていたにちがいない。

   危ないところであったなぁ」


 合唱瞑目し、法悦に包まれる聖人が、まぶたに浮かぶようである。


 「誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法、聞思して遅慮することなかれ」



 「まことだった! 本当だった。 弥陀の誓いにウソはなかった。

  みなみな、聞いてもらいたい、この親鸞が生き証人だ。

  早く、弥陀の誓願まことを知ってもらいたい」




 人生の目的どころではない、多生永劫の目的を果たさせていただいたという、

美しい感激に満ちた告白であることが知らされる。



  なぜ生きる


   ( 『なぜ生きる』 高森顕徹先生 監修より )






ランキングに参加してます。
一日一回、どれかおひとつ、応援クリックいただけますと、うれしゅうございます。

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

ありがとうございました。




テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

今こそ明らかに知られたり

2009年12月3日(木)  体重68.2kg  体脂肪19.2%



釈尊は、御臨終に、仏法とは法鏡なり、と喝破なされた。


法鏡とは、真実の鏡 ということである。



鏡の前に立てば自己の姿が見えるように、仏法を聞けば、真実の自己が照らし出されるのは当然だ。


何年聞いても真実の自己が判らねば、鏡の前で眼をつむっている馬鹿と同じで、仏法聞いたことにはならぬ。



聞けば聞くだけ、飽くことの知らない 貪欲の渦


押えても押えても燃え上がる 瞋恚の炎


馬鹿げたことと思いながらも勝るをネタム 愚痴の心


利害関係の前には、どんな大恩ある親兄弟をも殺し、妻を殺し、善知識を殺す。



一切の人々の不幸を見ては冷笑し、他人の禍を聞けば横手を打って楽しむ悪魔の心が動いている。

手には出さなくとも他人を押し倒し、他人の目をかすめても得たい、貪欲の餓鬼の魔の手はのびてゆく。



美しい女を見た時の心!

一皮むけばウミ血の流れるものと理屈は判っていても、邪淫 を行なう畜生の心は暫時も離れない。


  「愛欲の広海に沈没し、名利の大山に迷惑す」


と悲嘆なされた親鸞聖人が懐かしい。



心口各異のウソは上手だし、誤魔化すのは名人である。

他人の名誉を憎み、友人の出世を怨み、他人を裏切って平気でいる心、

それでいて他人にほめられたい、女には惚れられたい、好かれたい心一杯、何処々々までも図々しい奴。


こんなことではどうなるかと、真剣に求めれば求める程、真実になり切れない自己が知らされるのみ。



ツユ程も善のない 一生造悪 とは私のことか。



三千世界の悪を一人で背負って、ニッチもサッチも身動きのとれない私。

もがけばもがく程、助かる縁もゆかりも見い出せない私、

罪を罪とも感ぜず、地獄と聞いても驚かず、極楽と聞いても喜ばず、

真剣になろうと大勇猛心を起こす後から崩れ去る弱い心。



こんなことなら求めまい、聞くまいと投げ出せば火のつくように急ぐ魂。



手綱をゆるめると十方世界に飛び出す横着な心。



どれが私の本性なのか。 何が私の心なのか。



私が私に判らなくて泣いた私。 箸にも棒にもかからぬ私。



ああ、見苦しい、浅間しい、泣くにも泣けぬ地獄一定の私。

払うても払うても後から後から現われ、奪えるだけ奪っても、

なお心の底にこびりついて離れぬ自力の心に精も根も尽き果てて、悲泣悶絶。




  「いずれの行も及び難き親鸞、

      とても地獄は一定すみかぞかし」




と叫ばれた境地。



心も言葉も絶え果てて、当相却下、無間のドン底に叩きおとされた一念


  「そのまま救うぞ」 
 の弥陀の一声。




  「弥陀五劫思惟の願を、よくよく案ずれば、

            偏に私一人の為であったのか」




と真に手の舞い足の踏むところを知らぬ大歓喜におどり上った。


同時に 「済まなんだ済まなんだ、阿弥陀さま、申し訳ありませなんだ」 

と三品の懺悔に等しい無二の懺悔をさせられたのは、不思議の中の不思議である。



阿弥陀仏の救いは断じて、何時とはなしではない。

「今こそ、明らかに知られたり」 と驚き立つ一念の体験なのである。



     白道燃ゆ


         ( 『白道燃ゆ』 高森顕徹先生著 より )






12.3夕食

【12/3(木)夕食】
・黒豆雑穀ごはん
・味噌汁(大根、わかめ)
・納豆
・めかぶ
・コールスローサラダ
・にんじんの明太あえ
・にくじゃが
・味噌にんにく
・ほたての塩辛




ランキングに参加してます。
一日一回、どれかおひとつ、応援クリックいただけますと、うれしゅうございます。

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

ありがとうございました。




テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

キラキラ輝く乗船記

2009年12月4日(金)  体重68.4kg  体脂肪18,9%



阿弥陀仏に救われると、「三忍」という三つの心を獲る。

今日も「三忍」の一つめ、「喜忍」(大きな喜びの心) について続けます。




   なんと生きるとは、すばらしいことか!
   「闇」 に泣いた者だけに 「光」 に遇った笑いがあり、
   「沈んで」 いた人にのみ 「浮かんだ」 歓喜がある。




「難度海を度する大船」、と弥陀の誓願を喝破する法悦を、海と船にたとえて、こうも述べられている。


  大悲の願船に乗じて、光明の広海に浮びぬれば、
  至徳の風しずかに、衆禍の波、転ず
  (『教行信証』)




   「大悲の願船に乗って見る人生の苦海は、千波万波きらめく明るい広海ではないか。

    順風に帆をあげる航海のように、なんと生きるとは素晴らしいことなのか」




これはまさしく聖人の、キラキラ輝く乗船記といえよう。

「大悲の願船に乗じて」 とは、「弥陀の誓約どおり、人生の目的成就した」 晴れやかな宣言である。


人生の目的は決して、曖昧なものでないことは明白だ。


「光明の広海に浮かびぬれば」 とは、暗い人生が、明るく転じた慶喜である。

「闇」 に泣いた人だけに 「光」 に遇った笑いがあり、

「沈んで」 いた人にのみ 「浮かんだ」 という歓喜がある。




つらくとも、なぜ生きるのか。




もっとも大事なことがわからない。

ただ生きるために生きるだけなら、料亭の生け簀に泳ぐ魚とどこが変わろう。

死を待つだけの生ならば、沈んでいるといわれて当然である。


生れてきた意味がわからず、もだえ苦しんでいた聖人が、



  “ああ、生れてきて良かった”



と、浮かび上がられた光明の広海の広海とは、いかなる人生であったのか。

聖人の答えは、確信に満ちて簡潔だ。


  「至徳の風しずかに、衆禍の波、転ず」


みなぎるよろこびが輝き、どんな苦難も生き抜く、たくましさが打ち出されている。

「至徳の風しずか」 な世界を、つぎのようにも言われている。


  五濁悪世の衆生の
  選択本願信ずれば
  不可称不可説不可思議の
  功徳は親鸞の身にみてり
  (『高僧和讃』)




  「無明の闇が破られて、筆舌つくせぬよろこびが、悪に染まった親鸞に、常にからだ一杯あふれている」



親鸞は、弥陀の誓願に救い摂られたことがうれしい。

絶対の幸福に合掌せずにおれない。

今日の一日が尊い。 今の一息はもっとありがたい。 吸う息吐く息が不思議だ。


よろこばぬ心が見えるほど感激だ。


焼けもせず、流されも、盗まれもしない、いつも満ちている無上の幸せを、

  「不可称・不可説・不可思議の 功徳は親鸞の、身にみてり」

と、誇り高く詠いあげられている。


では、 「衆禍の波、転ず」 るとは、どんなことなのであろうか。

知る人ぞ知る、波乱万丈は、聖人九十年の生涯をあらわす、もっともふさわしい言葉だろう。

聖人は、つねに嘲笑、罵倒、弾圧、迫害の的だった。

始終、集中砲火をあびながら、尊厳無二な生命に合掌して、


まことに、仏恩の深重なるを念じて、
人倫の哢言を恥じず
(『教行信証』)




   「広大無辺な弥陀の恩恵に浴しながら、大海の一滴も報い切れない親鸞は、鬼か悪魔か。

    ジッとしてはいられない」



ひとしお激しく襲いかかった難度海の波濤も、深遠な仏恩に感泣し、懺悔と歓喜で乗り切られる聖人の、

前進をはばむことはできなかった。 それだけではない。

苦しめるはずの万丈の波乱も、幸せよろこぶ元と転じているのである (後で詳しく述べる)。



  なぜ生きる


   ( 『なぜ生きる』 高森顕徹先生 監修より )








今日は、週末ですし、仕事終わってから、夜の繁華街へ。

美味しいもの食べて、きらびやかなシンガポールの街、鮮やかなイルミネーションの中を、あっちこっち、散歩してまいりました。

歩き疲れました。 もうこんな時間。。。

写真は、明日のブログで!

おやすみなさい。。。





ランキングに参加してます。
一日一回、どれかおひとつ、応援クリックいただけますと、うれしゅうございます。

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

ありがとうございました。




テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

シンガポール イルミネーション散策

2009年12月5日(土) 体重67.4kg  体脂肪19.5%




昨晩、お仕事終了後、妻と共に、久々に夜の街をデートしてまいりました♪

行き先は、シンガポール一番の繁華街、オーチャードロード。

さて、なにを食べようかとあれこれ話しつつ、MRT(地下鉄)にてサマセット駅で下車。

駅直通の新しいショッピングモールがオープンしたばかりでした。


     新装開店


そのショッピングモール内にある、中華料理・飲茶のお店 「DIN TAI FUNG」 でショウロンポウ(小龍包)を食べよう♪
ということになりました。


 DIN TAI FUNG   坦々麺

坦々麺、食べかけで失礼!(笑)

見た目は、なんだかまずそうですけど、とっても美味しかったですよ♪



 ベジワンタンスープ   ショウロンポウ

ベジタブルワンタンスープ、とノーマルな小龍包。

ベジワンタンは、芝生の味がしました! (><)

ノーマルな小龍包は、やっぱり一番おいしい~♪



 えびしゅうまい   かにショウロンポウ

海老シューマイ と カニ小龍包。

うん、まあまあかな。 個人的には、やっぱりノーマル小龍包が一番好き。



続いて、オープンしたばかりのユニクロへ。 シンガポールでは、たしか3店舗目かな。


          ユニクロオープン


                  ユニクロだらけ


 大混雑   長蛇の列

店内は超満員。 そして、店外には、長蛇の列。。。どこまで続いてんだ。。。

おそらく、この列の中に日本人はいないでしょう。


シンガポーリアンは、珍しいもの、新しいもの、日本からやってきたもの大好きらしい。

よく長蛇の列を街とかで見かけますから、並ぶのもぜんぜん気にしないようです。




ショッピングモール内を下から上まで、ぐるりと回って、外へ。



Ionイルミネーション


PARAGON


LACKY PLAZA


雪だるま


高島屋前


ものすごい人


オーチャードロード沿いの一部ですが、こんなキラキラが、ずずずーーーっと、続いております。

毎年ですが、スポンサーは、「HITACHI」 のようです。



シンガポールは、今も建設ラッシュで、世界金融危機の影響はあったものの、

それも今では底打ちの様子で、これからもガンガンいきそうな気配。

繁華街を散策していて、そんな雰囲気を感じました。


2010年には、カジノ、ユニバーサルスタジオもオープン予定。

国民一人あたりのGDPは、日本なんて相手にもしない。

今や、世界No.1? アジアNo.1? (だったかなぁ。。。笑)

いまが伸び盛りってやつですね。

円高の今のうちに、シンガポールドルか、オーストラリアドルが、買いか?!


シンガポールに旅行されるなら、今の時期がいいと思います。

雨季ですので、比較的涼しいし、イルミネーションがきれいで盛り上がりますので♪




たまには、こんな記事もいいかな。







ランキングに参加してます。
一日一回、どれかおひとつ、応援クリックいただけますと、うれしゅうございます。

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

ありがとうございました。




テーマ : 今日の出来事
ジャンル : ライフ

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。