スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“終活” 人生の終末に向けて

2012年4月12日(木)    71.6kg  22.0% 


Yu-11Apr2012-2

ムチムチ、プリンプリンです。(><)



=== 今日の一日一訓 ===


 旅立ちの 用意はよきか 深夜でも
   いざ鎌倉の 秋はくるなり


 死は、私たちの都合など、おかまいなしです。
 
「死は、突然にしかやって来ないといってもよい。
 いつ来ても、その当事者は、突然に来たとしか感じないのである。
 生きることに安心しきっている心には、突然に来たとしか感じないのである。

 死は、来るべからざる時でも、やってくる。
 来るべからざる場所にも、平気でやってくる。
 ちょうど、きれいにそうじをした座敷に、土足のままで、
 ズカズカと乗り込んでくる無法者のようなものである。

 それでは、あまりムチャである。
 しばらく待てといっても、決して、待とうとはしない。
 人間の力では、どう止めることも、動かすこともできない怪物である。」

 (岸本英夫 『死を見つめる心』 より)




仏教をゼロから一緒に学びましょう。


やがて訪れる人生の終末にむけ、
元気なうちから葬儀や墓、遺言について考え始める人が、
増えているようです。

“終活” において本当に大切なこととは何か。


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★


以前、テレビ番組で

 「エンディングノート」


が紹介されて話題となりました。

大手文具メーカーが発売するや、年間目標の五万冊が
わずか一月ほどで売れてしまったといいます。

書式の決まっている遺言書とは違い、
エンディングノートには、

 「人生の終末をこう迎えたい」


という理想や要望を自由に書き残せるようになっています。


葬式や墓の形式、延命治療の希望、
相続についてや、知人の連絡先といった
自分にしか分からない情報も細かく書き留めておけます。

日記感覚で書ける手軽さから、
若い世代にも支持されているようです。

エンディングノートを書く動機はいろいろあるでしょう。
あるテレビ番組で、

 「二人の子供に迷惑をかけたくないので」


と語る六十代の主婦が紹介されていました。
夫が他界した際に、

 「夫が喜ぶ葬式とは?
  他人とは違う、夫らしい形で見送りたい」


と孤軍奮闘。その経験から、家族が苦労しないよう、
早いうちに “自分らしい最期” を決めておこうと思ったそうです。


かつて、葬儀は地域単位で取り組むものでした。
その土地の慣習にならって執り行われ、
近所の住民が総出で手伝ったものです。

しかし隣近所とのつきあいが希薄になった今日、
葬式は “限られた人たちのもの” となってきました。

長引く不況の影響もあって、
何事もお金をかけず効率的に済ます一方で、
先の主婦のように、多くの人が葬式や墓に、
「その人らしさ」 を求めるようになったのです。

身内や親友だけで行う 「家族葬」 や、
火葬のみで済ます 「直葬」
墓地に埋葬せず山や海に遺灰をまく 「自然葬」
といった新たな弔いの形が定着し、
型にはまらない理想の墓石を生前から準備する人が増えてきたのも
このためでしょう。

また、『朝日新聞』 が行った世論調査では、
三人に一人が自分の葬式を 「しなくてもよい」 と答え、
「墓は要らない」 と考えている人も2割近くあったといいます。

価値観が多様化する現代は、

 「自分の最期は自分で決める時代」


になってきたのかもしれません。


長くなったで、続きはまた次回。



★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

No title

JJSG様

初めてメールします。なかなか含蓄のあるブログ有難うございます。シンガポールで何をされておられるのでしょうか?

私も浄土真宗。親鸞が第一と思っております。
私も出身地は福岡県。弊ブログにも書きましたが、‘魁皇’出身地の直方市です。カミサンは満州生まれの大牟田市育ち。

父が第二次大戦でシンガポールに居たことがあります。15年ほど前家族で一度訪れました。

唯今72歳。フィリピンでこれから仕事をするかも知れません。熱電発電の事業です。

ご縁がありましたら、また・・・。

今後ともよろしくお願い致します。(4/12)

No title

お久です。

昔は、親とか兄弟との死というものの身近にあって
そういうモノに立ち会い、折に触れてお墓の事も考え
自らの身の処し方を考えたものでしたが

自分の故郷をほったらかしちゃって
親の葬式も、どこか他人事、お客様の感じでしかないなら
まぁ、そういう事になっちゃうのかも知れませんね。

僕のおふくろの方の、後継ぎ(つまり叔父きですが)がそんな感じで
昔のこことて、長男が大人の事情で母方の姓を継ぎ
長女は、うちのお袋ですから継ぐ訳にはいかず
二男は病気で早死にしちゃって、
まぁ三男で、東京に行きっぱなしの人でしたから
じい様の葬式も、どこか他人事のようでしたが
墓所も閉じて、自分の灰は海にまいてくれ…との事。

僕は、喉頭がんのステージⅣで、今は喉の事故で入院中。
自分の入る墓は、親父の葬式を期にリニューアルして
自分の銘も刻んでおきましたが

自分も癌になって、あの世もそう遠くない事をさとり
生きると言う事を、ちょっと客観的に見つめてみたりもしましたが
人には、やっぱりそういう覚悟も必要なんじゃないかと思います。

Re: No title

有田紀史雄さま

コメントありがとうございます。

シンガポールで何をやってるか、とのこと。
おそらく、「仕事は何をしているのか」
とのお尋ねかと思いますので、簡単に自己紹介します。

私、平凡なサラリーマンやってます。
辞令にて、2007年8月末にシンガポールに赴任。
エンジニアでして、新製品の量産設備・ライン開発、新工場の立ち上げ、
そして今は、その工場を安定稼働させるべく、日々悪戦苦闘しております。
あと1年前後で日本に戻ることになると思います。(たぶん)

私は1972年7月、飯塚市の病院で生を受けました。
父は鹿児島県阿久根市、母は福岡県嘉穂郡桂川町。
父母ともに、中学を卒業して愛知県に集団就職したとのこと。
父方の祖父は、生まれたばかりの父を残して、第二次大戦で亡くなりました。

中学1年のときに読んだ、手塚治虫のマンガ「ブッダ」で仏教に興味を持ち、
その後、中学の歴史で、初めて法然上人、親鸞聖人を知りました。
そして、父の実家も、母の実家も、浄土真宗だと、
高校2年のとき、父方の祖母の葬儀で初めて知りました。

大学1年のとき、『歎異抄』第七章
「念仏者は無碍の一道なり」
の言葉を知り、「無碍の一道」とはどんな世界なのか、
その真意を知りたくて、本格的に仏教・親鸞聖人の教えを学び始めました。

「無碍の一道」とは、弥陀に救われた世界で、
一切の障りが障りにならない唯一の幸せ。
一切が崩れる中で、今死ぬとなっても絶対に崩れない幸せの身。
これこそが 「人生の目的」 と知らされ、
親鸞聖人の教えを真剣に聞き求めるようになりました。

ちなみに、大学は工学部で、電子情報工学を学びました。
生きるためには仕事も大切。
大学卒業後、某中小企業に就職。

小さな工場で10年、技術開発・生産技術の技術者として勤務。
その後、なんの縁でか会社の命で、シンガポールに赴任。
今に至ります。

ブログでは、知らされた真実の仏教、本当の親鸞聖人のみ教えを、
一人でも多くの人に知ってもらえる縁になれば、
という気持ちで、日々書いています。

ぜひ続けて読んで頂きたいですし、
分かりやすく書くことはとても難しいですので、
いろいろご指摘、コメントいただけるとありがたいです。

ご縁があれば、ぜひお会いしたいです。
今後ともよろしくお願い致します。

Re: No title

お久しぶりです!
コメントありがとうございます♪

ブログを読ませていただくたびに、
すごく考えさせられ、勉強させてもらっています。
有難うございます。

> 自分も癌になって、あの世もそう遠くない事をさとり
> 生きると言う事を、ちょっと客観的に見つめてみたりもしましたが
> 人には、やっぱりそういう覚悟も必要なんじゃないかと思います。


“無常の嵐”(死)の前では、老いも若きも同い年。
年寄りが先に死に、若い人が後に死ぬわけではありませんし、
病気の人が先に死に、健康な人が後に死ぬわけでもない。
昨年の東日本大震災で、火宅無常の世界であることをまざまざと見せつけられました。

今日元気モリモリでも、明日死ぬかもしれない。
誰も明日死ぬと思っていません。
でも、明日がない日が、100%やってきます。

だから、癌ダムさんが仰るとおり、
「自分の死」を客観的に考えておくべきだし、
事前に考え備え、覚悟が必要だと思います。

貴重なご意見、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。