スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「他力」 の正しい意味は?

2012年6月8日(金)    71.4kg  21.6% 


Yu-08Jun2012-1



=== 今日の一日一訓 ===


 因だけでは結果は生じない。
 因と縁が結びついて、初めて結果になる


 「因」 が 「結果」 になるのを助けるものを
 仏教で 「縁」 といいます。

 同じ因でも、縁が違えば、結果は異なります。
 例えば、同じ品種のモミダネを使っていても、
 土壌の善し悪し、田んぼの手入れの善し悪しといった
 環境の違いによって、できる米の量や質は変わってきます。

 縁が変われば、結果も変わるのです。





『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


 憶念弥陀仏本願
 自然即時入必定


についてお聞きしています。

今日は 「自然」 について。

よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★


続いて 「自然」 とは、 「しぜん」 と書いて、
仏教では 「じねん」 と読みます。

「他力」 のことです。



世間では 「他力」 というと、他人の力や、
天地自然の力と思われています。

常識的に解釈して、自分の力以外をすべて他力と思い、
太陽の働きや、雨や風や空気、その他自然の働きや、
自分以外の人間の力などすべてを他力だと思っているのですが、
とんでもない他力間違いです。

なぜなら、もし太陽やその他の自然現象を
すべて 「他力」 としますと、
阿弥陀仏が、時には干ばつで人間を苦しませることになります。

地震によって我々の生命を奪ったり、
台風で人命をおびやかしたり、財産を失わせたりする、
呪いニクムべき、悪魔になることがあるということになります。

これらをすべて他力、阿弥陀仏のお力とすることは、
大慈大悲の阿弥陀仏に対するとんでもない濡れ衣であり、
大変な冒涜といわねばなりません。

勿論、自然の力や人々の協力の恵みに対して
感謝の気持ちを持つことは結構なことではありますが、
これらは自然の力であり、人間の力と言うべきもので、
絶対に他力といってはならないのです。

「他力」 の語源は仏教ですから、
仏教の意味に従わなければなりません。


親鸞聖人は 『教行信証』 に、

 「『他力』 と言うは如来の本願力なり」


と仰っています。

私たちをこの世から未来永遠の 「絶対の幸福」 に救い摂る、
阿弥陀如来の本願力のみを 「他力」 といわれるのです。



この弥陀のお力 (他力) を、
『正信偈』 のここでは 「自然」 と仰っているのであって、
決して山や川や天候、大地・宇宙の運行のことではありません。

無論 「自然食品」 などという時の
“有機・無農薬” のことでないことも、お分かりになるでしょう。

(ある新聞で実際、そんな解釈をしている記事に引っ繰り返ってしまいました)


さらには、 「自然に」 を

 「いつとはなしに」
 「気がつかないうちに」
 「なんとなく」


という意味で理解し、

 「弥陀に救われるのは、いつとはなしだ」
 「救われても自覚がないことを 『自然に』 といわれている」


などとうそぶく人も少なくないのですが、
これもまたとんでもない誤解であることは、
次の 「即時」 の意味を知れば鮮明になるでしょう。


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 善知識の見分け

西玉子さん

コメントありがとうございます。

西玉子さんの仏縁、本当に尊く思います。
今回も鍵コメントですので、非公開にしますね。

今回も内容盛りだくさんのコメントをいただきました。
有難うございます。

タイトルが 「善知識の見分け」 でしたので、
まずはそのことを。

蓮如上人が御文章にハッキリと教えて下さっています。

 「善知識の能といふは、
  『一心一向に弥陀に帰命したてまつるべし』
  と、人を勧むべきばかりなり。
 (乃至)
  善知識といふは 『阿弥陀仏に帰命せよ』 と言へる使いなり。
  宿善開発して善知識にあはずば、往生は叶ふべからざるなり。」
 (御文章二帖目第十一通)


釈尊45年間の仏教の結論、

 『一向専念無量寿仏』 (大無量寿経)


 “阿弥陀仏一仏に向け、
  阿弥陀仏だけを念じよ、信じよ”


これ一つを勧められる方が善知識です。
それ以外を教える人は、善知識ではありません。

親鸞聖人は、それ一つ徹底して教えられました。
蓮如上人もそうです。

これを徹底的に布教するとどうなるか。
疑謗破滅が起こります。

親鸞聖人のご生涯が証明しています。
まさに波乱万丈、疑謗破滅の嵐の一生涯でした。
31歳で肉食妻帯し、八方総攻撃を受けました。
破壊坊主、堕落坊主、悪魔、仏敵、殺してしまえ、都から追放せよ、と。

一向専念無量寿仏を徹底的に布教されたため、
時の権力者と他宗派が結託して、念仏禁止としました。
仏教史上最大の事件、承元の法難です。

親鸞聖人は、35歳で一度は死刑を宣告されました。
時の関白の計らいによって死刑を免れ、越後流刑に。

それでもなお、お一人で突き進まれました。
弥陀の本願真実は、命懸けでなかったら布教できないのです。

 五濁の時機いたりては
 道俗ともにあらそいて
 念仏信ずる人をみて
 疑謗破滅さかりなり
 (親鸞聖人)


真実を叫べば、必ず疑謗破滅が起こります。
親鸞聖人の仰る通りです。

現今、どこに命懸けで一向専念の教えを
徹底して布教する人がいるでしょう。
私の知る限りでは、お一人しかいません。
浄土真宗親鸞会の高森顕徹先生だけです。

信仰にお金がかかるのは間違い、とおっしゃいますが、
「財施」 は お釈迦さまが教え勧められた 「善」 です。

「財施、財施」 とうるさく勧める人は、
「善をせよ、善をせよ」 とうるさく勧める人です。
とてもいい人ですよ。

「財施」 は 「善」 です。
悪いことではありません。
問題は、その財を何に使うかです。

一人でも多くの方に、弥陀の本願真実をお伝えすること
に使われるのであれば、それ以上の善はありません。
最高無上の善です。

「財施」 よりすばらしい善は、 「法施」 です。
真実の仏法、弥陀の本願念仏をお伝えすることです。

親鸞聖人の教えを自らも信じ、
一人でも多くの方に伝えることだけを目的とした集まり。
それが、浄土真宗親鸞会であり、親鸞学徒です。

 他力の信を獲んひとは
 仏恩報ぜんためにとて
 如来二種の廻向を
 十方にひとしく弘むべし
 (親鸞聖人)


弥陀の本願真実を知らされた者は、
じっとしておれないのです。
一人でも多くの人にお伝えしたい。
そのために、財もお金も体力も使いたい。

おいしいものを食べたり、海外旅行したり、
趣味にお金を使うこともいいことですが、
仏法を伝えることにお金を使えることは、
これ以上に幸せなこと(善)はありません。

欲一杯の私が仏法に財を使おうと思うわけがありません。
それなのに仏法に財を使おうと思うのは、
弥陀の大願業力に動かされてのこととしか思えません。
すべては弥陀の計らいです。

釈迦の勧めは、弥陀の勧めです。
弥陀の勧めにどうしてウソ偽りがありましょう。
弥陀のお勧めの通り、進ませていただきましょう。

最後にひとつだけ。
お金で信心決定は買えません。
どれだけお金を積んでも、どれだけ財施しても、信心決定には間に合いません。
財施したから信心決定できるのではありません。
自力は一切間に合いません。ゼロはどれだけ積んでもゼロです。
他力になるまで他力を聞き抜くよりありません。


いろいろ書きたいことはまだまだありますが、
今日はこのくらいにしておきます。

親鸞会、一度訪問されてみては?
百聞は一見にしかず。

では、ご縁があればまた。

Re: 信心決定と善知識

西玉子さん

ふたたびコメントありがとうございます。
今回は鍵コメントではなかったので、公開しますね。

いくつかご質問がありますので、お答えします。

> JJSGさんの回答から、信心決定・善知識は 真宗の親鸞会 高森顕撤先生だけが 弥陀佛から、信心決定を頂き 善知識であられ その活動を命懸けでされてるとの事ですか?


弥陀から他力の信心を頂き、信心決定しているのは
高森顕徹先生だけ、ということではありません。

弥陀から信心頂いているかどうか、
わかるのは弥陀と信心決定したその本人だけです。

第三者にはうかがい知ることはできません。
その人の言動から、信心決定しているかどうか、
判断できるものではありません。
信心決定しても、煩悩具足の凡夫には変わりありませんから。

でも、信心決定したら、必ずその人の言動にあらわれます。
三業(身業、口業、意業) で信心は判断できませんが、
信心は必ず三業に現れます。

難しいかもしれませんが、そういうことです。

大切なことは、誰が信心決定しているか、
ということではなくて、
間断なく真剣に仏法聴聞に身を沈め、
まず自分自身が信心決定することです。


私が知る限り 「高森顕徹だけ」 と言ったのは、
信心決定した人のことではなく、
弥陀の本願真実を徹底的に布教しておられる方のことです。

釈迦の金言 「一向専念無量寿仏」 を徹底的に叫んでおられる方です。
親鸞聖人のみ教えを、正確に多くの方に伝えておられる方のことです。

私の知る限り、親鸞聖人のみ教えを正確に、
一人でも多くの方にお伝えすることに心血注いでおられる方は、
今のところ、高森顕徹先生以外にはおられない、ということです。

あくまでも私の知る限りですので、
もしかしたら、他にもおられるかもしれませんね。
でも、浄土真宗親鸞会・高森顕徹先生のことを批判するものばかり。。。

まさに “疑謗破滅さかりなり” です。


> JJSGさんは 信心決定を頂いておられるのですか?

私は、まだ頂いておりません。
でも、弥陀の本願に間違いない、
親鸞聖人のみ教えに間違いない、
と信じ、信心決定に向かって他力を聞き求める者です。


 善知識にあうことも
 教うることもまた難し
 よく聞くことも難ければ
 信ずることもなお難し
 (親鸞聖人)


未だ信心決定していませんが、
どうして弥陀の本願真実を知ることができたのか。
どうして弥陀の本願真実を聞き求めるようになったのか。
不思議でなりません。

知るだけでも大変なことです。
知っただけよりも、真剣に聞き求めるようになることはもっと難しい。


 人身受け難し今已に受く
 仏法聞き難し今已に聞く
 この身今生に向かって度せずんば、
 さらにいずれの生に向かってか、
 この身を度せん。
 (釈尊)


真実を知らされ、聞き求める身であることを喜ばずにおれません。
なんとしても今生で、信心決定の一念まで聞き求めたいと思っています。


> 普通に、考えて信心決定し 善知識になられた体験?経験がないと上手く やり方なり、コツ的な事も 伝えられないと思うのです。


信心決定するのに作法的なコツなどありません。
もしあるならば、弥陀、釈迦、親鸞聖人、蓮如上人が
ハッキリと教えられているでしょう。

弥陀、釈迦、親鸞聖人、蓮如上人は、
信心決定するコツなど教えておられません。

前にも書きましたが、ただ

 「仏法は聴聞に極まる」


と教えて下さっています。

 「他力になるまで他力を聞き抜く」


コツといえば、それがコツでしょう。
それ以外にありません。

すべては弥陀のお力です。
自力は一切間に合いません。

 「一向専念無量寿仏」


とは、

 「自力を捨てて、他力に帰せよ」


ということです。
弥陀の本願にツユチリ程の疑いの無くなったことを

 「自力がすたり、他力に帰した」

ということです。それが、

 「一向専念無量寿仏」

の姿です。それを

 「信心決定」 「信心獲得」


と言われるのです。


信心決定にコツがあるなどと言う者は、
間違いなくニセモノです。邪義です。
気をつけて下さい。

親鸞聖人の教えを正しく伝えて下さる方だけが、善知識です。

高森顕徹先生は、親鸞聖人のみ教えを、
親鸞聖人のお言葉を出して一つひとつ丁寧に教えて下さいます。
親鸞聖人の教えをそのまま伝えて下さいます。
ご縁があれば、ぜひ、聞いてほしいです。

高森顕徹先生は、一万年堂出版から他にも書籍を出しておられます。
「なぜ生きる」 「親鸞聖人の花びら」(桜の巻、藤の巻) など。

私は、くり返しくり返し読ませていただいております。
ぜひ読んでいただきたいと思います。

では、今日はこのへんで。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 操作ミス

西玉子さん

コメント削除しました。
確認してからにすればよかったですね。
大変失礼いたしました。

弥陀、釈迦の教えの通りに進まねばなりません。
それが往生一定への唯一の道です。

 「一向専念無量寿仏」


弥陀・釈迦の御心をそのまま正しく伝えて下された
親鸞聖人、蓮如上人の教えを真剣に聴聞し、
信心決定の一念まで共に進ませていただきましょう。

西玉子さんの仏縁、いつも尊く思います。
ご縁があれば、きっとお会いできる日も来るでしょう。

よろしければまたコメント下さい。
有難うございました。

JJSGより

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさん

コメントありがとうございます。

鍵コメさんのブログに最近訪問した覚えはないのですが。
最近忙しくて、記憶もあいまいで。。。
ぼちぼち痴呆もはじまっているようです。

私はまだ理解が不十分とのこと。
おっしゃるとおりだと思います。
今後も、少しずつですが、
ブログに書きながら、学んでいきたいと思います。

> どうか直に親鸞聖人、歴代の善知識方のお言葉に触れて頂き、
本当の親鸞聖人のみ教えを知って頂きたいと思います。


はい、そのように努力していきたいと思います。
ありがとうございました。
JJSGより
Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。