スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死んだら極楽へ誰でも往けるのか

2012年8月22日(水)    70.6kg  20.4% 


Yu-21Aug2012-1

ドアップ! パパ似? ママ似?


・・・どっちにも似てないなぁ。。。(><)



=== 今日の一日一訓 ===


 恐れを知って、しかもそれを恐れない者こそ、
 真の大勇気者である。


 まさに、親鸞聖人のような方のことでしょう。

 外からは肉食妻帯の堕落坊主、破壊坊主、悪魔、狂人。
 権力者からは越後流罪。
 内からは、背師自立の高慢坊主。
 弁円からは仇敵とねらわれた聖人だが、
 降りかかる火の粉は払わねばならぬ。

 「主上・臣下、法に背き、義に違し、忿をなし、怨を結ぶ」
 (『教行信証』)


 “天皇から家臣にいたるまで、仏法に反逆し正義を蹂躙し、
  怒りにまかせて見当違いの大罪を犯す。ああ、なんたることか”



 「しかるに、末代の道俗・近世の宗師、
  自性唯心に沈んで、浄土の真証を貶す」
 (『教行信証』)


 “しかるに、一宗一派を開いた者 (伝教、弘法、道元、日蓮) たちまでもが、
  『阿弥陀仏もその浄土も、われらの心のほかにはない。
   心のほかに弥陀や浄土を説くのは、幼稚な教え』
  と見くだし、真実の仏法をけなしている”

  

 「ひそかにおもんみれば、聖道の諸教は、行証久しく廃れ、
  浄土の真宗は、証道いま盛なり。
  しかるに諸寺の釈門、教に昏くして、真仮の門戸を知らず、
  洛都の儒林、行に迷うて、邪正の道路をわきまうることなし」
 (『教行信証』)


 “今日の仏教は、まったくすたれきっている。
  寺も僧もたくさんいるが、仏教のイロハもわからぬ者ばかり。
  儒教をやっている者も多いが、正道邪道のケジメさえもわかってはいない。
  浄土の真宗のみが盛んではないか”



 「定散の自心に迷うて、金剛の真信に昏し」
 (『教行信証』)


 “念仏称えていても、無明の闇が晴れていないから、
  あざやかな真実の信心がわからないのだ”



 なんという厳しさ激しさ、大自信、何者をも恐れぬ勇気。
 他力とは、如来の威神力不思議なり。
 




『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


どんな人でもただ念仏していると、
死んだら簡単に極楽浄土へ往けて仏になれるのが、
浄土真宗のように教えられています。

そのために世間では死んだ人をみんな仏といって、
何の不審も抱きません。

しかし、これは浄土真宗でもなければ
仏教でもありません。



とても大切なことです。
何度もお聞きし、確認しましょう。


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★


仏教を説かれたお釈迦さまは、
唯一の真実経 『大無量寿経』 の中に、

  易往而無人
  (いおうにむにん)

と教えられています。

これは、

  「往き易くして人無し」


と読みます。

お釈迦さまは出世本懐として阿弥陀仏の浄土往生を説かれてから、

 「弥陀の浄土へは往き易いけれども、
  往っている人が無い」

と、おかしなことを仰っておられます。

なぜおかしいかと言いますと、
弥陀の浄土へ往くことが本当に易しいのならば、
往っている人が無いというのはおかしいし、
浄土へ往っている人が無いというのが真実なら、
往き易い浄土だと言われるのは適当ではないことになります。

この点について親鸞聖人は 『尊号真像銘文』 の中に、
次のように仏意を開顕なされています。



 「 『易往而無人』 というは、 『易往』 はゆきやすしとなり、本願力に乗ずれば本願の実報土に生まるること疑なければ往き易きなり、 『無人』 というは、ひとなしという、ひとなしというは、真実信心の人はありがたき故に実報土に生るる人稀なりとなり」

 (尊号真像銘文)




 「『易往而無人』 の 『易往』 とは、往き易いということで、
  阿弥陀仏のお力によって救われた人は、一息切れたならば
  必ず弥陀の浄土に往生できることがハッキリしているから
  『易往』 といわれるのだ。
  『無人』 とは人なし、ということで、
  この世で弥陀に救い摂られる人が少ないから、
  弥陀の浄土に生まれる人は少ないのである」



蓮如上人はこれを、次のように教えておられます。



 「安心を取りて弥陀を一向にたのめば浄土へは参り易けれども、信心をとる人稀なれば浄土へは往き易くして人なしと言えるはこの経文の意なり」

 (御文章二帖目七通)




 「阿弥陀仏の浄土へ往き易いのは
  真実の信心を獲ている人だけなのだ、
  その真実の信心を獲ている (現在、阿弥陀仏に救われている人)
  は甚だまれだから、誰でも彼でも死にさえすれば、
  極楽へ往けるのではないのだ、これが釈迦の御心だ」



親鸞聖人も蓮如上人も全く同じことを教えておられます。


続きはまた次回。


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : よく生きる
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。