スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『教行信証』 心を弘誓の仏地に樹てよ!

2012年8月29日(水)    70.8kg  19.9% 


Yu-29Aug2012

生まれて8ヶ月とは思えぬ。。。(><)

昨日は、仕事後、久々にバド行ってきました。
2試合目で足つった。。。(><)
ちょっとしか動いてないのに。。。(笑)

40歳とはこういうことか。。。




=== 今日の一日一訓 ===


 他人にゆずる気持ちを持つようにしよう。


 シンガポールでは、電車、バスで席をゆずる光景をよく見ます。
 お年寄りが妊婦に席をゆずります。
 なかなかできることではありません。素晴らしいです。

 エレベータ、電車では、降りる人を待たずに突進してくるけど。。。
 面白い国です。(笑)




『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。



前回は、『教行信証』 冒頭の
親鸞聖人のメッセージをお聞きしました。

今日は、『教行信証』 最後に記されている
親鸞聖人の慈愛あふれるメッセージをお聞きしましょう。


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★



よろこばしきかな。
心を弘誓の仏地に樹て、念を難思の法海に流す。ふかく如来の矜哀を知りて、まことに師教の恩厚をあおぐ。慶喜いよいよ至り、至孝いよいよ重し。 (中略)
ただ、仏恩の深きことを念じて、人倫の嘲を恥じず。もし、この書を見聞せん者は、信順を因となし、疑謗を縁となし、信楽を願力にあらわし、妙果を安養にあらわさん。

(『教行信証』 後序)




「よろこばしきかな」 とは、
この世で、無上の幸福に救われた
親鸞聖人の生命の歓喜です。


「弘誓の仏地」 とは、 「弥陀の本願」 のこと。


  「どんな人をも、
   必ず絶対の幸福に助ける」


と誓われた阿弥陀如来のお約束どおり、
不滅の幸福に生かされた親鸞聖人は、

  「心を弘誓の仏地に樹てたぞ!」


と、晴れやかに宣言されているのです。

心を弘誓の仏地に樹てるとは、どんなことなのでしょうか。


*******************

昔、中国の楚という国の愚人が、家宝の剣をひそかに持ち出し、
急流に浮かべた舟上で、試し切りに興じていた。

スパー、スパーッとよく切れる剣に夢中になっていると、
切れすぎた反動で、剣は飛んで水中にジャボンと落ちた。

舟はどんどん流されていく。

しまった! 驚いた彼は早速、剣の落ちた舟べりに
小刀で深く印を刻み込み、

 “やれやれこれで、剣の在りかは安心じゃ”

とつぶやいたという。

*******************


刻印が移動していることにまで考えが及ばない
愚かさを笑ったものでしょう。

全ての人は何かを信じ、
あて力にしなければ生きてはいけません。

夫は妻を、妻は夫を、子供は親を頼りに生きています。

いわば私たちは、それらに心を樹て、
よりどころにして生きています。

ところが、これらのものが崩れた時、幸福もまた崩壊し、
私たちは悲しみに沈まねばなりません。

金や財を力にしている人は、
金や財を失った時に転倒する。

名誉や地位を力にしている人は、
それらをなくした時に失墜する。

親や子供を力にしている人は、
親や子を亡くした時に倒壊する。

信念を力にしている人も、
信念揺らいだ時にまた崩壊する。


永久に崩れぬ不倒の大地は、どこにもないのでしょうか。


  「弥陀の本願のみ、ある」


と親鸞聖人は仰います。


  「崩れるものに樹てる人生は、
   薄氷を踏むように不安だが、
   心を弘誓の仏地 (弥陀の本願) に樹て、
   不思議の世界に生かされた親鸞は、
   何と幸せ者なのか」

   ますます阿弥陀如来の慈愛の深きを知らされ、
   その弥陀の大きな慈悲を教えてくだされた先生の高恩を
   仰がずにおれない。

   限りなきよろこびは、返し切れない報恩に親鸞を泣かす。
   この弥陀の大恩を念う時、世間の恥辱など、物の数ではない。

   この書を読む人には信ずる人もあろう。
   そしる者もいるだろう。

   いずれも、それを因とし縁として、
   弥陀の救いにあい、未来永遠の幸福を獲得してもらいたい。

   そう念ずるばかりである」



こう記して 『教行信証』 は、筆をおかれています。



★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

No title

シンガポールは素晴らしい国ですね。国民性が良いのかなぁ・・・
日本ではしばらく前にブータン国王夫妻が日本にやってきました(新婚旅行みたいな感じでした)。ブータンの2代(もしくは3代)前の国王から、国民総幸福度なる指標を作ったりと国民の精神的幸せを目指した国づくりを推し進め国王の土地を貧しい人に分け与えたりと国王が本当に国を良くしようと頑張って、本当に素晴らしい国になってきました・・・

が、最近はやはり韓国やその他の先進国の生活スタイルをまねたような若物が増え、田舎は高齢化し、都市に若者が集まり、大家族から核家族へ変わり、携帯普及率も高く、ローンを組んで車を持つ者も増え、少し前の素晴らしい国が俗物的な国に衰退(?)してきた感じが私にはします・・・仏教国でもやっぱり物質的豊かさが人々をひきつけるんでしょうね・・・

そもそも人類や国はどこを目指しているのか?最終的にこの世界はどうなっていくのか?仏陀のいた頃と今を比べて、この世界は理想のゴールに向かって近づいていっているのか?

キリスト教的な世界観では、この世での幸福の実現はなく、最終的には天国に入ってそこで最高の幸せを得られるらしく、この世はただの修行の場みたいだけど、仏教ではどうなんでしょうか?親鸞はこの世に生まれてきたことをすごく感謝し歓喜するように説教していたと思うのですが、この世で幸福を得られるということなのでしょうか?

Re: No title

みゅうさん

コメントありがとうございます。

シンガポールは過ごしやすい、いい国ですよ。
ブータン。すばらしい国ですね。
みゅうさんは本当にいろんな事に詳しいですね。

仏教国であろうとなかろうと、
仏教を信じていようといまいと、
人間の本質はなにもかわりません。

煩悩具足の凡夫です。
物質的な豊かさを求めるのは、人間の本性でしょう。

では、世界はどこに向かっているのか。
最終的に今後どうなるのか?

結論をいいましょう。
諸行無常ですから、最終的には必ず破滅します。
すべての人は、必ず死にます。
そして、この地球も太陽も、地球上の人類も、いつか必ず滅びます。

仏教では、三世を貫く生命の実在を説きます。
生まれる前の過去世、生きている現在世、
そして、死んだ後の未来世。

仏教は、この世から未来永遠の救いを教えられています。
それが、弥陀の救いです。
弥陀の救いは死後ではありません。
生きている現在ただいまです。

この世で絶対の幸福を得られる教えです。
この世で完全な救いにあずかる教えです。

死後、誰でも極楽浄土へ往生できるのではありません。
この世で弥陀に救われた人だけです。

死後の浄土往生は、この世で信心決定するか否かにかかっています。
だから、生きている今、真剣に仏法を聞き求めよ、
と教えられるのです。

なにもしないのが他力ではありません。
自力いっぱい求めたものにしか、自力は一切間に合わなかった、
とハッキリ知らされるものではありません。

自力は一切間に合わなかったと切り捨てられたと同時に、
タダのタダもいらんタダじゃった、と他力に生かされるのです。
自力と他力の一念の水際が、信心決定したときです。
弥陀の救いは、一念です。

生きている今が勝負です。
生きている今、ハッキリと救われます。
絶対の幸福、無碍の一道です。

自分の存在の意味がハッキリ知らされます。
このために人間に生まれてきたのだ、とハッキリします。
なんのために生きるのか、の自問はきれいに消滅します。

自分の存在の意味も、世界の存在の意味も、
このためだったとハッキリする瞬間です。

真実の自己(機)と、弥陀の救い(法)が同時にハッキリする瞬間です。
それが、機法二種一具の深信であり、他力の信心です。

ぜひ、仏法を聞き求めて下さい。
Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。