スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただのひとつでも知られたら

2012年9月12日(水)    70.4kg  20.2% 


Yu-12Sep2012-1



=== 今日の一日一訓 ===


 男は男らしく、女は女らしく。


 





『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。



 生死の苦海ほとりなし
 ひさしく沈めるわれらをば
 弥陀弘誓の船のみぞ
 乗せて必ず渡しける
 (高僧和讃/親鸞聖人)



 「苦しみの波の果てしない海に、
  永らくさまよいつづけてきた私たちを、
  大悲の願船だけが、必ず乗せてわたしてくださるのだ」



よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★


 如来大悲の恩徳は
 身を粉にしても報ずべし
 師主知識の恩徳も
 骨を砕きても謝すべし
 (恩徳讃/親鸞聖人)



幾億兆年もの過去から、
闇黒の苦海に沈みきったわれらを、
大悲の願船に救い上げ、
光明の広海に浮かばせたもうた弥陀如来の大恩と、
その願船を指授したもうた師主知識の深恩は、
身を粉に骨砕きても相済むものではありませぬ。

受けし恩徳が無量だから、
返す報謝は終わることなしと言われるのです。

親鸞聖人の 「恩徳讃」 の真情を知れば、
弥陀の救いがいかに不可称不可説不可思議で、
どれほど広大無辺かが知られます。

もし弥陀の救いが死後ならば、
この 「恩徳讃」 はあり得ません。


世に粉骨砕身の形容詞はありますが、
不治の難病を治してもらえば深い感謝はありましょうが、
この身、砕け散ろうともとは思えません。

鬼神も三舎を避ける親鸞聖人90年の 「恩徳讃」 は、
全く形容詞ではありませんでした。

親鸞聖人の生きられた平安末期から鎌倉初期は、
源平の合戦や干ばつの大飢饉で天下は麻のごとく乱れ、
養和の都の死者は4万3千人を超えたと
『方丈記』 は記します。

かかる不穏な社会情勢の中、
仏意を鮮明にせんがために親鸞聖人は、
破天荒な 肉食妻帯 を断行して大波乱を巻き起こし、
孤立を覚悟で 法友たちと大論争 なされて、
内外ともに非難の的でした。

権力者からは 越後流刑 の弾圧を受け、
晩年は 吾子・善鸞の義絶 事件など、
まさに波瀾万丈の生涯でありました。

かかる、たくましき生きざまは、
どこから生じたのか。

親鸞聖人をかくも雄々しく前進させたのは、
利害得失でもなければ名聞利養でもありませんでした。


 「誠に仏恩の深重なるを念じて、
  人倫の哢言を恥じず」
 (親鸞聖人)


ひとえに如来大悲の恩徳に感泣し、
じっとしていられぬ衆生済度の報恩行でありました。

自然災害や政治の混乱など、
火宅無常の世界は混迷の度を深め、
先行き不透明な今日、
激動の時代を勇猛果敢に生き抜かれた親鸞聖人の、
あのたくましい信念の源泉は何か。

確固たる人生の指針を求め、
親鸞聖人直の熱いメッセージを望む声が高まっています。

あたかも親鸞聖人750回忌。

テレビや新聞でも特集が組まれ、
一層注目が集まっている秋、
寺宝や国宝の観光で終わっては、
もったいなき勝縁を失うことになりましょう。

切実な有縁の人々の願望に応え、
親鸞聖人の御声と生きざまの一端なりとも
知っていただきたい一心が、
この116のQ&Aなのです。

本書を手に取られた読者諸賢が、
親鸞聖人に一歩なりとも親近され、
ただのひとつでも知られたら、
こんな喜びはありません。

最後に、浄土に還られても止むことのなかった親鸞聖人の、
「恩徳讃」 の精神を記して 「あとがき」 にしたいと思います。


 我が歳きわまりて、
 安養浄土に還帰すというとも、
 和歌の浦曲の片男浪の、
 寄せかけ寄せかけ帰らんに同じ。

 一人居て喜ばは二人と思うべし、
 二人居て喜ばは三人と思うべし、
 その一人は親鸞なり。

 (御臨末の書)



 「まもなく私の、今生は終わるであろう。
  一度は弥陀の浄土へ還るけれども、
  寄せては返す波のように、すぐに戻って来るからな。

  一人いるときは二人、二人いるときは三人と思ってくだされ。
  嬉しいときも悲しいときも、決してあなたは、一人ではないのだよ。
  いつも側に親鸞がいるからね」



合掌

平成23年 初秋
著者識す


『親鸞聖人の花びら 藤の巻』 あとがき より
(一万年堂出版 高森顕徹著)

親鸞聖人の花びら

ぜひ読んで欲しい、少しでも知って欲しい。
知り難い、聞き難い仏法です。

真実の仏法・親鸞聖人のみ教えを知るチャンスは、
もうないかもしれません。


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : よく生きる
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。