スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生を暗くする元凶は何か?

2012年9月17日(火)    70.4kg  21.5% 


Yu-17Sep2012-1



=== 今日の一日一訓 ===


 偉そうに する値なぞ なき身なり


 




『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。



人はなぜ苦しむのだろう。。。


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★


動物は、ポンとたたかれればキャンと鳴いて逃げるだけだが、
人間は、なぜたたかれたのか、
たたかれずにすむにはどうすればよいか、
を考える。

何ごとも原因を知らなかったり、
間違えたりすると大変なことになる。

なおる病気も助からない。
腹痛でも、胃潰瘍の痛みか、ガンからきているのか、
神経性のものなのか、正しい診断がなければ、
的確な治療は望めない。

当然、患者の苦しみは除かれないだろう。
「肛門に目薬」 のたとえなら笑ってすまされようが、
胃ガンを潰瘍と誤診していたらどうなるか。

とり返しのつかない後悔が残るだけ。
病因を突きとめることが、治療の先決問題だろう。


「人生は苦なり」
 の実相を見つめ、
苦に染める元凶は何か、正しく見きわめてこそ、
安楽無上の人生が開かれるのである。


苦悩の根源の究明が、人類最大の急務といえよう。


親鸞聖人は苦悩の真因を、つぎのように説破される。



  生死輪転の家に還来することは、
  決するに、疑情をもって所止となす
 (『教行信証』)





まず 「生死輪転の家に還来する」 から解説しよう。

安心、満足というゴールのない円周を、
限りなくまわって苦しんでいるさまを、 
「生死輪転」
 とも、 「流転輪廻」 ともいわれる。

家を離れて生きられないように、
離れ切れない苦しみを 「家」 にたとえられている。

「人生の終わりなき苦しみ」 のことである。


ドストエフスキーは、シベリアで強制労働をさせられた体験から、
もっとも残酷な刑罰は、 「徹底的に無益で無意味」 な労働をさせることだ、
と 『死の家の記録』 に書いている。

監獄では、受刑者にレンガを焼かせたり、
壁を塗らせたり、畑をたがやさせたりしていたという。

強制された苦役であっても、その仕事には目的があった。
働けば食糧が生産され、家が建ってゆく。
自分の働く意味を見いだせるから、苦しくとも耐えてゆける。

しかし、こんな刑を科せられたらどうだろう。

大きな土の山を、A地点からB地点へとうつす。
汗だくになってやりとげると、せっかく移動した山を、
もとの所へもどせと命じられる。

それが終わると、またB地点へ・・・・・・。

意味も目的もない労働を、くり返し強いられたらどうなるか。
受刑者は、ドストエフスキーが言うように、
「4、5日もしたら首をくくってしまう」 か、
気が狂って頭を石に打ちつけて死ぬだろう。

「終わりなき苦しみ」 の刑罰である。

だが、人間の一生も、同じようなものだとはいえないだろうか。


 「越えなばと 思いし峰に きてみれば
    なお行く先は 山路なりけり」


病苦、肉親との死別、不慮の事故、家庭や職場での人間関係、
隣近所とのいざこざ、受験地獄、出世競争、突然の解雇、
借金の重荷、老後の不安・・・・・・。

ひとつの苦しみを乗りこえて、ヤレヤレと思う間もなく、
別の苦しみがあらわれる。

賽の河原の石積みで、汗と涙で築いたものがアッという間に崩されてゆく。

「こんなことになるとは」 予期せぬ天災人災に、
何度おどろき、悲しみ、嘆いたことだろう。


 「この坂を越えたなら しあわせが待っている。
  そんな言葉を信じて 越えた七坂四十路坂」
 (都はるみ)


の歌が流行ったのも、共感をよんだからかもしれない。

「この坂さえ越えたなら、幸せがつかめるんだ」 と、
必死に目の前の坂をのぼってみると、
そこにはさらなる急坂がそびえている。

そこでまた、よろめきながら立ち上がり、
「この坂さえ越えたなら」 とあえぎながらのぼってゆく。

こんなことのくり返しではなかろうか。

そんな人生を親鸞聖人は

 「生死輪転の家に、還来する」


と言われているのである。


なぜ生きる


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : よく生きる
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。