スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なぜ生きる」 親鸞聖人のお答え

2012年10月3日(水)    71.0kg  20.4% 


Yu-03Sep2012-2



=== 今日の一日一訓 ===


 カメなりと たゆまなければ ウサギ超ゆ


 




『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。



「人生は苦なり」
 とお釈迦さまが教えられる通り、
次から次と形を変えて苦しみ悩みがやってきます。


そんな苦しみ悩みの人生、
そんなにまでして、なぜ生きねばならぬのか。


親鸞聖人が、ハッキリとお答え下さっています。


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★



難思の弘誓は、
難度の海を度する大船、
無碍の光明は、
無明の闇を破する慧日なり。
(『教行信証』)




   “阿弥陀仏の救いは、
    苦しみの人生を楽しく渡す船、
    阿弥陀仏のお力は、
    暗い心を明るくする太陽のようなものだ。”




大悲の願船に乗じて、光明の広海に浮びぬれば、
至徳の風静に、衆禍の波転ず。
(『教行信証』)




   “阿弥陀仏の本願の船に乗って見る人生の苦海は、
    千波万波きらめく明るい広海ではないか。
    順風に帆をあげる航海のように、
    なんと生きるとは素晴らしいことなのか”




生死の苦海ほとりなし
ひさしくしずめるわれらをば
弥陀弘誓のふねのみぞ
のせてかならずわたしける
(『高僧和讃』)




   “苦しみの波の果てしない海に、
    永らくさまよいつづけてきた私たちを、
    阿弥陀仏の大悲の願船だけが、
    必ず乗せてわたしてくださるのだ”




誠なるかなや、
摂取不捨の真言、超世希有の正法、
聞思して遅慮することなかれ。
(『教行信証』)




   “まことだった! 本当だった!
    弥陀の誓いにウソはなかった。
    みなみな、聞いてもらいたい、この親鸞が生き証人だ。
    早く、弥陀の誓願まことを知ってもらいたい。”



親鸞聖人は後世の私たちにもわかりやすいお言葉で、
「なぜ生きる」 の答えを断言しておられます。
早く、仏法を聞いて、親鸞と同じ最高無上の幸せの身に救われてくれよ、
と呼びかけておられます。

弥陀の救いは死後ではなく、現在ただ今です。
弥陀に救われれば、一味平等の幸せの身になれます。


皆さん、仏法を聞きましょう。



★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : よく生きる
ジャンル : ライフ

Comment

No title

親鸞聖人様が本当に言いたかった事は
言えなかった事ではないでしょうか?
今生で救われなければ来世浄土にはほど遠いのでは?
純粋に素直にならなければ ご縁は自分にまわってこないのではないでしょうか?
親鸞聖人から蓮如聖人まで今命あるもの全てを救う為 精一杯のお言葉で行動で示されたものの裏にあるものが本物ではないでしょうか?

No title

初めまして
ブログを拝見いたしました。
お若いのに信仰心の熱いお方ですね
私も浄土真宗の門徒です。
昨年の秋には、親鸞聖人の750回忌の法要の
ご縁をいただきました。

Re: No title

ぷうさん

コメントありがとうございます。

弥陀の救いは、
“不可称不可説不可思議” ですから、
言葉で言い表すことはできませんが、
そこをなんとか分かって欲しいと、
親鸞聖人は、たくさんのご著書を
書き残してくだされたのですね。

大切に読ませていただきたいと思います。

Re: No title

花さか爺サンさん

コメントありがとうございます。

私はまだまだ勉強・聞法不足です。
もっともっと勉強せねばなりませんし、
もっともっと真剣に聴聞しなければなりません。

今後ともよろしくお願いいたします。

宗教研究会(名前検討中 親鸞聖人

最新コメントから なぜ生きる を 拝見中です。
ここでは 哲学的というか 人生教訓というか そういう言葉で 表現していないんですね。阿弥陀仏の信仰をするということかナァ?
死後ではなく 今 その時を 大切に生きるといことなんですね。
極楽浄土とか 天国とか 地獄とか のたとえを よく一般で 聞きます。幸せとは 何か 経済(生活から) 健康 心 ~ある程度の形で
バランスなのかなぁ?(若い時は 情熱も いるかなぁ 情熱の使い方もあるかなぁ)
時折 人生とは 人が生きる と書いて どう生きるか?宿命 宿業
因果 など を 考えています。

Re: 宗教研究会(名前検討中 親鸞聖人

村石太マンさん

コメントありがとうございます。

まずは、

「なぜ生きる」 と 「どう生きる」

の違いをハッキリと理解する必要があります。
多くの人が混同しています。
まずは、そこからですね。

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。