スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一心一向に弥陀たのめ

2012年11月2日(金)    72.8kg  22.8% 


富山県の温泉旅館にて父と私

先日、10月6、7日の二日間、
富山県射水市の 浄土真宗親鸞会館 にて、
親鸞聖人の報恩講が勤められました。

初日の晩は、近くの温泉旅館に泊まりました。
灯りの使い方が素晴らしい旅館でした。
温泉もよかったし、料理もおいしかったし、
何より、父母と共にゆっくり過ごせたことがよかったです。

ちょっとだけ親孝行できたかな。



=== 今日の一日一訓 ===


 主婦の笑顔は家庭の光


 




『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。



 広由本願力廻向
  (広く本願力の廻向に由りて、)

 為度群生彰一心
  (群生を度せんが為に一心を彰したまう)


 “ひとえに阿弥陀仏のお力によって、
  絶対の幸福に救い摂られた天親菩薩は、
  苦しみ悩むすべての人 (群生) を
  「弥陀の救い」 に導くために、
  「一心」 を明らかにしてくだされた。
  そのおかげで親鸞、この幸せな身に救われることができたのだ。
  皆さんにも、知ってもらいたい。”



天親菩薩の深きご恩に感泣され、
偉大な功績を褒め称えておられる、
親鸞聖人のお言葉です。

では、天親菩薩が明らかにされた 「一心」 とは、
どんなことであったのか。

前回に続けて、お聞きしましょう。


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★


天親菩薩が、 「弥陀の救い」 を 「一心」 と教えられていることを、
蓮如上人はしばしば、

 「一心一向に弥陀たのめ」
 とか、
 「一向一心になりて」


と言われています。

分かりやすい譬喩まで挙げて、こう教えておられます。



一心一向というは、阿弥陀仏に於て、二仏を並べざる意なり。この故に、人間に於ても、まず主をば一人ならではたのまぬ道理なり。されば外典の語に云わく、 「忠臣は二君につかえず、貞女は二夫をならべず」 といえり

(御文章二帖目九通)




 「一心一向というは、阿弥陀仏と他の仏を並べて
  フラフラしないことである。
  世間でも主人というのは一人でないか。
  『外典』 でも、忠義な家臣は二人の主君に仕えない。
  貞淑な女性は二人の主人を持たないと言われている」



真の仏法者は、弥陀一仏に一心一向であり、
他の諸仏・菩薩・諸神にかける心は一切ない。

あってはならないことを、ねんごろに教示なされています。
ここで、

 「忠臣は二君につかえず、貞女は二夫をならべず」


という言葉は、中国の 『史記』 という本にあります。
仏教の経典以外の書ですから、蓮如上人は外典と言われています。

その 『史記』 に、次のような有名な話があります。


◇ ◇ ◇

昔、中国の斉という国の王様が、おごりに長じて酒色にふけり、
大事な政治を怠っているのを嘆いて、王蠋 (おうしょく)  という忠義な大臣が、
たびたび王に諫言した。

ところが、いつも馬耳東風、一切聞き入れてはもらえない。
そこで王蠋は、身の不徳を嘆いて一切の役職を辞退して、
画邑 (かくゆう) という所へ隠居してしまった。

王蠋のいなくなった斉の国は、
崩壊を待つばかりの状態であったので、
隣国の燕王が、今がチャンスと、
楽毅
 (がっき) 
を総大将にして斉の国に攻め込んできた。
案の定、斉は、ひとたまりもなく壊滅した。

その時、燕の大将・楽毅は、
かねてから王蠋の賢徳と手腕を高く評価していたので、
燕の高官に迎えたいと幾度も礼を厚くして勧誘したが、
王蠋は頑として応じようとしない。

それでも楽毅が諦めなかったので、
最後に王蠋は楽毅の使者に、

 「忠臣は二君につかえず、貞女は二夫をならべず」


と記した書を渡し、庭先の松に縄をかけ自らくびれて
死んでしまったのである。

◇ ◇ ◇



蓮如上人は、この 『史記』 のことを思い出されて、

 「わずかな娑婆一世の主従でさえ、忠臣は二君に仕えずと、
  心の潔白を表して死んでいるのだ。
  ましていわんや、未来永劫の解決を求めている者が、
  二仏を並べていて、どうして一大事の解決ができようか。
  私たちの一大事の後生を救うことのできるのは、
  本師本仏の阿弥陀仏しかないのだから、
  弥陀一仏に一心一向になれよ」


とお諭しになっているのです。

もちろんこれは、釈尊出世の本懐である

  「一向専念 無量寿仏」


  “阿弥陀仏一仏に向け、阿弥陀仏だけを信じよ”


の教えをそのまま教えられたことです。


一向専念無量寿仏



★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : よく生きる
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。