スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白骨の御文章 ~本の雫・末の露~

2009年5月24日(日) その2 体重69.6kg 体脂肪17.9%

室町時代、親鸞聖人のみ教えを正確に、日本全国に伝えて下さった方が蓮如上人。
その蓮如上人が書かれたお手紙「御文章」のなかの一つ、「白骨の章」について少しずつ書いています。
今回で6回目。(かな?)

さっそく続きから、行きましょう。

”我や先、人や先、今日とも知らず、明日とも知らず、
おくれ先だつ人は、本の雫・末の露よりも繁しといえり。”

人が死にゆくさまは、雨の日に、木の枝から雫(しずく)が滴り(したたり)落ちるよりも激しい、との仰せです。

お釈迦様に、ある時、お弟子が尋ねました。
「世尊は一切の知人、何事でも苦痛におぼしめすことはないのでしょう。」

その時、お釈迦様は、こうおっしゃっています。
「そのとおりだ。しかし、ただ一つ、苦痛に思われることがある。刻々と縮まるはなかい命を持ち、念々に近づいている後生に驚かず、雨の降るごとく地獄へ堕ちゆく人々のことを思うと、胸が張り裂ける思いがする。私の苦しみはこのことだ。」

世界の年間死亡数は、六千万とも七千万ともいわれます。
今日一日だけで、何十万の死者が出たか分かりません。
まさに、雨が降るがごとく、であります。

時計の針がカッチンと時を刻む間に、バタバタと数人が死に、次のカッチンでまた幾人かが死ぬ。
そうして時計の針が刻々と進んでいき、そこにいつか必ず私も入るときが来るのです。

今日はここまでとします。

”死”の話が続いていますが、決して暗く沈むためではありません。
死を考えると暗くなりますが、その暗く沈ませる死を乗り越えない限り、本当の幸せになれないからです。
私たちの明るい楽しい生活を根底から崩し、奪い去るのが”死”です。
しかも100%確実な未来です。

その”死”を”私の死”と真剣にみつめ、それを乗り越えたところに、今死ぬとなっても崩れない大安心大満足の幸せがあります。
親鸞聖人は”無碍の一道”とおっしゃっています。
その死を乗り越えた「無碍の一道」「絶対の幸せ」の身になるために、もっとも辛い、もっとも苦しい、もっとも暗い”死”を真剣に考え、真実を知る必要があります。

中途半端にごまかし、他ごとで紛らわし、考えないようにしても、なんの解決にもなりません。
仏教では、その”死の解決”を、明らかに教えておられます。
そのために、仏教で、お釈迦様は”死”について多く教えられているのです。

白骨の御文章は、まさに”死”について直球で教えておられるので、読んでいますととっても暗くなりますが、そのもっとも暗い”死”を乗り越えない限り、本当の幸せにはなれません。
大安心大満足、明るく楽しい、心の底からあふれ出る生命の大歓喜の幸せになるためです。
もうしばらく、辛抱強く聞いていただければ、と思います。

   今日もポチっと押してくださいね~♪
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
          にほんブログ村

テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

Comment

雨が降るが如く、地獄へ堕ちている、と釈尊は仰せですが、そんな一大事があるとは、夢にも思わず、日々、自殺する人は日本だけでも年間3万2千人余り、と言われます。
一大事のあることを伝えなければならないと思います。

死はすぐにでもやってくる。
そしていまこの瞬間にも多くの人が亡くなっている。
その多くの人のなかのひとりにいつなってもおかしくはない。
死を真剣に見つめ、乗り越えないと幸せにはなれない。
その「幸せ」になるための教えをお釈迦さまが説いてらっしゃるという考え方ですね。

はいはい、結論急がずじっくり考えますね~^^
先日の例えに出てきたF1観ながらコメントしてますよ~。
ブラウン速え~、トヨタどうした~^^;

JJSGさん
おはようございます。

今日1日だけでそんなに沢山の人が亡くなってるんですね。

昨日のシンガポールの写真見ましたょ。
もうスゴく暑いんですね。
小雪は暑いの大好きだから羨ましいな♪
電車の中の雰囲気もなんだか違って楽しいね。
シンガポールはタバコにうるさいんだったね。
でもゴミのポイ捨ては残念だね。
日本の富士山もとってもキレイなのに、
ゴミが多くて世界遺産に登録されないって聞いたことがあります。
ゴミのポイ捨てはドコの国でもなくなるって欲しいですね。

もちろん、その暗い”死”を乗り越えるための方法もあるんですよね?
まあ、その人の考え方次第なんだろうけど…。

でも、”死”について、仏教について考えることがなかなか無いので、いい機会になっていますよ。

コメントありがとうございます。

wasedamanさん
自殺すれば楽になれると思ってのことでしょうが、もっと苦しい世界に自ら突入することになりますからね。
自殺はおろかだということ。
人の命がなぜ重いのか。
なぜ苦しくても生きねばならぬのか。
お釈迦様が明確に教えておられますから、それを少しでもお伝えしたいと思います。

potelyさん
その通りです。
じっくり考えてみてくださいね。

小雪さん
毎日、多くの方が亡くなっています。
自分もそのときがきます。
そのときになって慌てないように、心の準備は必要だと思います。
続けて読んでもらいたいと思います。

ゴミのポイ捨ても撲滅したいですね。

noaruuさん
もちろんですよ!
釈尊はそれ一つ教えられた、と親鸞聖人は教えておられます。
人それぞれの考え方次第、思いこみ、信じ込み、盲信、といったものではなく、火を触るよりもハッキリとした明らかな心の世界です。
無理に信じて安心したところで、本当の死に直面したら、こっぱみじんに崩れ去りますから、意味がないですよね。
無理に信じたり、理屈で固めたり、する必要はないです。
まずは、どういうものか、書きますから、続けて読んでくださいね。

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。