スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三蔵流支授浄教

2013年3月12日(火)    73.6kg  21.5% 


SGに戻ってきました。




=== 今日の一日一訓 ===


 叱る前に 10秒数えて 怒りを静めましょう。


 




『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。



  三蔵流支授浄教
  梵焼仙経帰楽邦


  (三蔵流支、浄教を授けしかば)
  (仙経を梵焼して楽邦に帰したまいき)



詳しくお聞きしましょう。


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★


「三蔵」 とは、 経・律・論 の三つをいいます。

「経」 は、お釈迦さまのご説法を記録したもの、
「律」 は、お釈迦さまが仏弟子たちに定められた戒律、
「論」 は、龍樹・天親など菩薩方が 「経」 を解釈して
書かれたお聖教のことです。


釈迦も龍樹・天親もインドの方ですから、
経・律・論はいずれもインドの言葉 (サンスクリット = 梵語) で
書かれています。

中国の人に伝えるには、梵語から中国語へ
翻訳しなければなりません。

しかも仏教の翻訳は、単純に言葉を置き換えるだけでは
済まない危険をはらんでいます。

中国の語彙にない翻訳不能な仏語を、
ではどう伝えるのか。

一言違っても意味が変わり、
仏意を曲げることにもなりかねない。

ゆえに翻訳者は、インドと中国、双方の言語を
熟知していることはもちろん、経・律・論の 「三蔵」 に精通し、
仏教の教えに明るいことが必須でした。

そのような翻訳家のことを 「三蔵法師」 とか、
略称して 「三蔵」 といわれます。


中でも有名な翻訳家が、芸術的で流麗な筆致で知られる

 鳩摩羅什
 (くまらじゅう、 『仏説阿弥陀経』 の訳者)


や、

 康僧鎧
 (こうそうがい、 『仏説大無量寿経』 の訳者)



かの西遊記のモデルになった

 玄奘三蔵
 (げんじょうさんぞう)



などです。


親鸞聖人が 『正信偈』 に 「三蔵流支」 といわれているのは、
かかる優れた翻訳者の一人、

 菩提流支
 (ぼだいるし)


のことです。


その菩提流支が、曇鸞大師に授けられた 「浄教」 とは、
「浄土の教え」 が説かれている 『観無量寿経』 のこと。

「浄土の教え」 とは、
「阿弥陀仏の救いが説かれている教え」 です。


「仙経」 は仙人の教え、
「梵焼」 とはそれを焼き捨てられたこと、
「楽邦に帰す」 の 「楽邦」 とは阿弥陀仏のことですから、


  三蔵流支授浄教
  梵焼仙経帰楽邦


  (三蔵流支、浄教を授けしかば)
  (仙経を梵焼して楽邦に帰したまいき)



この二行は、


 「菩提流支から、阿弥陀仏の救いを説かれた
  『観無量寿経』 を示されるや、
  曇鸞大師はその場で仙人の教えを焼き捨てられ、
  弥陀の本願に帰依されたのである」


と仰っているお言葉です。


間違いを間違いと知らされたら、直ちに捨てる。
これはなかなかできることではありません。

最近は 「断捨離」 ブームといって、
家の掃除や持ち物の整理、
人間関係やキャッシュカードもなるべく最小限に、
シンプルん、という生き方が流行のようです。

しかし、自分が苦労して手に入れた物や、
何十年という歳月を経て築き上げてきた執着は、
簡単に捨てられるものではありません。

特に人生観や信仰は、まさにその人の 「命」 ですから、
たとえ間違いに気づいたとしても、
これを捨て去るのには余程の決意、
身を切るような心の痛みが伴うのは当然でしょう。


されば曇鸞大師が、菩提流支の指南によって直ちに
「仙経を焼き払われ、弥陀の本願に帰依された」 ことが、
いかに強い決断であったか、深い仏縁によるものであるかが、
知らされます。


  本師曇鸞梁天子
  常向鸞処菩薩礼
  三蔵流支授浄教
  梵焼仙経帰楽邦


  本師曇鸞は、梁の天子
  常に鸞の処に向いて 「菩薩」 と礼したまえり。
  三蔵流支、浄教を授けしかば、
  仙経を梵焼して楽邦に帰したまいき。



この四行で親鸞聖人が私たちに教えておられることは、
一つには、

 「曇鸞大師のような方でさえそうであったように、
  病の苦しみは私たちを迷わせる元になるから、
  よくよく気をつけねばなりませんよ」



ということ、二つには、

 「その迷い深い私たちを、
  本当の幸せに救ってくださるのは、
  阿弥陀仏の本願以外にはないのだよ」



ということです。


では、弥陀の本願に救い摂られた曇鸞大師は、
この弥陀の救いをどのように明らかになされたのか。


それについては、また次の機会に。


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : よく生きる
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。