スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金やモノがあれば幸せですか?

2013年3月23日(土)    73.4kg  21.5% 


指くわえて何してんの?



=== 今日の一日一訓 ===


 最も勇気ある行為とは、
 最も困難なことにあたる行為である。


 




『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。



幸せとは、心の安心と満足ですが、
どうすれば永続的に喜べるか。
全ての人の営みは変わらぬ幸せを求めての努力といえましょう。

仏教は 「心」 について深く教えられています。


この私の心がなぜ幸せになれないのか。



よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★


例えば行為といえば、一般には口や身のことと考えます。
しかし仏教では、身体、口、心の三方面から私たちの行為を
「身口意の三業」 と教えます。

身業は身体の行い、口業は口で言うこと、意業は心で思うことです。


特に仏教は、 「意業」 を最も重視します。


なぜなら、私の口や身体を動かしているのは、
心であるからです。

口も身体も心が制御しているもの。
火事なら心が火の元で、口や身体は火の粉といえます。

心の命令が、そのまま口や身体に現れますから
「私とは心」 といえるでしょう。


この私の心がなぜ幸せになれないのか。


アニメ 『王舎城の悲劇』 でお釈迦さまは
このように説法なさっています。


 「人々よ、心の頭を垂れて、わが言葉を聞くがよい。
  人は苦を厭い、幸せを求めている。
  だが金を得ても、財を築いても、常に苦しみ、悩んでいる。
  王や貴族とて皆同じである。

  それはなぜか。
  苦しみの原因を正しく知らないからである。
  金や名誉で苦しみはなくならぬ。
  無ければないで苦しみ、有ればあるで苦しむ。
  有無同然である。

  毎日不安に過ごしている。
  例えば、子供のない時はないことで苦しみ、子供を欲しがる。
  しかし、子供があればあったで、その子のために苦しむ。
  この苦しみの原因は、どこにあるのか。
  それは、己の暗い心にある。

  熱病の者は、どんな山海の珍味も味わえないように、
  心の暗い人は、どんな幸福も味わえないのだ。

  心の闇を解決し、苦しみから脱するには、
  ただ仏法を聞くよりない。
  この法を求めよ。
  心の闇が破れ、真の幸福が獲られるまで。
  たとえ大宇宙が火の海原になろうとも・・・・・・」



幸せになれないのは、金や財など、
自分の求めるものが得られないからだと、
多くの人は思っています。

では、それらが得られれば、本当に苦悩が解決し、
幸福を感じられるのでしょうか。
興味深い資料がありました。

国内総生産 (GDP) と生活満足度の推移を表した表で、
GDP (物) は右肩上がりで成長しますが、
生活満足度はほぼ横ばいです。

物質的繁栄を求めて懸命に働き、科学技術を発達させ、
生活水準や利便性を格段に向上させた私たちですが、
幸福感は全く進歩していなかったのです。


例えば、携帯電話は15年ほど前から急速に普及し、
今や一人一台の時代。
中には一人で二台、三台という人も。

テレビやカメラ、音楽や万歩計まで、
さまざまな機能を付加して進歩し、確かに便利になりました。

しかし私たちは、それで幸福になったといえるでしょうか。
ケータイのなかった時代はどうやっていたのか。

今では思い出せないほど遠い過去になってしまいましたが、
それでも、当時不幸だったかというと、
心は今とさほど変わらなかったのではないでしょうか。

トイレや風呂場、着信はどこへでも追いかけてきて、
つながらぬイライラも付きまとう。
学校では陰湿ないじめの温床となる 「裏サイト」 など、
新たな問題も現出しています。

昭和30年代の日本を描いた映画
『ALWAYS 三丁目の夕日』 シリーズは、
物質的な繁栄を謳歌しているはずの現代人が、
「あの頃」 に憧憬を抱いてヒットしました。

あの頃にあって、今にないのは何なのでしょう。


 「無ければないで苦しみ、
  有ればあるで苦しむ。
  有無同然である」



釈迦の言われるとおり、物の有る無しと幸福感は
無関係なのだと分かります。


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : よく生きる
ジャンル : ライフ

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

まったくその通りですね。
喉頭癌で声を失った僕などは、100億の金を得るよりも
自分の声でしゃべれるほうがはるかに幸せだと思います。

しかし…これはこれで、正しい話ですが
今のあなたは不幸だ!不幸だ!ホラこんなに不幸だ!と
説いて廻るのもどうなのかなぁ?

物質的な豊かさで感じる幸せもあれば
精神的な満足で得られる幸せもあって
どちらも、あながち間違いではないと思うし

お釈迦様にすがる生き方以外は全部間違いだ!…とは
僕には思えないのですけどね(一応は仏教徒のつもりですが)

ご自身の信心は、それは一つの幸せの形なのでしょうが
他人の生き方を揶揄して「不幸を煽る」と
廻りまわってご自身が不幸にならないか?とかえって心配です。

僕は障害者だけど、決して不幸だとは思っていないし
ブログにも、人の不幸を書いたりはしていません。
布教のおつもりで、どこか変な方向に行ってないか?
少し検討が必要なのではないでしょうか?

考えは違いますが、友人の一人として、ちょっと気になります。

Re: No title


癌ダム4Gさん

コメントありがとうございます。
そして、ご指摘・ご心配ありがとうございます。

他人の生き方を揶揄するつもりはありません。
もちろん、不幸を煽るつもりもありません。
そのようなことをしても意味がありません。

記事が長くなりすぎないように心がけているので、
一つの記事で内容が完結せず、
そう感じられるのかもしれません。

前後の記事を続けて読んでいただけると、
私の意図がもう少し伝わるかな、と思います。
よろしくお願いします。

とはいえ、表現には十分注意していきたいと思います。

最後にひとつ。
癌ダム4Gにぜひ知っていただきたいこと。

“お釈迦様にすがる生き方以外は全部間違いだ!”

と書いたことは、私は一度もありません。
そう理解されているとすれば、それは完全な誤解、間違いです。

お釈迦様は、「私にすがりなさい」
と教えられたことは一度もありません。

釈迦の一切経、45年の教えの結論は、

 「一向専念 無量寿仏」


 「阿弥陀仏一仏に向け」
 「阿弥陀仏だけを信じなさい」
 「阿弥陀仏にすがりなさい」


です。

釈迦と阿弥陀仏は全く別の仏です。
よくよく知って下さい。

私が伝えたいことも唯一つ。
真実の仏法、釈迦の真意、親鸞聖人のみ教えである、

 「弥陀の本願まこと」


それだけです。

生きている今、弥陀の本願によって救われれば、
今死ぬとなっても崩れない大安心大満足の
絶対の幸福、無碍の一道の身になれます。

弥陀が

 「われを信じよ、必ず絶対の幸福に助ける」

と誓われているとおりの身になれます。

その弥陀の本願を説き明かされたのが、
釈迦45年の教え、仏教です。

今後も少しずつ書いていきますので、
ぜひ、知っていただきたいと思います。

読んで下さり、ご指摘下さり、ありがとうございました。
「友の一人」 と書いて下さって、とてもうれしいです♪
今後とも「友」として、よろしくお願いいたします。
Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。