スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死んだらどうなるかハッキリしない不安

2013年3月14日(木)    74.0kg  21.4% 


シンガポールの我が家 21階

もうすぐお別れです。。。(><)




=== 今日の一日一訓 ===


 自分の都合のよい時喜ぶは煩悩、
 自分の都合の悪い時喜べるのが真実の信仰。


 




『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。



『正信偈』 には、親鸞聖人90年の生涯、
教えられたことのすべてがまとめられています。

今日から

  「天親菩薩論註解
   報土因果顕誓願」


について、学んでいきましょう。


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★


話を進める前に。。。

初めがわからないと、その後もわかりませんから、
まずは冒頭の二行

 「帰命無量寿如来
  南無不可思議光」


から振り返っておきたいと思います。

ここがわからないと後は全くわかりませんので、
何度確認してもしすぎることはありません。

しっかり確認しましょう。


 「無量寿如来に帰命いたしました。
  不可思議光に南無いたしました」


と読みます。

「無量寿如来」 「不可思議光」 は、
阿弥陀如来のこと。

「帰命」 「南無」 は、
「救われた、助けられた」 ということですから、

 「親鸞、阿弥陀如来に救われたぞ、
  親鸞、阿弥陀如来に助けられたぞ」


と仰っているお言葉です。

親鸞聖人ご自身のことを仰ったお言葉です。

では、「救われた」「助けられた」 とは、
「何から」 救われた、ということなのでしょうか。


「救われた」 といっても、色々あります。
餓死寸前の空腹に、おにぎり一つもらえば、
「救われた」 といいます。

カラカラの喉が清涼な水で癒されたときも、
「助かった」 といいます。

どの病院からも見放された病が、
名医によって完治したならば、やはり
「助かった」 と喜ぶでしょう。

しかし、親鸞聖人が 「帰命」 「南無」 と仰っているのは、
そんなことではありません。


「後生の一大事から、救われた」


ということなのです。


「後生」 とは、全人類の行く先です。
来世、死後のことです。

専門家の予測によると、東海・東南海・南海地震の三つが
同時に起きれば、東日本大震災を上回る大規模な揺れと、
20メートル級の大津波が襲うと言われています。

被害を最小限に食い止めるには、どうすればいいのか。
何メートルの防波堤を、どこの海岸・河岸に造ればよいのか、
避難経路はどうするかと、対策が急がれています。

しかし、たとえ地震に遭わずとも、津波は免れても、
誰も逃れられないのが、 「死」 です。

禅僧一休は、

 「門松は 冥土の旅の 一里塚」


と歌いました。

年が明けて一年たったということは、
それだけ大きく 「死」 に近づいた、
ということです。

70億すべての人は、死に向って行進している
「後生への旅人」 なのです。


死ねばどうなるか。



“後生どうなるか” は、万人の問題ですから、
「一大事」 といわれるのですが、ほとんどの人が
「天国か極楽に行ける」 と思っているのではないでしょうか。

その証拠に、俳優や落語家が死去すると、
生前の友人が弔辞で

 「泣いたら天国のアイツに笑われる」


などと言いますし、それを聞いて違和感を覚える人もありません。

みんな 「死ねば安らかなところに行ける」 という、
漠然としたイメージを共有しているからでしょう。

だが、もしそれが本当なら、

 「こんな辛い人生、我慢して生きるよりも、
  早く死んだほうがまし」

だし、 「自殺は賢い」 ことになりましょう。


「慰霊」 は、

 “死んだ人の霊を慰める”

行為ですから、無意味になります。
天国で楽しんでいるのなら、慰める必要はないからです。

また、 「葬式」 や 「法要」 など
故人の苦を少しでも軽減しようと催される仏事も、
ナンセンスになります。

このように、少し考えれば分かる明らかな矛盾に、
まったく気がつかないのも結局、

 「死んだら楽になれる気もするが、
  暗い世界にゆくのかもしれないなぁ。。。」


と、後生がハッキリしていないのです。


確実な行く先である 「後生」 が、ハッキリしない。
これは 「不安」 であり 「苦しみ」 です。

仏教では、この後生の不安こそが、
万人に共通の苦しみの元と教え、
「後生の一大事」 を解決されたことのみを、
「救われた」 というのです。

仏教を何十年と聞いている人でも、
弥陀の救いがハッキリしていないのは、
何から救われるのか、この

 「後生の一大事」


が分からないからなのです。


続きはまた次回。


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。