スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親鸞聖人に魅せられた人々

2014年4月22日(火)    76.8 kg  21.1 % 


=== 今日の一日一訓 ===


 相手の話を親身に聞くと、喜ばれる。

   話を聞いてもらった人は、
   「自分の気持ちを分かってくれた」
 と、
   あなたのことをとても好きになるでしょう。




親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


約800年前、京都で生まれられた親鸞聖人は、
90年の波乱万丈のご生涯を送られました。
聖人には、多くの有名な哲学者や作家が魅せられ、
言葉を窮めて褒め称えています。
その幾つかを紹介しましょう。

よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★

「親鸞は私の哲学において
 学ぶべき師であり指導者である。
 (中略) 親鸞の教行信証が
 私に与えた指導教化は、
 ほとんど計り知れないほど
 大きいものである」
 田辺 元 

 (日本を代表する哲学者。明治18~昭和37)

「鎌倉(時代)というのは、
 一人の親鸞を
 生んだだけでも
 偉大だった」
 司馬 遼太郎

 (歴史小説家。大正12~平成8)


「わたくしは、
 何ということなく、
 親鸞がすきだ。
 蓮如がすきだ」
 吉川 英治

 (没後50年を迎えた小説家。明治25~昭和37)


「親鸞を語ることは、
 私にとって人生を語る
 ことにひとしい。(中略)
 私のまず最初に言うべきことは、
 親鸞に出会ったという
 その謝念でなければならぬ」
 亀井 勝一郎

 (文芸評論家。明治40~昭和41)


「ぼくは親鸞の
 信仰によって
 死ぬだろう」
 三木 清

 (哲学者。明治30~昭和20)


「人類が今日ほど
 親鸞を必要としている
 秋はない」
 井上 靖

 (ノーベル文学賞候補になった作家。明治40~平成3)



親鸞聖人が 「世界の光」 と多くの人たちか崇敬されるのは
なぜなのでしょう。

それは、親鸞聖人の教えが 「世界の光」 だからです。
その聖人の教えを、今後も一緒に学びましょう。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。