スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「死生学」 死とはいかなるものか

2014年6月1日(日)    75.0 kg  22.0 % 

2014年も半ばに突入しました。
ほんとに、あっという間ですね。。。

体重は5月末の目標74kgに届かず残念。
とはいえ、順調に減ってる。
これを継続して、6月末の目標は、72kg突破!


=== 今日の一日一訓 ===


 「がんばれ」 より、
 「がんばってるね」 と認めるほうがいい。

   



親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


「死生学」 が大学で講義されたり、
人生の終末への活動 「終活」(しゅうかつ) が流行語になるなど、
よりよい 「生」 のために 「死」 を考えよう、
と昨今は言われるようになりました。

「死」 とは、いかなるものか!?


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★

 「そんなの、死んでみないと分からない」


 「死んだら死んだ時。
  死なんて考えてたら、楽しく生きられないよ」


 「オレだけじゃないよ。
  みんな死んでいくんだから、怖くはないさ」



と、真剣に考えようとしない人も依然、多いようです。
考えたくないことだからでしょう。

仏教を学んだ哲学者・丸山圭三郎氏は、『言葉と無意識』 の中で、
死の恐れを、四とおり挙げています。

**********
一つめは、癌の末期や心臓発作の耐えがたい
「肉体的苦痛に対する恐れ」 です。

二つには、「親しい者との離別体験を典型とする精神的苦痛」。

三番目は、「地位、名誉、知識、特に財産への執着心から生れる喪失への恐怖」。

第四に、最大の死の恐怖として、
「いわば <非-知>(ノン・サヴォワール)に相対したときの戦慄である。
 死がまったく人間の予測や思考の枠を超えた存在であり、
 死後の世界は不安と謎に満ちたブラックホールなのである。
 死んだらどこへ行くのか、死んだら自分はどうなるのか、
 という問いは、現世の人間関係とか財産の喪失とは
 まったく次元の異なる恐怖をよび起こす」
**********


死は未知の体験であるといわれても、元気な時はそんな苦痛とは思えない。
冒頭の発言は、そういう人の言葉ですが、いざ死ぬとなった時に
私たちの心を占めるのは、後生の不安以外にないのです。


 「問題は、 『この自分』 は、
  死後どうなるかという点に集中してくる。
  これが人間にとっての大問題となる」
 (岸本英夫 『死を見つめる心』)



仏教を説かれたお釈迦さまは、臨終の心相を次のように仰っています。

 「大命まさに終わらんとして
  悔懼こもごも至る」
 (大無量寿経)


 (臨終に過去の行為に対する後悔 <悔> と、
  後生の恐れ <懼> が交互にやってくる)



大宇宙の諸仏の本師本仏である阿弥陀仏は、
この私たちの

 「死ねばどうなるか分からぬ、真っ暗な心」
 (無明の闇)


を、

 「往生一定」
  (おうじょう いちじょう)

 (いつ死んでも無限に明るい極楽浄土に必ず生まれられる身)


の大安心、大満足に救ってみせる、
と誓われています。

この弥陀の救いが、私にとっていかに大事なことか、
分かるでしょう。


 無碍光如来の名号と
 かの光明智相とは
 無明長夜の闇を破し
 衆生の志願を満てたまう
 (親鸞聖人)



親鸞聖人 信心決定



★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

No title

お久しぶりです。

癌という病気は、ひどく酷いもので
あなたの列記知る1~3なんて、「生きながらにして」全部奪っていくし
それって、はるかに残酷な話ですが、
それなりの覚悟がないと耐えられないかも知れませんね。

それでも、ヒトは生きているし
皆さんそれを乗り越えて「生きよう」と頑張られています。

確かに、現代の日本人は
死に対する覚悟や事前のシミュレーションがあまりに少なく
訓練がなされていない為
それを正面から見ようとせず、ただただ恐れるのみ

それらを正しく導く事は重要だと思いますが
それだけに、21世紀の視点で、正しくそれと向き合い、
正しく覚悟する道を説いてくださる事を切望致します。

Re: No title

癌ダムさん

コメントありがとうございます。

「死」の問題は、「古今東西の全人類」の問題です。
科学、医学、政治、経済、倫理、哲学、心理学など、
進歩発展してきた古今東西の全人類の英知を絞って総がかりになっても、
いまだに全く解決できないのが「死」ではないでしょうか。

「正しく向き合う」には、どうすればいいのか。
「正しく覚悟」するとは、どうすればいいのか。

死と真正面から向き合い、そして完全に解決する道。
それ一つ教えられたのが、仏教ですね。

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。