スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦悩の人生を光明の広海に浮かばせる

2014年6月11日(水)    74.8 kg  22.0 % 


=== 今日の一日一訓 ===


 なぜやめぬ 怨み呪えば 身の破滅

   




親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


 大悲の願船に乗じて、
 光明の広海に浮びぬれば、
 至徳の風静に、衆禍の波転ず
 (親鸞聖人)


親鸞聖人直筆の 『教行信証』 のお言葉です。

「大悲の願船」 とは、阿弥陀仏の大慈悲の願いによって造られた
大きな船のことだとお聞きしました。
では、大悲の願船に 「乗った」 とはどういうことなのか、
続けてお聞きしましょう。

よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★

大悲の願船とは、 「南無阿弥陀仏」 のことであり、
その南無阿弥陀仏の船に 「乗った」 とは、
この南無阿弥陀仏を弥陀より頂いて、
いつ死んでも極楽参り間違いない身 「正定聚」 (しょうじょうじゅ)
になったことをいいます。

ここで気をつけてただきたいのは、
親鸞聖人は、大悲の願船に、
「死んでから乗るつもりだ」 とも、
「生まれた時から乗っていた」 とも、
仰っていない、ということです。

親鸞聖人は、苦しみに <沈んで> いた人生から、
明るく輝く広い海に <浮かび> 上がり、

 「この親鸞、
  大悲の願船に乗せていただいたぞ、
  光明の広海に浮かんだぞ!」


と晴れやかに宣言なされています。

入院なしの退院はなく、雨降らずして雨上がることもないように、
「闇」 に泣いた人だけに 「光」 に遇った笑いがあり、
「沈んで」 いた人にのみ 「浮かんだ」 という歓喜があります。

つまり、親鸞聖人は、生まれながらに
助かっておられたわけではないのです。

ところが、

 「私たちは、阿弥陀仏が仏になられた十劫という遠い昔から、
  すでに助かっている」

 「阿弥陀仏に救われていることに気づくことが大切」


という間違った考えをしばしば耳にします。

これは、大変な誤りですので、
弥陀に救われるまでの親鸞聖人のお姿を通して、
正しい弥陀の救いを明らかに知ってほしいと思います。


続きはまた次回。


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。