スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦しみに沈んでおられた親鸞聖人

2014年6月12日(木)    74.8 kg  22.0 % 


=== 今日の一日一訓 ===


 「よく見られたい」 という見栄が、
 生きづらくさせている。

   




親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


弥陀に救われるまでの親鸞聖人のお姿を通して、
正しい弥陀の救いを明らかに知っていただきたく思います。

今から840年程前、親鸞聖人は京都にお生まれになりました。

よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★

お父さまは、藤原有範卿 (ふじわら ありのりきょう)、
お母さまは、吉光御前 (きっこう ごぜん) といわれ、
ご両親の愛情の元、健やかに成長されましたが、
4歳で父君と、8歳で母君と死別されています。

 「父も死に、母も亡くなった。
  今度死ぬのは自分の番だ。
  死ねばどうなるのだろう・・・・・・」


真っ暗な後生に驚かれた聖人は、9歳で出家。
その時のお気持ちが、一つの歌に込められています。

それは、天台宗の座主・慈鎮和尚 (じちんかしょう) から
「得度の式 (僧侶となるための儀式) は明日にしょう」
と言われて、詠まれたものと伝えられます。


  明日ありと
    思う心の 仇桜
   夜半に嵐の 吹かぬものかは



 「今を盛りと咲く花も、一陣の嵐で散ってしまいます。
  人の命は、桜の花よりもはかなきもの。
  明日といわず、どうか今日、得度していただけないでしょうか」


わずか九つの激しい無常観に、慈鎮和尚も感銘し、
すぐに儀式を執り行ったといいます。

この日より20年、比叡山で 『法華経』 の修行に打ち込まれました。
それは日々、煩悩との格闘で、今日の千日回峰行をも上回る壮絶なもの
だといわれます。
それでも後生暗い魂の解決はできず、琵琶湖の水を眺めては、
自身の心にこう問いかけられた。

 「あの湖水のように、なぜ、心が静まらないのか。
  静めようとすればするほど散り乱れる。
  思ってはならぬことが思われ、考えてはならぬことが浮かんでくる。
  恐ろしい心が噴き上がる。
  ああ、どうしてこんなに、欲や怒りが逆巻くのだ。
  この心、いったいどうすればよいのだ・・・・・・」


平静な湖水に比べて渦巻く煩悩に泣かれる聖人が、
涙に曇る眼を天上に移されると、月はくこうと冴えている。

 「あの月を見るように、なぜ、さとりの月が見れぬのか。
  みだらな雲が湧き上がり、心の天を覆っていく。
  こんな暗い心のままで、死んでいかねばならぬのか」


吸う息吐く息に、永遠の苦界に沈む自己を知られて、
居ても立ってもおれぬ不安に襲われる。
こんな一大事を持ちながら、どうして無駄な時を流せよう。
はやく俗念を投げ捨てて、この大事を解決せねばならぬ。

一刻の猶予も、親鸞聖人にはなかった。

この時のお気持ちが 『歎徳文』 (たんどくもん) という書に、
記されています。

定水を凝らすといえども、識浪しきりに動き、心月を観ずといえども、妄雲なお覆う。しかるに、一息つがざれば、千載に長うゆく。なんぞ、浮生の交衆をむさぼって、いたずらに仮名の修学に疲れん。すべからく勢利をなげうって、ただちに出離をねがうべし。
(歎徳文)




この一大事、どこかに導きくださるお方はないか、
高僧ましまさぬかと、思い出深き比叡をあとに、泣き泣き下山。
親鸞聖人29歳の御時でした。

そんな苦悩の海に沈んでおられた親鸞聖人が、法然上人に巡り会われ、

 「どんな人も、必ず絶対の幸福に救う」


と誓われた 阿弥陀仏の本願 を聞かれるようになったのです。

生きているただ今、煩悩あるままで往生一定と
ハッキリする真実の救いを知らされた驚きと喜びは、
余人の想像を絶するものであったに違いありません。

そんな親鸞聖人が、南無阿弥陀仏の大船に乗せられ、

 「阿弥陀仏の造られた大悲の願船に乗って見る人生は、
  千波万波きらめく明るい広い海ではないか。
  順風に帆をあげる航海のように、ああ、
  生きるとはなんと素晴らしいのか」


と、生命の大歓喜を表明されているのです。

親鸞聖人 信心決定


このように、大悲の願船に乗ったことを

 「信心決定」
  (しんじん けつじょう)


といい、
信心決定するまでを 「信前」 といい、
信心決定した後を 「信後」 といいます。

救われる前と後があるのです。
救われたら、 「信前」 と 「信後」 の水際がハッキリするのです。

「すでに救われてた」 とか、
「助かっていたことに気づく」 という考えが、
いかにとんでもない間違いか、明らかに知っていただきたいと思います。


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。