スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人はどこから来て、どこへ行くのだろう

2014年6月24日(火)    74.0 kg  20.5 % 

73kg台が見えてきた!!
当面の目標は、7/18(金)までに72kg突破。



=== 今日の一日一訓 ===


 今、少しでも幸せのタネをまいていけば、
 未来は幸せへと変えていけるのです。

   




親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


お釈迦さまの説かれた 「人間の実相」 の例え話の意味を
少しずつお聞きしましょう。

 ぼうぼうと草の生い茂る果てしない広野を、
 独りトボトボと歩いていく旅人があった。
 季節は、木枯らしの吹く寂しい秋の夕暮れ時である。


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★

「旅人」 とは、 「すべての人」 のことです。

  「生きることは 旅すること 終わりのないこの道」


と歌にもあり、オバマ大統領の二期目の就任演説の中でも、
繰り返し 「我々の旅は終わらない」 という比喩が使われていました。

作家の吉川英治氏も 「人生は片道切符の旅である」 と、
こう書き記しています。

 「発車駅の東京駅も知らず、横浜駅も覚えがない、
  丹那トンネルを過ぎた頃に薄目をあき、静岡辺りで突然
  “乗っていること” に気づく、そして名古屋の五分間停止ぐらいから
  ガラス越しの社会へきょろきょろしはじめ 『この列車はどこへ行くのか』
  と慌て出す。もしそういうお客さんが一人いたとしたら、
  辺りの乗客は吹き出すに決まっている。無知を憐れむにちがいない。
  ところが人生列車は、全部の乗客がそれなのだ」
  (『忘れ残りの記』)



発車駅の 「東京」 は生まれた時、 「横浜」 は幼児期、
「静岡」 は三、四歳頃でしょうか。
吉川氏はこうも言っています。

  “オギャーと生まれた時が、人生という旅の始発駅であるならば、
   ウーンと言って死ぬ時が、人生という旅の終着駅である。
   我々は、この人生という旅において、しばしば道中、道連れを作る。
   小学校、中学校、高校の同級生、隣近所の人々、勤め先の仲間、
   取引先の人々、全てこれ人生という旅の道連れである。
   そして、それらの中で、いちばん縁の深いのは、夫であり、
   妻であるという道連れである”



気がつけばこの世に生まれ、生きていた。
書くことや読むことを習い、社会に出て懸命に働いてきた。
でも自分がどこへ向かっているのかは知らない。

こうした無知な乗客同士が、級友や同僚、あるいは家族という道連れを作って、
行き先知らぬ旅へと向かっています。

生きることは決して楽ではありません。

病気、仕事の過酷なノルマ、人間関係のストレス、リストラの不安、
夫婦間の不和、子どもの非行、返済不能な借金、親の介護など、

  「こんなにまでして、なぜ生きるの?」

と思うことが周囲に満ちています。
ある政治家が、終末期医療の会議で、

  「いい加減死にてえなぁと思っても、
   『とにかく生きられますから』 なんて生かされたんじゃあ、かなわない」

と発言し、物議を醸しました。
しかし、もし人生というこの旅に、何の目的もないのなら、
「長生きして苦しむだけなら、さっさと死にたい」 というのも一理あるでしょう。

でも私たちは、無意味に生まれ、苦しむために生きているのではないはずです。

  「生まれてよかった、
   死なずに生きてきてよかった」


といえる、人生の旅の目的地がなければならないのではないでしょうか。
それが明らかになってこそ、

  「このために生きるのだ」


と全ての行為が意味を持ち、
どんな苦難も乗り越えて進む力が湧いてくるのです。


次に、この旅人が広野を歩いていたのは、 「秋の夕暮れ」 でした。
これは、人生には底知れぬ寂寥感が漂っていることを示しています。

人はなぜそんなに寂しいのか。
それは一人旅をしているからです。

  「独生独死 独去独来」
  (大無量寿経)


  “独り生まれ独り死に、独り去り独り来る”



始めから終わりまで、人生は独りぼっちだよ、
とお釈迦さまは仰っています。

そんなことはない。親も兄弟もいる、妻も友達もいると思っていますが、
お釈迦さまが仰る 「独り」 とは、こうした肉体の連れではありません。
“魂の連れ” がないということです。

「どんなことでも話せば分かる」 と言われても、
現実はどれだけ話しても分からないことが多くあります。

男は女の気持ちが分からず、女は男の気持ちが分からない。
男は足し算、女は掛け算といわれます。
2と3を見て男は 「5だ」 と言い、女は 「違うわ、6でしょ」 と言う。
どこまで行っても交わらない平行線です。

たとえ 「あの人には何でも言える」 という人があっても、
言えるところまでは何でも言えるということで、
本当に心を洗いざらい言えるわけではありません。
「なぜ分かってくれないの!」 と、相手を責めることはありますが、
自分は他人のことを本当に理解できているでしょうか。
自分だけを理解せよと相手に望むのは無茶というものです。

誰にも明かせない、理解されたいと願っても絶望的な心を、
私たちは一人一人、抱えています。
心の深奥の秘密の箱は、固くカギがかけられ、誰にも開かれることはありません。
我々の魂は、ずっと独りぼっちで孤独に震えているのです。

そんな魂の奥底まで全てご承知のうえで、

  「われにまかせよ、必ず助ける」


と抱き締めてくださる 弥陀の誓願 (本願)  あることを、
お釈迦さまは生涯をかけて唯一つ説かれたのです。

  如来所以興出世
  唯説弥陀本願海



続きはまた次回。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

No title

おっと、お久しぶりですね。
お帰りなさい…かな?

お元気そうでなによりです。

今日のタイトルは、白戸三平の「忍者武芸帳」ですね。
まぁ、一向一揆の時代を描いた漫画ですから
合い通じるところはありますか…

ところで、生きる目的なんてものは
「自分で作るモノ」で、ヒトに教えられたり、従っていれば良い
なんてものではないように思います。

おっしゃる通り、何も持たずに生まれてきて
また何も持たずに死んでいく訳ですから
悔いのないよう、神頼みではなく「自分自身で考えて」
シッカリ生きていきたいモノですよね。

癌ダムさん Re: No title

癌ダムさん

コメントありがとうございます。
癌ダムさんはいつも鋭いコメント下さるので、とても有難いです。

> ところで、生きる目的なんてものは
> 「自分で作るモノ」で、ヒトに教えられたり、従っていれば良い
> なんてものではないように思います。

実は、私もそう思っていました。
「趣味や生き甲斐」、「夢」といったものしか知らず、
それらを「生きる目的」と思っていました。

しかし、それらのものは、生きる目的ではなく「生きる手段」です。
「なぜ生きる」(生きる目的)ではなく、「どう生きる」(生きる手段)です。

実に、この「生きる目的」と「生きる手段」の違いを
ハッキリ教えられたのがお釈迦さまであり、仏教なのです。
仏教は、万人共通唯一の「生きる目的」を明らかにされたものです。
仏教を聞いて、その万人共通唯一の「生きる目的」を知れば、
「趣味や生き甲斐」「夢」「目標」が生きる手段だと理解できます。

その違いについて、ここでは書ききれませんし、
これ以上大切なことはありませんので、
お釈迦様、親鸞聖人はどう教えられているか、
本文のほうで書きたいと思います。

ぜひまたコメント下さいね。

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。