スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる目的は 「自分で作るモノ」 か!?

2014年6月26日(木)    73.8 kg  21.5 % 

祝! 74kgのカベ突破!!



=== 今日の一日一訓 ===


 今の自分よりも、一回り大きくなりたい
 と思うなら、今より少し厳しい環境に
 身を置いてみましょう。

   



親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


お釈迦さまの 「人間の実相」 のお話の途中でしたが、
癌ダムさんより下のコメントいただきました。

> ところで、生きる目的なんてものは
> 「自分で作るモノ」で、ヒトに教えられたり、従っていれば良い
> なんてものではないように思います。


癌ダムさんのように思う人は多いと思います。
実は、私もそう思っていました。

ところが、お釈迦さまは万人共通唯一の 「生きる目的」 を明らかに教えられています。
とても大切なところですので、お釈迦さまはどう教えられているか。
「生きる目的」 にスポットを当てて、お聞きしましょう。

よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★

「生きる意味は、自分で見つけよ」
 というアドバイスは、
なぜ生きるかを真剣に考えている人には、無力です。

たしかにスポーツや事業などに熱中できれば、
「これが私の生きる意味だ」 と充実感は味わえます。

それはただし、死の影を忘れていられる間だけのことです。

「あなたはやがて死ぬんだよ」 というささやきが聞こえてくると、
好きなことして、望んだものを手中に収めても、根深い悩みが頭をもたげます。


  「夢を実現しても、むなしかった」
  「なぜ幸福に、悲しみが混じるのか」
  「短い燃焼と、あわただしい消滅が、全体験ではなかったか?」
  「心から満足できる目的はないのか」


こんな疑問を抱く人が、人生の目的は 「自分で見つけよ」 といわれても、
突き放されるだけでしょう。
「生きる目的は人それぞれ」 という主張は、死の問題を無視しているので、
人生の悩みを根本的に解決する力はありません。

死を正視して苦悩の根元を知り、それを断ち切ってはじめて、

  「なんと生きるとは素晴らしいことなのか・・・・・・」
  「生きるとは、無上の幸せになるためであった・・・・・・」


と、人生の目的が鮮明に知らされるのです。


プラトンの 『饗宴』 でも言われているように、
万人共通の人生の目的は、 永遠の幸福 です。

「人生の目的が分かる」 とは 「分ける」 ことですから、
「永遠の幸福」 と 「色あせる幸福」 との違いが分かることであり、
「生きる目的」 と 「生きがい、目標」 を区別できることだといえましょう。

「人生の目的」 と 「人生の目標」 は、
ほとんどの人生論で同じ意味に使われていますから、
違いを知るのは大変です。

「人生の目的」 と 「生きがい、目標」 とを峻別され、
人生の目的を鮮明にされたのが親鸞聖人であり、
主著の 『教行信証』 には次のように道破されています。


真仮を知らざるによりて、如来広大の恩徳を迷失す。
(『教行信証』)



「真仮を知らざる」 とは、
 (=生きる目的) と  (=趣味や生きがい、目標) 
との違いを知らない、ということです。

人生の目的を知らないから、
“人間に生まれてよかった” という生命の歓喜がないことを、
「如来広大の恩徳を迷失す」 と言われています。

本当の人生の目的を達成したとき、一切の苦労は報われ、
流した涙の一滴一滴が、真珠の玉となってその手に戻るのです。

人生の目的が成就した、永遠の幸福とは、どんな世界か。


長くなったので、続きはまた次回。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

No title

このように他人の意見を「低く見て」あしらい蔑み
御自身の布教の道具に使われるのは、どうかと思いますが

JJSGさんご自身が、
  「夢を実現しても、むなしかった」
  「なぜ幸福に、悲しみが混じるのか」
  「短い燃焼と、あわただしい消滅が、全体験ではなかったか?」
  「心から満足できる目的はないのか」
などと感じておられるなら、
その夢や幸せは、残念ながら「まやかし」だったのでしょうね。

また、一番の大きな間違い(あえて知らんぷりされてるのでしょうが)
僕が、あの世に直面してそれを乗り越えてきた
末期がんの患者であるという「重要な事実」をないことにして
書いておられる点ですね。

死と正面から向き合って、生きる意味を考えているからこそ
思考を停止して、神や仏に逃げ込むことなく
自分で生きる意味や目的を探すことに意味があるのです。

それにね…仏教の開祖たる仏陀=ゴータマ・シッタルダは
生きる意味に疑問を感じで、それを自分で見つけたのでしたよね。

僕はそうしたことに共感する仏教徒ではありますが
なにがなんでも、仏に頼ればいいなどとは思っておりません。

色即是空、輪廻、諸行無常など、
心の持ち方や考え方のベーとして、仏教の教えは素晴らしいものですが
天は自ら助くる者を助けるのであって、ただただ救いを求めるのもどうかと思います。

まぁそちらは「他力本願」僕は「自力本願」ですから
どこまで行っても平行線でしょうし、また、屁理屈でお答えされるのでしょうが


せめて、教義や経典を振りかざして、鬼の首でもとったかのように
死を前にして「悟りへの道」を、自分なりの生き方で歩く者への
無礼な言動や、非礼だけは、同じ仏教徒として、おやめください。

Re: No title

癌ダムさん

コメントありがとうございます。
なんだか怒っておられるようですね。

無礼や非礼があったのなら大変失礼しました。
そういうつもりはまったくありませんが、説明不足、言葉足らずな点はお許し下さい。

私は、お釈迦様が教えられた「万人共通の人生の目的」を、
なんとかお伝えしよう、と努めています。

私の意見や考えなど、どうでもいい、くだらないものばかりです。
お釈迦様の素晴らしい仏教をお伝えしたい。
そして、その真髄を明らかにされた親鸞聖人のみ教えをお伝えしたい。
そればかりです。

お釈迦様の教えの通りにお伝えするには、経典や教義を示さねばなりません。
そうでなければ、仏教にはなりませんので、お許し下さい。

ちなみに、「自力」と「他力」は相反するものではありません。
「自力から他力へ入る」 これが仏教です。
自力からしか他力へ入れません。
「従仮入真」 「仮」(自力) より 「真」(他力)に入る、です。

釈迦45年の一切経はすべて、
「他力」(真実)へ導くための「自力」(方便)だったのです。

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。