スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釈迦の生涯 ~四門出遊~

2014年8月26日(火)    73.4 kg  23.0 % 

Yu20140825

Yu は、すくすくと成長中♪
私も体重、上昇中。。。(><)
やはり、72kgが一つの壁だったな。

継続は力なり、されど、続けるのは難しい。
長い目でみて、ぼちぼち行こう。 しばらく休憩だ♪


=== 今日の一日一訓 ===


 皆から好かれる人もなく、
 皆から嫌われる人もない。

   自分に素直になれば、自分らしく生きられる。




親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


お釈迦さまのご生涯についてお聞きしています。

内省的な性格であったシッタルタ太子。
或る年の耕転祭に鳥が虫を啄むのを見て、
弱肉強食の現実を知り、閻浮提の下にゆき静座黙考せられていた。

よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★

父王はアシダ仙人の予言等とも思い合わせて、
大事な後継者の太子が出家することを心配し、
妻帯させて、その志を捨てさせようとして太子19歳の頃、
クリ城主・善覚王の娘、 ヤショダラ姫 を迎えて妃とせられた。

当時太子には、三人の妻があったと仏典に記されています。
即ち、ヤショダラの外に、水光長者の娘・グイと、釈長者の娘・ロクヤで、
この三人ともそれぞれ、ラーゴーラ、ゼンセイ、ウバヤという子を
一人ずつ産んでいる。

妻を三人持っていたことは、当時では当然なことであったが、
それだけに妻の間や男性との関り合いの点でも
太子の悩みは多かったであろうと思われる。

例えば、三人の中でも、ヤショダラは最も美しい女性で、
太子の従弟のダイバダッタと太子の恋争いがあったといわれます。

この様に太子は、父王の世俗的享楽に耽らしめようとせられたことが
反って太子に人間の苦悩を痛感せしめ、益々それから解脱する道を
慕わせる結果となったのです。


或る時、東の城門を出られた太子は、
路に歯が落ち、腰は曲がり、杖にたよって歩くあわれな 老人 の姿を見て、
人間誰しもやがて必ずあの姿になり、老苦にあわねばならないのだと、
知らされた。

又、或る日、南門を出て 病人 を見て、
西の門を出て 葬式 をみていよいよ人生の無常を痛感せられたが、
最後に北門を出られたとき、法服修行の 出家 を見て、
人生の理想は五欲の生活以外にあることを発見せられたといわれます。

これが有名な 四門出遊 です。

ある人が死んで地獄に堕ちると、
牛頭、馬頭、赤、青の鬼どもの獄卒に引きたてられて、
閻魔大王、ハッタとばかり睨みつけて破れ鐘のような大声で、

 「汝、娑婆にいた時、老人を見なかったか。
  頭は白く、歯はぬけ、眼くぼみ、肌シワより、身体ふるい、
  気力衰え、うめきつつ、杖にすがって歩むもの、
  これこそ第一の天使じゃ」

 「汝、娑婆にいた時、病人を見たことはなかったか。
  身体やせおとり傷み、立居振舞も自由にならず、
  飲食便通にすら人の助けを待ち、
  終日褥の中にあってうめき苦しむもの、
  これこそ第二の天使じゃ」

 「汝、死人を見なかったか。
  命終わって息永く絶ゆれば身は壊れてさながら枯れ木のようになり、
  つかの間にすてられては鳥獣に食われ、棺に納められ荼毘の煙となれば、
  ひとつまみの白骨となる。
  このものこそ第三の天使じゃ」

 「このように汝、娑婆において三天使に逢いながら、
  放逸にして今地獄へおち苦しみを受けるは、
  父母の過ちでもなく、兄弟の為でもない。
  正しく汝自身の 自業自得 であるぞ」


と怒鳴りつけると罪人として獄卒に命じて地獄の奈落へ送られるのである。
という話を聞いたことがあるが、太子の四門出遊と思い合わせて、
考えさせられる話ではありませんか。


父王は太子の怏々として楽しまない様子をみて、
有名な時節々々に適した四季の御殿を建立し、
一々の殿堂に500人の美女をはべらせ昼夜歌舞を奏して
太子を慰めていたが、すでに世の無常の真実を凝視せられた太子には
もはや世の栄耀栄華は苦悩の源泉でこそあれ、
決して真の幸福をもたらすものではないとして、
日々懊悩と煩悶が続いた。

ある真夜中のこと、ふと目を醒まされた太子が四辺をみて愕然とせられた。
500人の美女たちは何れも昼間の容姿は見る影もなく形を乱し、
見るも無慙な醜態でねむっている姿を見て戦慄せられ、
この美女たちの姿こそ真の人間の姿だと気がつかれた太子は、
居ても立ってもその場に居れず、今こそ出家の好時なりと考え、
あたかもライ病者がその病苦を厭忌するように、
終に一切の恩愛を絶ち、御者シャノクを召し出し、ケンジョクという白馬に乗って、
夜半ひそかに王城をぬけ出られたのです。

時に太子 29歳 2月8日 のことでありました。

長くなるので、続きはまた次回。


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。