スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親鸞聖人報恩講5

2014年10月27日(月)    75.8 kg  21.0 % 

体重V字回復中! (><)


=== 今日の一日一訓 ===


  今日ほめて 明日悪く言う 他人の口
    泣くも笑うも ウソの世の中

   他人の評価は、その人の都合で決めますから、
   全くあてになりませんね♪




親鸞聖人の教えを学んでいます。


先日10/11、12 親鸞聖人の報恩講で聞かせていだだきました

 「御正忌の御文章」


について、続けます。


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★

報恩講シリーズ、今回で5回目になります。
これまでの内容をざっくり振り返っておきます。

報恩講は、親鸞聖人の御恩に報いる集まりですが、
親鸞聖人の御恩に報いるためには、
親鸞聖人が喜ばれることを知らねばなりません。

それを教えられたのが、
蓮如上人の 「御正忌の御文章」 です。

  「信心獲得」
 (しんじん ぎゃくとく)


することが、親鸞聖人の最も喜ばれることだと、
蓮如上人は繰り返し教えておられます。

この 「信心」 は、「自分の心」 で
何かを 「信ずる」 ことではありません。
世間一般でいわれる 「信心」 とは全く異なる。

この 「信心」 は、 「仏心」 である
と蓮如上人から教えていただきました。

「仏心」 とは、 「阿弥陀仏の心」 であり、
「大慈悲心」 のことです。
阿弥陀仏の大慈悲心によって誓われたのが、
「阿弥陀仏の本願」。

  「どんな人も 聞くだけで
   必ず 絶対の幸福にしてみせる」


というお約束。

その約束を果たすためにはどうすればいいか、
阿弥陀仏が五劫思惟で、考えに考えられて造られたのが、

  「南無阿弥陀仏」 の六字の名号


どんな人も、阿弥陀仏よりこの六字の名号を受け取れば、
「一念」で 「無明の闇」が破られて、
どんな人も絶対の幸福にしてみせる、
という阿弥陀仏の願いが身の上に満たされる。
それを 「破闇満願」 という。

「南無阿弥陀仏」 の六字名号には、
「破闇満願」 というものすごい力、働きがある。

 「無上甚深の功徳利益の広大なること
  さらにその極まりなきものなり」


と教えていただきました。

しかも、その六字名号は、
「一念」 で頂けます。
闇が破れるのは 「一念」 です。

なぜ 「一念」 なのかと言えば、
臨終間際で、あと1秒しか命がない人を助けるのに、
1分かかるようでは助けられない。
臨終間際の人を助けるには 「一念」 しかないから。

臨終間際の人を助けるために、
阿弥陀仏は 「一念」 で助けるように
「南無阿弥陀仏」 を造られた。

前回はここまででした。
以上、ざっくり振り返ってみました。


阿弥陀仏は、すべての人に与えるために、
この 「南無阿弥陀仏」 の六字名号を造られた。

いくらものすごい功徳の宝があっても、
受け取らなかったら、意味がありません。

どんな病気でも治す、すごい薬が作られても、
飲まなかったら病気は治りません。
同様に、どんなものすごい力のある六字名号があっても、
私がそれを頂かなかったら、意味がありません。

阿弥陀仏は私に与えるために
「南無阿弥陀仏」 を造られた。
私たちは、それを受け取らねばなりません。
阿弥陀仏より頂かねばなりません。

阿弥陀仏から 「南無阿弥陀仏」 の名号を頂いたことを、
「信心獲得」 というのです。

この 「南無阿弥陀仏」 というのが 「仏心」 です。
その 「仏心」 を頂いたのが 「信心獲得」。

「獲得」 というのは、
私のものでなかったものが、
私のものになった、ということ。


阿弥陀仏から 「南無阿弥陀仏」 を頂いて、
私のものになったのが 「信心獲得」。

阿弥陀仏のお手元にある間は 「名号」 といい、
私が頂いて私のものになったのを 「信心」 という。

この信心を 「他力の信心」 と言います。

一念で 「南無阿弥陀仏」 の名号を頂いて、
私のものになったのを、「他力の信心」 とか、
単に 「信心」 といいます。

「信心獲得」
 とも、
「信心決定」
 とも、
「安心決定」
 ともいいます。

一念で信心獲得するまでは、「自力の信心」。
信心獲得した一念からは 「他力の信心」。

一念までは 「自力」 で、
一念以降は 「他力」 です。

「自力」 と 「他力」 は、
この 「一念」 で水際が立つのです。

阿弥陀仏が、どんな人も絶対の幸福に助ける力のある
「南無阿弥陀仏」 を造られたのは、
すべての人に与えるためです。

阿弥陀仏は、すべての人に与えて、
助けるために六字名号を造られた。

実は、お釈迦さまの説かれた仏教は、
この 「南無阿弥陀仏」 をすべての人に
受け取らせるために説かれたものです。



 一切の聖教というも、ただ南無阿弥陀仏の六字を信ぜしめんがためなり。

   (御文章)




「一切の聖教」 とは、 「一切経」 のこと。
釈迦が45年説かれた教えのすべて。

「南無阿弥陀仏の六字を信ぜしめんがため」
とは、南無阿弥陀仏の六字を受け取らせるため。

仏教は、 「南無阿弥陀仏」 の解説書なのです。

どんな人に与えるために造られたのか。
どのような功徳、働きがあるか。
どうやって受け取るか。
受け取ったらどうなるか。

釈迦が仏教を説かれた目的は、
私たちに 「南無阿弥陀仏」 を受け取らせるため、
だったのです。
それしか教えられていないのです。


長くなるので、続きは次回。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。