スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破闇満願(二)

2014年11月5日(水)    74.6 kg  21.6 % 


=== 今日の一日一訓 ===


 あなたのタネまきには、
 すごい力がある。

  人がみていなくてもいいじゃない。
  小さなタネまきでもいいじゃない。
  善いことは、どんどんやりましょう♪




親鸞聖人の教えを学んでいます。


「破闇満願」
 について続けます。


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★

「破闇満願」
 は、
阿弥陀仏が私たちに与える為に造られた
「南無阿弥陀仏」の六字名号の働きを、
漢字四字であらわされたお言葉です。

親鸞聖人は、「南無阿弥陀仏」 を

 「難度海を度する大船」


とおっしゃって、早くこの船に乗りなさい、
と生涯教え勧められました。

「大きな船」
 とはどういう意味か。
どんな人でも、どれだけでも乗れる。
平等に、すべての人が乗れる、乗せていただける。

この船は、 ありのままで 乗せて頂ける。
乗る前と乗った後で、私は全く変わらない。

仏教を聞く目的は、
この大船に乗るため。


この大船に乗せて頂く一つで、
「破闇満願」 の身になれる。

この世は絶対の幸福に生かされ、
「人間に生れてよかった」という生命の歓喜を得て、
そして、死後は弥陀の浄土まで渡して下される。

どうすれば大船に乗れるのか。


私はこんな者ですが乗せて頂けるでしょうか?
こんな欲が深い、ねたみそねみの愚痴ばかりでも、
乗せて頂けるのか?
そんなふうに思っている。

● 欲が深い。
● 怒り、腹立ちの心ばかり。
● ねたみそねみが深い。
● 真剣に聞けない、一生懸命にならない


こんなふうに思っている。

仏法はいつまでも聞けません。
先日の御嶽山の噴火で多くの方が亡くなられた。
自分もいつそうなるかわからない。
いつ、どんな死に方をするかわからない。

早く後生の一大事解決せねばならないのに、
全く急ごうとしない。真剣になれない私。
損した得したという話にはすぐに真剣になるのに、
後生の一大事には真剣にならない。
そんな私が、この船に乗せて頂けるのか。

そんな者がすべての人の姿。
欲、怒り、愚痴ばかりで、
急ぐべからざることを急ぎ、
真剣になるべきことに真剣にならない。

そんな者のために、阿弥陀仏が
「南無阿弥陀仏」 の大船を造られたのです。

阿弥陀仏は、すべての人を

 「煩悩具足の凡夫」


とみてとられています。

先にあげたような、欲、怒り、愚痴のかたまりで、
どうでもいいことを急ぎ、
急ぐべきことに真剣にならない者。

そんな者を乗せるために、
大船を造られたのです。
100%煩悩の者を助けるために、
阿弥陀仏は大船を造られた。

欲、怒り、愚痴ばかりで、真剣になれない心。
なぜ後生の一大事に驚く心が起きないのか?
それが煩悩です。

おつとめの時、他事ばかり考える。
おつとめすると、忘れ物を思い出す。
真剣におつとめできない。
心が散り乱れている。
すべて煩悩のしわざ。


真剣にお勤めしようとすると、
他事ばかり考えて、真剣になれない心が知らされる。
こんな心で、大船に乗せて頂けるのか、と考える。
これが煩悩。

今晩ともしれぬ命なのに、真剣にならない心。
死んだらどうなるかわからない心。
どうすれば真剣になれるのか、と悩む心。
これすべて煩悩。

「そんな者を助ける」 ために
阿弥陀仏が造られたのが大船。

そんな者が大船に乗ったら、何が変わるのか。
10トンの石は、海に沈む。
しかし、船に乗れば沈まない。
でも、石は10トンのまま。
なにも変わらない。
10トンのものは10トン。

ここが、親鸞聖人が 「南無阿弥陀仏」 を
大きな船に例えられたところ。
よく知らねばなりません。

煩悩を何とか変えて船に乗ろう、
と思っているとすれば、それは、
自分でなんとかなれると思っている心。
10トンの石を、8トンや5トンにできる、
と思っている心。
そうすれば船に乗れると思っている心。

阿弥陀仏は10トンの石と見抜かれて、
そんな者をそのまま助ける時は、
どうすればいいかと考えられて、
大きな船を造られた。

なのに、 「なんとかすれば」 と思っている。
真剣になれる自分だと自惚れて、真剣になろうとする。
100%煩悩なのに、99%くらいに思っている。
そして、何とかすれば何とかなれる、と思っている。

阿弥陀仏は、そんなこともすべて見抜かれて、
「南無阿弥陀仏」 をつくられた。

本気になれば、なんとかなれると思っている。
阿弥陀仏は、 「そのまま乗せる」 と仰っている。

「このままとは仰るけれど・・・・・・。」
「何とかしないと・・・・・・。」

そんなことばかり考えている。

何とかなれるなら、煩悩具足ではない。

ぜんぶ見抜かれて、阿弥陀仏は
「南無阿弥陀仏」 をつくられた。
文句のいいようがない。

阿弥陀仏はぜんぶ見抜かれている。
私のことをすべて知り抜かれた上で、
そんな者を助けてみせる、と。

「そういう私でございましたか!」
と知らされたときが、闇が破れたとき。

何とかすれば、何とかなれると思っているのが 「闇」。
そういう私とハッキリ知らされたのが、「闇」 が破れたとき。

大船まで泳いでいって、
縄はしごを上って、
大船に乗れると思っている。
それが 「闇」 の心。

ところが阿弥陀仏は、
聞く耳もない、見る目もない、泳ぐ力もない、
「そんな者を必ず助けてみせる」
と誓っておられます。
それが、阿弥陀仏の本願

「そういう本願でございましたか!」
と知らされたのが、船に乗ったとき。

私たちは乗る気もない。
目も見えない。
声は聞こえても、ぜんぜんわからない。
そんな者が煩悩具足の凡夫。

それがハッキリ知らされたときが、
闇が破られたとき。

それは、 「一念」 です。
一念で闇は破られ、ハッキリ知らされます。

船を造って下されたのも阿弥陀仏。
乗せて下されるのも阿弥陀仏。

それなのに、自分で乗れると思っている。
真剣になれると思っている。
ぜんぜんわかっていない。


「南無」 の二字に、乗せて下さる働きがある。
「南無」 の二字で、破闇。
「阿弥陀仏」 の四字に、満願の働きがある。
これみな 「南無阿弥陀仏」 の六字の中にある。

船造られたのも阿弥陀仏。
乗せて下さるのも阿弥陀仏。
それが 「南無阿弥陀仏」。

なにか文句ある?(笑)
阿弥陀仏の本願に不足があったら、言えばいい。(笑)

「文句の言いようはないんですけれども・・・・・・。」
これが自力、闇。


「仏法は聴聞に極まる」

と言われます。

「南無阿弥陀仏」 は聞く一つで頂けるように
阿弥陀仏が処方されています。

聞いて、聞いて、聞きぬく。

阿弥陀仏の生起・本末に
「疑心あることなし」
と聞いたときが、破闇満願。


そこまで聴聞に極まる。
聞く一つ。

「そういう本願でありましたか!」

「弥陀五劫思惟の願をよくよく案ずれば、
 ひとえに親鸞一人がためなり」
(親鸞聖人)


そこまで聞くんです。

以上。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。