スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『仏法』は年取ってからのもの?

2014年11月28日(金)    ??? kg  ??? % 

仕事で久しぶりにシンガポールに行ってきました♪
行くたびに変化・進化を続けるシンガポール。
すごい国だなぁ、とつくづく思います。
これがこの国の生き続けるための道、なのでしょうね。
日本も学ぶべきことがたくさんある国です。



=== 今日の一日一訓 ===


 優しい言葉をどんんどん使おう。

   




親鸞聖人の教えを学んでいます。



『仏法』
 と聞くと、

 「年取ってからのもの」
 「若いから関係ない」


と思っている人が多いのではないでしょうか。


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★

寺は葬式や法事、墓の管理など死人の後始末ばかりで、
大衆は肝心の教えのないのに泣かされているのが現実。

お金ばかりかかる、
形だけの仏教は無用

という声は、高まる一方です。

しかし、親鸞聖人の説く
「大悲の願船」 は、
限りなくくすんだ人生を、
明るく楽しく渡す大船です。

私たちの命は、つねに崖っぷちに立つ。
医療が延ばすのは、永遠の生命からは瞬間である。
やがて、この世の光がすべて消滅する日がやって来る。

その先どうなるか。


暗黒の世界よりも、明るい無量光明土でありたい。
そんな全人類の熱願に応えて建造された

 「大悲の願船」


なのです。

親鸞聖人は、

 「人間出世の本懐の中の本懐は、
  金でもなければ財でもない。
  名誉でもなければ地位でもない。
  苦しみの波の絶えない海を
  明るく楽しく渡す大悲の願船に乗って、
  “よくぞ人間に生れたものぞ!”
  の生命の歓喜を得て、
  永久の幸福に生きることである」


と喝破されています。
かくて乗船記に、こう披瀝される。

 “大悲の願船に乗って見る人生の海は、
  千波万波きらめく明るい広海ではないか。
  順風に帆をあげる航海のように、
  なんと生きるとは素晴らしいことなのか”


親鸞聖人の、大悲の願船に招かれる、熱い悲願なのです。



  大悲の願船に乗じて
  光明の広海に浮かびぬれば、
  至徳の風静に、衆禍の波転ず。

  (『教行信証』)





親鸞聖人の教えは、老いも若きも関係ありません。
まさに 『老少不定』 です。



★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 気になる!
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。