スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分探し

2009年6月14日(日) 体重68.4kg 体脂肪19.4%

哲学続きで、今日は、本のご紹介。

  「男のための 自分探し」 (伊藤健太郎著)

哲学の本ですが、とっても面白いし、とっても読みやすい本です。

せっかくですから、今日はその 「はじめに」 と 「あとがき」 をご紹介しますね。

~ はじめに ~

哲学2000年を右手に、現代科学は左手に、生きる意味と本当の私を探します。

 生きるとは?
 私とは?
 何のために働くの?
 なぜ私がいるのか?
 本当の幸せはどこに?
 自分らしく生きるとは?


永遠の問いに、21世紀の学問「科学哲学」で迫ります。

キーワードは、愛、性、結婚。

「本当の自分を知りたい」
「本当の自分になりたい」
という 「自分探し」 は、かつては若者に特有の現象でしたが、中年層にも広がり、そのブームは衰えていません。

書店には、自己を知るための心理学や占いの本、就職マニュアルがあふれています。自分を見つめ直すために、インドに行ったり、ヨーロッパを1周したり、中には毎日テロが続く危険な地に行って、痛ましい最期を遂げた人もあります。

フリーターは増え続け、150万とも300万ともいわれますが、彼らもよく「本当にやりたいことを見つけたい」と口にします。これも一種の自分探しでしょう。

 なぜ、人は「自分探し」をするのでしょうか。

「今の自分は、本当の自分ではない」と感じるからです。
「こんな生活のまま一生を終えて、よいのだろうか。もっと、やるべきことがあるのでは」
「好きなことをやっているのに、何かが足りない。心から満足できることをしたい。だけど見えない」

そんな、ぼんやりした不満を持っている人が、
「どこかに、本当に私が求めているものがあるはずだ。真の人生があるはずだ」
と思って、自分探しを始めるのです。

自分探しをする人は、むなしさとも、寂しさとも、退屈とも形容し難い、奥底の暗がりに気づいた人です。
「本当の自分」を探すとは、「これをすれば本当に満足できる」という、「本当の幸せ」を探すことなのです。

なぜ「自分探し」に出口が見つからないのか。一体、何を探そうとしているのか、肝心なことが不明瞭だからです。目的地が分からぬまま歩いても、永久にゴールはありません。「自分探し」とは何を探すことなのか、「自分探し」という言葉の「意味」を探すべきでしょう。

 問う前に「問い」を問え。

これが20世紀最大の哲学者、ウィトゲンシュタインが教えてくれたことです。
「そんなことゴチャゴチャ考えるより、汗水たらして働け」と言う人もあるかもしれませんが、「自分探し」は決して若者の甘えた悩みではありません。

ウィトゲンシュタインは、「人生に問題を感じない人は、なにか大切なこと、いや、もっとも大切なことが、みえないのではないか」と言っています。

私の人生に、どんな問題が隠れているのでしょうか。

=========================

~ あとがき ~

なぜ 「自分探し」 に哲学が必要なのか

本書の目的は、「自分探し」 を哲学することです。
そもそも自分探しとは、何を探すことなのでしょうか。
自分探しとは、どんな問いか。問いの意味を、本書では明らかにしました。
自分が何を探しているのか、目的地がハッキリしていなければ、歩けば歩くほど、本当の自分からは遠ざかってしまうからです。

ほとんどの人は、自分や世界についての考えが混乱しています。哲学の最大の効用は、私たちの思考を明確にすることでしょう。哲学では、答えを出すことと同じくらい、問いを整理することが重視されます。 自分が何を知ろうとしているのか、問題が浮き彫りになれば、それで哲学の仕事は半分終わったようなものです。

「半分」と言ったのは、問いの意味が分かったことは、探求の出発点に過ぎないからです。

哲学は「答え」ではありません。知を愛し「問う」ことです。
  →ここ、昨日のwwpowerさんのコメントへの返事で使わせていただきました♪

本書はこのようなつたない内容ではありますが、筆者の独力で成立したものでないことは言をまちません。恩師に深謝いたします。

擱筆すべき時が来ました。

私は哲学を示すために。
あなたは哲学を始めるために。


平成20年8月
 理知の万人に幸福を照らす日を期して
                          著者
===========================

とっても面白い、でもとっても考えさせられる。
まさに哲学の本。
そして、”哲学の限界”を明確に示された本でした。
ぜひおすすめ、の本です。

  今日もここ、ポチっと押してくださいね♪
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
          にほんブログ村

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

Comment

哲学♪

何故、私は私なのか。
何故、私は、ここにいるのか。
私は、将来、どこにいるのか。

哲学ですねえ。

何故、私は、便秘なのか(笑)

水分を見落としてました。
有難うございます★

人生は自分探しの旅なのかもしれませんね。
現状に満足してはそこで成長が止まる。
ただ家族のことなどを考えると、冒険もできないし満足するしかないということもあるかもしれません。

何故、私は仕事が決まらないのか(笑)

深い。。

深いですよ。
よく、「自分のことはよく見えない」
とか「自分のことは自分が一番知っている」
など真逆の言葉を耳にします。

前者のたとえは。。
自分で自分を見ることは不可能だ。鏡で見ても、それは映った姿で、真実の姿ではない。
だったりw

後者だと
ある意味自己中心的になるのでしょうか?
自分の所作で人を傷つけていることに気づかない。。みたいな。。

いや、自己反省しました。

ポチッとな( ´Д`)σ

自分のことは、よく分っているつもりでも、
実はまったく分っていない。
人のことなら、よく分るのですが、情けないことです。

wahoomenさん Re: 哲学♪

コメントありがとうございます。

なんのために生まれてきたのか。
なんのために生きるのか。
なぜ生きねばならないのか。

哲学、難しく感じますが、これはとても大切なことです。

> 何故、私は、便秘なのか(笑)
なぜでしょう?(笑)

noaruuさん Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

> 人生は自分探しの旅なのかもしれませんね。
まさにそのとおりだと思います。
私は誰?どこから来て、どこに行くのか?

人間存在の根本的な問いですね。

> 何故、私は仕事が決まらないのか(笑)
なぜでしょう???
厳しいと思いますが、就職活動がんばって!!

修一さん Re: 深い。。

コメントありがとうございます。

深いですよね。
問いは単純。でもその答えは容易ではなく、深い。
でも、人間としての存在意義として、これ以上大切なことはないと思います。

「自分探し」、しっかりしたいと思います。

wasedamanさん Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

自分のこと、わかっているつもりなのですが、さっぱりわからない、というのも事実です。
Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。