スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親鸞聖人 ~信心決定すると煩悩はなくなる?~

2009年7月13日(月) 体重69.8kg 体脂肪20.2%


親鸞聖人29歳のとき、法然上人のご教導により、阿弥陀仏の本願に救い摂られました。

阿弥陀仏の本願に救い摂られて、

 ”後生の一大事”


 ”後生暗い心”


 ”無明業障の恐ろしき病”


 ”心の病”

は完全に解決せられました。

阿弥陀仏の本願に救われたことを、

  信心決定 (しんじんけつじょう)

とか、

  信心獲得 (しんじんぎゃくとく)

といいます。

さて、信心決定した人は、”煩悩” はどうなるのでしょうか?

なくなるのでしょうか? なくならないのか? 変わるのか? 変わらないのか?

今日も 高森顕徹先生 から教えていただきます。
以下、「こんなことが知りたい①」からの引用です。



蓮如上人が 『御文章』 に、

  「三世の業障一時に罪消えて」

とおっしゃっています。

この一念で消える罪とは、欲や、怒りや、愚痴、いわゆる煩悩や悪業のことではないのです。

一般の仏教では、煩悩や悪業を最もおそろしい罪悪といいますが、

浄土真宗では、阿弥陀仏の本願を疑う心程おそろしい罪はないのです。

今まで、私たちが迷い苦しんで来たのも、

現に苦悩渦巻いているのも、

未来また無限の苦患を受けなければならぬのも、

その原因(罪)は、阿弥陀仏の本願を疑う心ただ一つによるのです。

『正信偈』に、

 「生死輪転の家に還来するは

      決するに疑情をもって所止と為す」

とか、

『和讃』に、

 「仏智、疑う罪深し」

とおっしゃっているのも、みなそのことなのです。

阿弥陀仏の本願を疑う心を ”自力の心” とも申します。

この心は種々な相になってあらわれます。

 「ああはおっしゃれども、本当かしら」

 「ひょっとしたら助からんのではなかろうか」

 「もう少しなんとかなれそうなものだ」

 「なんとかなりたい」

 「もう少しハッキリしたい」


このような心は、みんな阿弥陀仏の本願を疑っている心です。

しかもこの心、この罪一つによって三世を流転するのだと親鸞聖人は教えられています。

この罪は人を千人殺したよりも、父母を殺害した罪よりも、もっともっと怖ろしい罪なのです。

この疑心が晴れない限り、何人と雖も絶対に助かるということがありません。

ツユチリ程でもこの疑心あっては助からない、と蓮如上人は教えていられる通りです。

欲や怒りや、愚痴や殺生や邪淫業の罪で流転するのではないのです。

我々が聞法精進するのは、この三世を迷わす本願疑惑心自力疑心を打ち破る為のものです。

その外に聞法の目的はありません。

生命をかけて聞法する者には、阿弥陀仏の呼び声が心底に響き渡って聞える時があります。

この時を ”一念発起” と申します。

その一念に今まで張りつめていた本願疑惑の一切が晴れ渡り、

  明信仏智 (みょうしんぶっち)

  破闇満願 (はあんまんがん)

ツユチリの疑心もなく晴れ渡りますから、

三世の業障が一時に罪消える、とおっしゃったのです。

それからは、煩悩や悪業は随犯随懺照らされ知らされて、

 煩悩即菩提 (ぼんのうそくぼだい)

と喜びの源泉と変わりますが、

煩悩や身口意の三業で造る悪業は減りも増えもしません。

勿論、無くなるものではありません。

親鸞聖人が『和讃』に、

  ”罪障功徳の体となる

      氷と水の如くにて

   氷多きに水多し

      障り多きに徳多し”

とお喜びになった心もそこにあります。



  ”しぶ柿の しぶがそのまま 甘みかな”


阿弥陀仏の本願に救われた境地、煩悩即菩提、絶対の幸福を歌われたものです。



v(^^) v(^^) v(^^) v(^^) v(^^) v(^^) v(^^) v(^^) v(^^) v(^^)

またもや、写真撮る前にごはん食べちゃった!(笑)
食べ終わってから気づくんですよねぇ。
ちなみに、今日のメインは、肉じゃがでしたよ。 すっげ~、おいしかった♪

・ごはん、しめじのお吸い物、納豆
・トマト&レタスのサラダ
・インゲン豆?
・肉じゃが
・ジェイソン・ウィンターズ・ティー

というわけで、やはり最近読んだ本のご紹介。 (先週読み終わったかな。)

会計天国

会計、お金のお話ですねぇ。
会社の財務とか経理とか、さっぱりわからないので、少しでもわかりやすく、面白く、楽しく、教えてくれる本ないかなぁ、と思ってたら、こんな本がありました。
小説みたいで、物語形式で、面白かったですよ。
でも、決算書とか、いろいろ出てきたけど、すべては理解できなかった。
もう一回読み直さなおしてみようと思ってます。


ランキングに参加してます♪
ここポチっと押してくださいませ~!

   ↓   ↓   ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


毎日、ぜひ読んでほしい wasedamanさん のブログ。 今日は、

 → 親の大恩③ 生子忘憂の恩


【一部抜粋です】

「親」という漢字は、「木」の上に「立」って「見」る、 と書く。


 この中には、子を思う親心が込められている。

 例えば、子供の帰りが遅いと、親は非常に心配になる。

 「学校で何かあったのか?」

 「まさか、交通事故に遭ったのでは?」

 時間がたつにつれて、悪いほうへ悪いほうへと考えてしまう。

 とても家の中で、じっとしておれるはずがない。

 玄関で背伸びをして、「まだか、まだか」と待ち続ける。

 もし、近くに木があれば、少しでも高い所へ登って、

              我が子を捜したい心境になるものだ。


 「親」の一字は、

   我が子の安否を気づかう、切ないまでの親心、そのものである。


 (続きは、wasedamanさんのブログを読みに行ってね~♪)


テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

Comment

全て

言霊という言葉があるように
言葉には意味も思いもありますよねぇ
発する言葉の重みを感じないといけないですね。。
今の日本は軽いな。。

ポチッとな( ´Д`)σ

修一さん Re: 全て

おはようございます。
コメントありがとうございます。

> 言霊という言葉があるように
> 言葉には意味も思いもありますよねぇ
> 発する言葉の重みを感じないといけないですね。。
> 今の日本は軽いな。。


私の記事の「すべて」に対してのコメントと受け取りました。
確かに私自身は随所に軽いところが多く、反省すべきところが多いです。
はい、反省します。

記事全体に対して、”軽い”と言われているのか、
”言葉に重みがある”と言われているのか、ちょっと理解できず。。。

修一さんのコメントの真意が理解しきれません。
補足していただけると有難いです。
おバカなJJSGの為、よろしくお願いします。

JJSGさん
こんばんわ。

今wasedamanさんのブログに行ってきました♪
親と子の結びつきはスゴイものですね。

「会計天国」
おもしろそうな本ですね。
こうやって読んだ本をブログに書くのもいいですね♪

本願疑惑心、自力疑心を打ち破るのは並大抵のことではできなさそうですね。
どんなに信じていても、心のどこかに疑いの心というのは残っていそう。

小雪さん Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

> 今wasedamanさんのブログに行ってきました♪
お疲れ様です!

> 「会計天国」
> おもしろそうな本ですね。

面白くて、難しい本ですよ(笑)
これ一冊じゃ不十分な気がします。
入り口としては、いいのかな、という感じですね。
もう一回読んで、その後、もう一歩踏み込んだ本にチャレンジします!

noaruuさん Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

めずらしくJJSG妻から離れたコメントですね(笑)
足の写真がないから、つまんないですか?(笑)

本文へのストレートなコメントで、とてもうれしいです。

> 本願疑惑心、自力疑心を打ち破るのは並大抵のことではできなさそうですね。
> どんなに信じていても、心のどこかに疑いの心というのは残っていそう。


信じる=疑う

ですからね。
疑いようのない明らかなことは、信じる必要がないですよね。
疑っているから、信じる、となるんですよね。
自力の間は、この疑いの心はなくなりません。
だから、自力を捨てよ、と言われます。

一切の自力を捨てて、阿弥陀仏一仏をタノメ、と教えられます。

そう言われても、自分で自力を捨てることはできません。
どんなにがんばっても、自分の力で自力はすたりません。

仏法を真剣に聞いていくと、罪悪深重の自己の姿が知らされてきます。
そして、自力は一切間に合わなかったと、助かる縁手掛かりが断ち切られ、無間のどん底に突き落とされたとき、

 そのまま助けるぞ~!

と阿弥陀仏のじかの呼び声が腹底を突き抜け、
無明の闇が破られ、自力がすたります。
自力がすたり、他力に帰します。
だから、捨自帰他の教え、と言われます。

自力がすたるのと、他力に帰するのは一念同時です。

自分の力で自力がすたるのではありません。
自分の力で疑いの心が無くなるのではありません。
自分の力で無明の闇が破れるのではありません。

すべて阿弥陀仏のお力によってです。
自力がすたるのも、他力に帰するのも、すべて阿弥陀仏の一人働きです。
他力とは、阿弥陀仏のお力のことです。
他人の力、ではありませんよ。

ですから、他力になるまで、他力を聞きぬきましょう、と教えてくださいます。

自力一杯求めたものでなければ、自力は何一つ間に合わなかったと、実地で知らされません。
真剣に、一生懸命求めたものにだけ、知らされることです。
因果の道理に狂いはありません。

親鸞聖人は、真剣にならない自己を知らされ、泣かれたのです。

私たちも自分の人生を真剣に考えねば、と思います。
短い人生です。
真剣に人生を考え、自己の死をみつめ、精一杯聞き求めたいと思います。
怠け者で、横着者で、なかなか真剣になれませんが・・・。

ありがとうございました。

いつもブログを紹介してくださり、ありがたく
思います。
書きながら、亡き父のこと、闘病中の母のことを
思い出し、不孝者であった、と悔やんでいます。
母に精一杯、伝えたいです。
日本は、選挙のことが何かと話題になっています。
また、無常の厳しさが知らされるニュースも
多いです。
富士登山の男性を大きな岩が直撃、亡くなられた、
という事故には驚きました。
明日は、我が身と心得て進みます。

言葉足らずで

「今の日本」で締めているように、
今の国内は軽い人が多く、自分も失敗すること多し。。です。
で、私の周囲でも同様で。。
JJSGさんの記事を読ませていただくと、そんなことに気づかされるんです。
ですので、貴殿の言葉が軽いという意味ではありません。

こんばんは★
先ほどは、JJSGさん・ご推奨の
健康法をご案内いただき、有難うございました。
是非、じっくり拝見させて頂きます。

それにしても、今日のご飯も、絶妙なバランス
ですねー。

wasedamanさん Re: タイトルなし

コメントありがとうございます♪

wasedamanさんのブログは、たくさんの方に続けて読んでほしいんです。
もっともっと広めたいです。
どうすればもっと広まるかなぁ、と考えてます。
私、あまり知恵がないので、今のところ、体力勝負的な方法で展開しております。(笑)

親孝行は出来難く、後悔しがちなんですよねぇ。
両親健在ですから、精一杯親孝行せねば、と思います。

> 明日は、我が身と心得て進みます。
無常。
私も、明日は我が身です。
怖いです。

修一さん Re: 言葉足らずで

コメント2 ありがとうございます。

理解できました!
ありがとうございました。
私自身、実際に軽いノリや軽い言葉は多いものですから、反省しております。
根はマジメ?なんだろうけど、そんな自分を隠してしまう自分もいるんですよねぇ。
どっちが本当の自分なのか、よくわからなくなるときがあります。

ありがとうございました。

wahoomenさん Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

私もまだお試し段階ですので!
コメント下さった井手さんにご紹介いただいたので、
間違いないと思います。
私も根本的な健康体を目指して、がんばろうと思ってます。

今度、ブログ本文で紹介させていただこうと思います。

バランスの食事には自信ありますよ。
なんせ、JJSG妻のお手製ですからね~♪
Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。