スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命がけの聞法

2009年9月29日(火)  体重67.0kg 体脂肪19.0%




鈴虫  「どうか、阿弥陀如来の本願をお聞かせ下さい。

      一日も早く、この魂の解決しとうございます」



安楽房 「いや、しばらくお待ち下さい。

       ここには、私と住蓮しか・・・・・・」



鈴虫  「ご迷惑をかけ、申し訳ありません。

      せめて、一言なりと」



松虫  「今、聞かせて頂かねば、今宵の後生に間に合いません。

      どうか!」



真夜中に鹿ケ谷の寺の戸を叩いたのは、鬱蒼と生い茂る林を抜け、

イバラに身を切られながら参じた、松虫と鈴虫でした。

宮中の若い女性が二人、夜中に若い僧しかおらぬ寺へ行くなど、

見つかれば世間からどういう目でみられ、どんな厳しい処分が下るか分からない。

帝(ミカド)の逆鱗に触れること、重々承知のはずの二人が、

なぜ、世の禁を破ってまで仏法を聞きに行かずにおれなかったのか。

それはひとえに、


 後生の一大事を解決せんがため


であったのです。

では、後生の一大事とは何か。


 仏法を聞く目的は、後生の一大事の解決に極まる。


これはあらゆる経典や御聖教に教えることです。

後生とは、「後に生まれる」 と書き、「死んだ後」 のことですが、

死後というと、30年も50年も先のことのように思う人があります。

また、自分と関係の無いことのように思う人もいますが、とんでもない考え違いです。

吸った息が吐き出せない時、吐いた息が吸えなかった時が、もうその人の後生です。

お釈迦さまは


 「出息入息 不待命終」


と教えておられます。


 出る息は 入る息を待たずして 命 終わる。


だから、一息一息が取り返しのつかない価値を持ち、吸う息、吐く息が後生と密着している。

こんな切りつめた現実問題はないのです。

今晩とも知れぬ命を、蓮如上人は、


 「仏法には、明日という日はない」


とまで仰有っています。


しかし、迷いの深いわたしたちは、この厳粛な事実を忘れて、

名誉を追って走り、財産を得ようと争い、

愛欲に溺れて喜び、酒に飲まれて騒いでいる。


宮廷の生活にはきっといいことがあると思って来た、松虫と鈴虫であったが、

あるのは妬みや嫉妬ばかり。


全くあてにならないシャボン玉のような楽しみに希望をつなぎ、

罪悪を積み重ねる人間の姿をまざまざと見た時、

一息切れた足下に迫る一大事に驚きたったのです。




 曽無一善 
(ぞうむいちぜん: 未だかつて一善も無し)
 


 一生造悪 
(いっしょうぞうあく)



が我々人間の実相であるなら、


 ”善因善果 悪因悪果 自因自果”


の 因果の道理 に順じて、必ず無間地獄へ堕ちる。

これを釈尊は、


 必堕無間
 (ひつだむけん: 必ず 無間地獄に 堕ちる)



と説かれています。


  念仏誹謗の有情は

     阿鼻地獄に堕在して

  八万劫中大苦悩

    ひまなく受くぞと説きたもう

  (親鸞聖人)


五十年、百年の問題ではない。

八万劫中、無間地獄の大苦悩を受けつづけねばならない一大事なのです。

(一劫=4億3千2百万年。 八万劫とはその八万倍。 途方もない長い期間です。。。)

だからこそ、


  たとい大千世界に

      満てらん火をも過ぎゆきて

   仏の御名を聞く人は

        永く不退にかなうなり


と親鸞聖人は真剣な聞法を勧められ、蓮如上人は、


  火の中を

    分けても法は聞くべきに

      雨風雪はものの数かは


と教えられています。

一大事の後生に驚いた松虫、鈴虫は、決死の聞法をせずにおれなかったのです。


 「いずれの行も及び難き身なれば、

     とても地獄は一定住みかぞかし」

 (歎異抄)


の親鸞聖人のお言葉は、この仏説を体験なされた悲痛な叫びです。


宮中の女性たちが憧憬する、帝の寵愛を一身に受けてなお、

苦しまねばならぬ人生の実相に気づき、

念々に迫る後生の一大事を知らされた松虫と鈴虫。

世間の目に、二人の行動は、

倫理を無視した住蓮、安楽への恋慕の情としか映らない。

しかし、後生の一大事に驚き、その解決をかけた、

命懸けの聞法だったのです。



最後に、昨日、kittyさん に教えていただきました、蓮如上人の このお言葉を 紹介します。


 後生という事は、

 ながき世まで地獄におつることなれば、

 いかにもいそぎ

 後生の一大事を思いとりて、

 弥陀の本願をたのみ、

 他力の信心を決定すべし。 

                  (帖外御文)






今日も、おひとつ、クリックいただけますと、うれしいです♪

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

ありがとうございました。


テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

Comment

No title

八万劫と言うのは、例えを変えれば
落語「寿限無」に出てくる「五劫の擦りきれ」というヤツですね。
別に茶化してるわけじゃなくて
これって、法華経のイントロから引用したありがたい話ですからね。
法華経を読むと、シューリンガンもグーリンダイも出てくるからビックリしますが、大笑いしながら「法華経」を読む罰当たりは僕だけではないと思います。

と、こういう事も「仏教」を身近にする「興味深い」話になるのではありませんか?

それはともかく、他力本願の人は
何かというと、すぐ地獄を持ち出して「脅す」のはどうなのかなぁ?
室町時代じゃないんだから、科学の発達した現代にはちょっと無理があるのでは?と、僕なんかは思います。

むしろ、物欲にまみれた「生き地獄」の現世には
「息」の話から、「色即是空」「一期一会」などへ誘導する方が、説得力があるのでは?などと、要らぬお節介でした。(苦笑)

ところで、僕は癌患者で身体障害者です。
どちらも「辛い」と思い始めたら、やる切れなくなりますから
プラス思考で生きています。

健常者にはなかなか理解しがたいことですがが
僕たち癌患者の世界は、文字通り「生き地獄」です。
ある日突然、自分の細胞が「変身」して、自分を攻撃し始める。
元々自分の細胞だから、ガンを攻撃すれば、自分の命も危ない・・・。
たとえ治っても、いつも再発や転移に怯えている。
そして、家系にガンがあると知れたら
会社を首になる、出世に響く、結婚にも響くと
ひた隠しに隠す風潮が、この国にはまだまだ根強く残っている・・・。

僕のブログには、ご家族が「余命宣告」された方もやってこられます。
僕だけではどうにもならない場合も、多々あります。
そんな時には、助けてくださいね。

No title

むずかしいお話しですが毎日読んでます。
なんとなくわかるような、、、というレベルです。
少しずつ理解していけるようになるといいなぁ~。

癌ダム4Gさん Re: No title

コメントありがとうございます。

お釈迦様の教えられたこと、仏教は、普遍の真理ですから、場所や時代が変わったからといって、変わるものではないですよね。
だから、科学が発達したからとか、時代が違うとか、場所が違うとか、そういったことにかかわらず、変わることの無い真実です。

お釈迦様は、決して「脅し」で地獄と教えられたのではありません。
もちろん、お釈迦様の教えをそのまま教えられた法然上人も親鸞聖人も蓮如上人も、「脅し」で地獄と教えられたわけではありません。

仏教の根幹である、因果の道理に順じて、悪しかできないのであれば、悪い結果、苦しみの世界、地獄に生まれねばならない。
神様やなにかが決めたのではない。
自分自身の種まきによって、自分自身が造り出した世界に生まれていく、と教えられています。

「火の車 造る大工はなけれども 己が造りて 己が乗りゆく」

仏教を聞かねば、仏教を信じなければ、地獄に堕ちるぞ!

と脅されたのではなくて、死後に大変な一大事が現存するから、早くその一大事に気づいてほしい。
その解決方法があるから、早く解決してほしい、と命がけで仏教を教えられ、伝えてくださったのですよね。

癌そして身体の障害と前向きに闘っておられる姿は、多くの方のはげみになると思います。
私もいつ病気になり、死と真正面から向き合わねばならないかわかりません。
自分のこととしてとらえ、考えていきたいと思います。

私には人を助ける力などありませんが、仏教、親鸞聖人のみ教えを一人でも多くの方にお伝えしたいと思います。

yocoさん Re: No title

コメントありがとうございます。

難しく書いてしまって、すみません。
わかっていただけるように、努めてはいますが、わかりやすく書くということが、なかなか難しくて。。。
力不足です!

毎日読んでくださっているとのこと。
私にとっては、この上ない喜びです♪
ありがとうございます。

わかりやすく書くことを心がけます。
ぜひ、続けて読んでくださいね。

なにかわからないこと、知りたいことなどありましたら、
なんでも質問やコメントくださいね。

ありがとうございました。
Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。