スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三通りの殺生罪

2009年11月13日(金)  体重67.8kg  体脂肪19.0%



仏教では、生きものの殺し方に三通りあると教えられています。



○自殺 (じさつ) ・・・ 自分で生き物を殺す

○他殺 (たさつ)・・・ 他人に命じて殺す

○随喜同業 (ずいきどうごう) ・・・ 殺生を喜ぶ者は同罪



まず、自殺 とは、一般的にいわれる自殺ではありません。

自らの手を血に染めて、生き物を殺す罪をいいます。

食肉処理業の人は、自殺をしていることになります。


次の 他殺 は、これも一般に言われる他殺ではありません。

自分の手では殺さないが、他人に命じて殺させることをいいます。

これは、自分が手を下したのと同じ罪になります。

肉を加工したり、魚を捕って暮らしている人がいるのは、それを買う人がいるからに違いありません。

肉屋や魚屋で買って食べる者こそ、それらの人に殺生させているのだから、他殺になります。

自らの手で、牛や豚や魚を殺しているのと同じ罪を造っているのです。


さらに仏法では、随喜同業 といい、他人が殺生しているのを見て、楽しむ心があれば同罪だと教えられています。

釣りを楽しんでいる人の側へ行って、「結構、釣れてますなぁ」 とほめれば、随喜同業です。


志賀直哉の 『城の崎にて』 は、兵庫県の城崎温泉へ湯治に出かけた作者が、ハチやイモリの死に遭い、自分の死を思う小説です。

こんな場面が描かれています。

橋や岸で大勢の人が騒いでいた。 おおきなネズミを川へ投げ込んだのだ。

必死に泳いで逃げようとするネズミの首には、七寸ばかりの魚串が刺し通してあり、頭の上に三寸、のどの下にも三寸ほどそれが出ている。

ネズミが石垣へはいあがろうとすると、子供や車夫が石を投げた。 なかなか当たらず、石は石垣にカチッ、カチッと当たってはね返る。

見物人は大声で笑った。 ネズミは石垣の間にようやく前足をかけるが、魚串につかえ、また水に落ちるのだった。 なんとか助かろうと、また川の真ん中へ。

そこへ容赦なく石が飛んできて、スポッ、スポッと水へ投げ込まれる。
作者はネズミの最期を見る気がしなかった。

よく似た経験はないでしょうか。
笑って見ていた人は、随喜同業になります。

ゴキブリが出てきたとしましょう。
妻は悲鳴をあげ、夫に 「早く殺して~」 と頼む。

「よし」 とばかりに、夫が丸めた新聞紙で叩くと、あっけなくゴキブリは死んでしまった。
それを見た子供たちが、 「お父さん、やった~」 と手を叩いて喜んだとする。

殺した夫は「自殺」、殺させた妻は「他殺」、喜んだ子供たちは「随喜同業」と、一家揃って殺生しているのです。



米や野菜ばかり食べて、肉食しない人はどうでしょうか?



田畑を耕すのに、農薬を散布することは、今日でも少なくないでしょう。

農薬を撒けば、まさに天文学的な数の虫が死ぬのではないでしょうか。

また、農薬を散布しない有機栽培、自然栽培が見直されてきていますが、それでも、農薬に頼らないだけで、どれだけの虫を駆除し、殺しているかわかりません。

その他、道を歩いていても虫を踏むだろうし、車の運転をすれば、虫がぶつかってきます。
殺生しないで生きることは、できないのではないでしょうか。


「そうは言っても、害虫は駆除せねばならないし、肉や魚を食べるのも、

  我々が生きてゆくために仕方ないではないか」


と思う人もいるでしょう。

しかし、生きてゆくために仕方がないから殺しても罪にはならぬ、とはいえません。


それは人間の勝手な理屈、勝手な都合です。


虫でも、殺そうとすれば慌てて逃げます。
死にたくないものを殺すのですから、罪にならないはずがありません。

牛や豚にしても、前述の通りです。

キリスト教では、牛や豚や鶏は、人間の食物として、神が造ったとする。
殺して食べることに罪悪感はない。


仏法では、すべての生命は同根と説かれ、人間も、牛や豚も、虫一匹に至るまで、生命の重さに一切の差別はありません。


浦島太郎は、一匹の亀を助けた理由で、竜宮城での歓待を受けるが、その物語には大きな矛盾が含まれています。

彼の肩には、今まで何百何千の魚の命を奪った、また、これからも奪うであろうところの釣り竿が担がれているのです。

浦島太郎が本当に慈悲深い人なら、まず釣り竿を折るべきでしょう。
しかしそうすれば、明日からたちまち生きてゆけなくなる。。。



親鸞聖人
 「殺生せずして生きてゆけない。 私たちの、どうにもならぬ恐ろしい業なのです」



と聖人も日野左衛門に仰有った。


  殺生だけ考えても、

     報い切れない罪を造り続けているではありませんか。








11.13夕食

【11/13(金)夕食】
・黒豆雑穀ごはん
・味噌汁(豆腐、わかめ)
・豆腐サラダ (トマト、レタス、豆腐)
・黒ゴマふり豚肉セロリ炒め
・辛子明太子
・ゴーヤのお浸し (ゴーヤ、かつおぶし)
・納豆、たくわん



下の3つのランキングに参加してます。
1日1回、どれかおひとつ、クリックして頂けますと、ポイント加算でランキングUPします♪

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ  にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

ありがとうございました。



テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

Comment

No title

ヘルシーで美味しそうな食卓です!
最近、外に出ることが多く、ジャンクなものばかり食べてるような気のする私。
なんだかうらやましいほど素敵なご飯です。

>>
散歩写真、風景撮りの仕方がよくわからなくて・・

勇気凛りんさん Re: No title

コメントありがとうございます。

基本的に、ヘルシーでお願いしております♪
なぜ生きるかが大切だから、健康が大切です。

また来てくださいね~ (^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

サンタさん Re: No title

コメントありがとうございます。
うれしいです。

ぜひまた遊びにいらしてください。
お待ちしております♪

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。