スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カッコいい死に方」 は、名誉欲の産物

2010年7月10日(土)   体重69.8kg   体脂肪20.8%


=== 今日の一日一訓 ===

  己の、たゆまぬ練磨を忘れてはならない


  自己を磨くことこそ、出世の要諦。
  輝く存在になりさえすれば、人も物も自然に集まる。

  己の、たゆまぬ練磨を忘れて、出世のみを追い求むることは、
  かえって失敗の原因となる、と知るべきであろう。




★★★
アニメーション映画 「世界の光 親鸞聖人」 (完結編) を通して、
仏教、親鸞聖人のみ教えを、ご紹介しています。
★★★

死に様の善し悪しと、往生とは全く関係ありません。


よろしければ、下の more... をクリックして、続きを読んで下さいませ。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ




★★★


阿弥陀如来の本願に救い摂られ、真実の信心を獲得し、浄土往生間違いない身になっていても、

死にたい気持ちは毛頭ない。

病気になれば苦しいし、心細くもなる。


親鸞聖人は、 『歎異抄』 第九章に、


   ”浄土へいそぎ参りたき心の無くて、
    いささか所労のこともあれば、
    『死なんずるやらん』 と、心細く覚ゆる”



と述懐なされた。


   ”この世は苦海と言いながら、執着は決して離れない。
    この親鸞の悪性は、なんということか”



と悲嘆なされ、


   ”こんな親鸞が、阿弥陀如来の本願力によって、無碍の一道に救い摂られたとは、
    不可思議な弥陀の願力だったなぁ”



と慶喜なされている。


武田信玄の篤い信頼を得た恵林寺の住持・快川は、 信玄の死後、

天下統一の野望に燃える織田信長の大軍に攻め込まれたが、帰順を拒否し、徹底抗戦した。

激怒した信長軍は、快川ら百余名の僧を山門の楼上に追い込み、火を放つ。

座禅を組んだままの快川が、そのとき言ったと伝えられるのが、


   ”安禅は必ずしも山水を須いず、心頭を滅却すれば火も自ら涼し”



であった。

こう聞くと、特に男性は、


   「このようにカッコよく死にたいものだ」



と思ってもみるが、誰が現場を見たのだろうか。

三島由紀夫が自衛隊駐屯地に乗り込み、割腹自殺をしてみせたのも、

また快川が伝えられる通りに死んだとしても、それは名誉欲でしょう。


「心細くなる」 と仰有った親鸞聖人の方が、正直で人間味があり、

ますます親鸞聖人に、親しみがわくではありませんか。


意地や我慢でその場は通りぬけても、死後に待つ未来は、

この世で造った行い (業) が決定するのです。


私たちは、暗い心で悪い行いしかしていないので、釈尊は、


   ”必堕無間”
  (必ず無間地獄に堕ちる)



と説破なされた。


親鸞聖人もまた、


   ”いずれの行も及び難き身なれば、
    とても地獄は一定すみかぞかし”



と 『歎異抄』 に悲泣され、蓮如上人のお言葉では、


   ”この信心を獲得せずば、極楽には往生せずして、
    無間地獄に堕在すべきものなり”
   (御文章)



とあります。

善知識方はいずれも、

   ”後生の一大事とその解決を急げ”


と説かれています。


   ”死に様がよければ、極楽へ往生しているぞ”


とは教えておられない。


それらを関係づける人の多いことに、人間の迷いの深さが知らされます。




同僚の女性の旦那さんが心臓発作で急死され、昨晩、お通夜に行ってきました。

水曜の夜、家族で一緒に買い物に出かけ、旦那さん一人は車で待っていた。
同僚の女性と二人の子供が車に戻ってみると、その旦那さんはぐったりとして動かない。。。
寝ているかと思って触ると冷たくなっており、揺り動かしても全く反応がない。

何が起こったのかわけがわからず、とにかく近くの医者を呼んだ。
車まで来てもらって診て貰うと、すでに心臓が止まっている。。。
すぐに救急で病院に運ばれたが、ときすでに遅し。。。

45歳の若さでした。

その旦那さんは、私も会ったことがありますが、
いつも笑顔で、明るく楽しく、とっても優しく、とても仲の良い家族。

ついさっきまでピンピンして笑っていた人が、今はもうかえらぬ人。。。
とても信じられませんが、これが現実。

「無常の虎」 は容赦ありません。
決して他人事ではない。 明日は我が身です。 いや、今晩かもしれない。。。



FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

Comment

No title

昭和四十五年、三島由紀夫の割腹自殺は衝撃的でした。
事件当時のことを、覚えていますが、彼の言動を調べると、
年老いることを恐れ、如何にかっこよく死ぬか、の為に
切腹したようです。
真実が分からず、欲の為に無駄に命を捨てた、ということですね。

wasedamanさん Re: No title

コメントありがとうございます。

昭和45年は、私が生まれる前の出来ごとです。
話でしか私は知りませんが、大衆の面前で割腹自殺とは。。。
とてもかっこいいとは思えませんけどね。。。

でも、私もひとのことは言えません。
他人によく思われたい、悪く思われたくない。
恥かかされると腹が立ちますし。。。
名誉欲があるから、縁がきたら、何しでかすか、わかりませんね。

No title

ずいぶん断言した言い方をしていますね。
聞きかじりか深く調べたのかはわかりませんが、勝手な予想で死者を冒涜・・というのはどうかと思います。
故人の思想云々は興味はないですが、これほど勝手に仮説を立てて人を冒涜できるのは何様か、どれほどえらい人間なのかと思いましたので。

sdさん Re: No title

コメントありがとうございます。

ご指摘のこと、以後気をつけていきたいと思います。
Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。