スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の中で殺人の連続

2010年12月2日(木)    68.6kg  20.2%  9,860歩

2010.12.01夕食


=== 今日の一日一訓 ===


 「自分は正しい」 という思いが強いと
  悪意はなくても、相手を怒らせる。


 ちょっとした行き違いや誤解が、怒りの心を生み、
 取り返しのつかない事態に発展することは、よくあることである。


 ( 『まっすぐな生き方』 木村耕一著より )




それでは、今日も引き続き 「王舎城の悲劇」 を通して、
仏教を学んでいきたいと思います。


底の知れない欲が邪魔された時は、瞋恚の鬼となる。

よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ




★★★

「怒」 とは、 「心」 の上に 「奴」 と書きます。

あの奴が邪魔をしたのだ。
あいつさえいなければ、と心の中で相手を八つ裂きにしている。

地獄絵図を見ると、赤鬼、青鬼が、罪人たちを五体バラバラに砕いたり、
鋭い刃物で一分刻みに切り刻んだりしている。

何ともすさまじい光景ですが、私たちと無関係ではありません。

腹を立てたときの私たちの心の底は、
地獄さながらではないでしょうか。

憎い相手を一分刻みにしてやりたいという心はありませんか。

相手が交通事故で五体バラバラになって死んでくれることを
密かに願ってはいないでしょうか。

地獄を見たければ、立腹した時の自己の心底を見ればよい。

知能犯だから、自分の破滅を恐れ、
身にかけて相手を殺すようなことはしません。

かわりに、心の中で、日々、殺人の連続なのです。

仏法は、その心で犯す罪が最も重いと教えられています。

  ”殺るよりも 劣らぬものは 思う罪”

この歌は、それを教えられた歌です。

怒りの次は、 愚痴 の心です。

善因善果、悪因悪果、自因自果 (自業自得)の ”因果の大道理” が分からず、
自分の不幸を他人のせいにしてウラミ、
また他人の幸福をネタミ、ソネム心です。

俗に、 「隣の貧乏、雁の味」 といわれます。
隣が貧乏して、自家が繁栄しているのが、何ともうれしい心をいいます。

逆に、 「隣に倉が建つと、こちらは腹がたつ」 。

隣の成功を素直に喜べず、
火事か災難にでもあってくれればよいと、
とんでもない悪魔の心が動く。

「旅先の火事は大きいほど面白い」

といわれますが、
家財を失って路頭に迷っている人を見て、
表面は気の毒に思いつつも、
心の底ではさほどの同情もなく、
早く鎮火してしまえばガッカリする。。。

そんなみにくい愚痴のかたまりが、私たちの真実の姿です。

★★★

アニメDVD「王舎城の悲劇」



FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

テーマ : 自分らしく生きるために
ジャンル : ライフ

Comment

いつもお世話になっております

ためになるお言葉いつもありがとうございます

応援クリックしておきました

これからもよろしく^^

全く

その通りです。
自分が正しい!と、我を張るから、ケンカになってしまうのです。
そんな時は大きく深呼吸をして、
少し、時間を置くのがいいですね。

No title

はじめまして、

宇宙の目で物事見たい僕です

初期仏教、真言宗、日蓮宗、他にも色々

といいますが、

宇宙の目で見れば、良いものは良いし、悪いものは悪い

だけのことです

いいブログですね。

海外トレーダーさん Re: いつもお世話になっております

コメントありがとうございます♪

いつも読んで下さり、いつも応援して下さり、
ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

白い月の風さん Re: 全く

コメントありがとうございます♪

私も、いつも、ついつい、「自分が正しい!」 と思ってしまいます。。。(><)
自分が間違っている、とはなかなか思えないですね。。。

反省・・・。

(いつも、反省ばかり。。。)

才木広之さん Re: No title

コメントありがとうございます。

宇宙の目ですかぁ。。。
どんな目でしょう。

客観的に観る、ということかな。
大切ですね♪

No title

宇宙の目

あっちもだめ、こっちもだめ、仕方ないからこっちかな

いえいえ、所詮将棋じゃないか、と

どっちに駒を動かそうが、所詮終わりのあるゲームではないかと

緊張したり、恐々駒を動かしたり、ではなく

大いに心楽しい方向に、みんなでやろうじゃないか

どっちに駒を進めたとしても、それでも楽しめるじゃないかと

勝った負けたでなく、大いに将棋をみんなで楽しもうではないか

楽しめるような、将棋をみんなでしようじゃないか

所詮終わりのあるゲームなのだから

すっきり、人生というゲームはおしまいです

なーんにも思い残すことはない、あー楽しかった

では私は、心穏やかに、さいならっと



人生もそのように、といったことです

才木広之さん Re: No title

コメントありがとうございます。

なんだかよくわかりませんが。。。
人生、あれこれ考えず、ひょうひょうと、さらっと、
生きましょう、といった感じですね。

ちなみに、私には、無理です。 あれこれ、考えます。
考えずにおれないからです。

No title

いまの自分の記憶にある幼き頃のことは、もうすでに考えてますね

けどすこーし、あるんじゃないかなと思うんです

自分で、何にも考えずに楽しんでた頃が

ただ、それは今、記憶にないだけで


一人で泣きわめいてたこと、

お母さんが、だっこしてくれたら、一発で泣いてたことなんて、もう忘れてる

そんな記憶にない幼き頃があったと思うのです

そこには理屈がない。

だから、すぐに幸せになれる


食べ物が食べれたら、幸せ

あったかく寝れたら幸せ

そばにだれかがいてくれたら幸せ


理屈なく、幸せを感じられた頃があったと思うのです

また、理屈なく苦しみを感じたこともあったと思います

理屈なく、幸せを感じられるような、生き方がいいと感じてます


食べれたら幸せ、あったかいところで眠れたら幸せ、そばに誰かいてくれたら幸せ。素直に、幸せを感じられた頃があったと思うのです

わざわざ苦しみを思い出さなくとも、幸せを思い出すためには、かなりの思考の排除が必要でした、今も思考のために、素直に幸せを感じられない部分があります

それは、欲や怒りや、思考だと思います

食べれるのが幸せ、寝れるのが幸せ、小便を出来るのが幸せ

と感じた頃が、いろんな思考や、欲や、怒りで、隠れてると思います

その思考の排除こそが、簡単そうで、かなり忍耐の要る作業なのです

才木広之さん Re: No title

コメントありがとうございます。

欲や怒りや思考を排除する、もしくは隠さなければ幸せになれないのなら、
一生、幸せにはなれません。

欲や怒りも、思考も、決して排除できるものではありません。
それらを隠して喜ぶのは、単なる一時的なごまかしでしかありません。

欲や怒りや愚痴の煩悩があるままで最高無上の幸せになる道。
それを教えられたのが仏教です。
”煩悩即菩提”、 ”無碍の一道” の世界です。

続けて読んで下さいませ。

No title

私は屁理屈を行ってますかね。

もともと、欲や、怒りや、思考が私たちにあったのですかね。

僕の場合は、幼き頃は、欲や、怒りや、思考が少なかったと思います

で、その後、自分の思考などで、どんどん怒りや、欲を作っていったように感じます。当然周りの環境もあってのことではあります

しかし、自分の受け取りようによって、それは調整可能と感じてます

才木広之さん Re: No title

コメントありがとうございます。

お釈迦様は、私たち人間は、”煩悩具足” の凡夫だと教えておられます。
「具足」とは、それで出来ている、ということです。
煩悩具足とは、煩悩の塊、煩悩で出来ている、ということ。

欲や怒りの煩悩を私たちから取ったら、なにも残らない、ということ。
真実の私たちの相は、煩悩具足だと、仏教では教えられます。

ところが、当の本人である私たちは、とてもそのようには思えません。
欲や怒りを制御できると思っているし、
減らそうと思えば減らせる、調整できる、と思っています。
考え方次第で、受け取り方次第で、どうにでもなる、とカンカンに思っています。

お釈迦様が教えられる私たちの真実の相と、
私たちが思っている自分自身の真実の姿とは、
一致していません。

果たして、どちらが真実か。

そのような自惚れ強い私たちを導くために、
お釈迦様の45年間の御苦労があり、七千余冊の経典となったのです。

お釈迦様は、「では、やってみよ」 と実践を勧めておられます。
一つの善もできない者、煩悩具足、と見抜いておられながら、
「できると思うなら、やってみなさい」 と善を勧めておられます。

「ド真剣になって、やってみなさい」 と。

「善因善果、悪因悪果、自因自果」
の因果の道理に狂いありませんので、
悪をやめて、善に向かって進みましょう。

身体の行いだけでなく、口も心も。
欲や怒りが調整可能か、ド真剣になって、実践しましょう。

そうすると、出来るか、出来ないか、知らされてきます。
イダイケ夫人も、お釈迦様に導かれて、実践してみて、
はじめて、真実の自己の相を知らされました。

日々、自分の心をよくよく見つめて、実践していきましょう。
いざ、実践!!

No title

ありがとうございます。

目の前の机、を整理、拭き掃除。すれば気持ちよい

何も考えずに、整理したり、拭いたりしたら、その時も、その後も気持ちよいですね

実感として感じます

実践頑張りましょう、お互いに

才木広之さん Re: No title

いつも、いつも、コメントありがとうございます。

整理整頓、気持ちいいですよね。
私は、キレイで、スッキリと、整理されている状態が好きです。
でも、実際は、・・・。 (><)

実践は難しいものですが、心掛けて、実践していきたいと思います。

No title

こちらこそ いつもいつも対応していただき、どんどん気持ち良くなる自分がいます

私たちの会話も、すっきりきれいに整理整頓された気が私はしております

心こそ、大切だから、大いに気持ちよいです

才木広之さん Re: No title

またまた、コメントありがとうございます♪

そうですね。
整理整頓されて、スッキリしてきましたね。

おっしゃる通り、心が最も大切です。
心から、善に向かっていきたいと思います。
Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。