スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幸せの選択」 と 「不幸の選択」

2011年2月16日(水)    69.2kg  18.7%  9,030歩


結果を出して定時に帰る時間術

仕事が忙しく、最近、いつも帰宅が深夜になってしまって。。。

結果を残して、定時に帰る。

いつも目指していますが、現実は、、、あまりにも過酷です。。。(><)

とても要領の悪い私JJSGですが、ここは踏ん張りどころ。
がんばるぞ! おー!


=== 今日の一日一訓 ===


 運命は決して偶然に決まるわけではない。
 自らの選択、自らの行為によって、
 すべて決まるのです。


 誰にでもイヤなことは起こる。
 誰にでも失敗や過ちはある。

 例えば事業で借金を抱えた時、
 立ち直る人と立ち直れない人には、共通の特徴がある。

 立ち直れないのは、『国が悪い、法律が悪い、景気のせいだ』
 と不満をぶちまけるだけの人が多い。

 立ち直る人は、そういった状況を認めながら、
 では自分にできることは何か、と次の一手を打ち始める。

 「他人のせいにする」
 イヤなことが起きた時、だれもが陥る思考である。

 しかし、その一歩が、運命の方向を決定づける。
 自分でも気づかぬ最初の一歩。
 だが、一度踏み出したら容易には抜け出せない、不幸の選択を・・・・・・。

 そこで、別の選択をしていたら・・・・・・。

 運命は決して偶然に決まるわけではない。
 すべて、自らの選択、自らの行為によって、決まるのです。

 一切が自業自得です。
 例外は万に一つ、億に一つもありません。
 
 イヤなことが起きた時、他人のせいにする人はますます苦しむ。

 反対に、苦しみがやってきた時、過去の己のタネまきを反省し、
 行いを変える人は必ず未来が開けてくる。


 自分自身の三業 (心・口・身) 、特に心の中の思いが、
 自分自身の運命を生み出しているのです。

 幸せの選択をするか、不幸の選択をするか。

 すべては、自分自身にゆだねられている。





『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


生きるのは、幸せになるためです。
すべての人が、変わらぬ幸せになるために。

よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★


FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★

生きる目的は幸福だと パスカル も言います。

自殺するのも楽を願ってのことであり、
政治も経済も、科学、医学、すべて人の営みは、幸せのほかにありません。

これに異論を唱える人はいないでしょう。

ドラマでも、事件が落着してようやく娘の家庭に平穏が訪れた時、
オヤジさんが娘の両手を握って、

 「いいか、〇〇子、この幸せ、離したらアカンで!!」

と語るシーンをよく見かけます。

人は皆、不幸や災難を厭い、安心や満足を求め、
手にした幸せはいつまでも続いて欲しいと願って、
日々、一生懸命生きています。

ところが、私たちの追い求める喜びは、
変わり通しで、やがては苦しみや悲しみに変質し、
崩壊、無に帰することさえあります。

恋のトキメキや結婚の喜びは、どれだけ続くでしょう。
相手がいつ病や事故で倒れたり、
変心して破鏡の憂き目にあうかも知れません。

幸せは、指の間から砂がこぼれ落ちるように消えていく。。。

最愛の人との突如訪れる離別や死別。

生涯かけて築いた家もマッチ一本で灰になり、
昨日まで団欒の家庭も、交通事故や災害で、

 「まさか、こんなことになろうとは・・・・・・」

天を仰いで茫然自失。

辛い涙の現実が溢れてはいないでしょうか。


世界各地で天変地異による大災害がおこっています。
大雪、大雨、台風、洪水。。。
大地震、土石流、津波、竜巻、噴火、日照り ・・・・・・。

そして、テロ、戦争、殺人、強盗、大事件、大事故。。。

明日は我が身。 決して他人事ではありません。


瓢箪の川流れのように、今日あって明日どうなるか知れぬ幸福は、
薄氷を踏む不安がつきまといます。

たとえしばらく続いても、死刑前夜のパーティーで、
総くずれの終末は、悲しいけれども避けられません。



 まことに死せんときは、予てたのみおきつる妻子も財宝も、わが身には一つも相添うことあるべからず。 されば死出の山路のすえ・三途の大河をば、唯一人こそ行きなんずれ。

 (御文章 / 蓮如上人)



 「病にかかれば妻子が介抱してくれよう。
  財産さえあれば、衣食住の心配は要らぬだろうと、
  日ごろ、あて力にしている妻子や財宝も、
  いざ死ぬときには何ひとつ頼りになるものはない。

  一切の装飾は剥ぎ取られ、独り行く死出の旅路は丸裸、
  一体、どこへゆくのだろうか・・・・・・」



蓮如上人の警鐘乱打です。


風前の灯火のような幸せ求めて、今日も人はあくせく苦しんでいる。

悲劇の滝壺に向かっているすべての人を、阿弥陀仏はご覧になられて、


 「なんとしても助けてやりたい。
  絶対に崩れぬ大安心・大満足の身に、
  必ず救い摂ってみせる。

  若し平生に、真っ暗闇の心を、絶対の幸福に
  生まれ変わらせることができなければ、
  この弥陀は、仏のさとり (正覚) を捨てよう」

 (=若不生者不取正覚)


   (もし生まれずば、 正覚を取らじ。)



と、 「平生の救い」 に命を懸けて誓われているのが、

  「弥陀の本願」


です。

阿弥陀仏の本願文


親鸞聖人は

  「若不生者のちかい」


とも讃嘆されています。

若不生者のちかいゆえ


この誓いを果たすために、
阿弥陀仏が大変なご苦労をなされて完成されたのが、

  「南無阿弥陀仏」


という 六字の名号 です。


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。