スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死後どうなるか、今ハッキリする

2011年2月25日(金)    68.4kg  20.2%  12,903歩


5月30日 am6:30 Singaporeの朝


=== 今日の一日一訓 ===


 悲観すな 千里も一歩 いざゆかん


 




『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


仏教の目的 「後生の一大事」 について、確認しています。

親鸞聖人が9歳で出家されて、29歳まで20年間、
比叡山で血のにじむ修行に打ち込まれたのは、

 「後生暗い心」 の解決ただ一つ


だったのです。

それは、死後・来世 どうなるか分からない不安な心

 「後生暗い心」 「無明の闇」


をぶち破って、死後・来世がハッキリした大安心・大満足の

 「後生明るい心」


になることただ一つのためだったのです。

よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★


親鸞聖人が仏道を求められた目的は、
富や名声を得ることでもなければ、
学問や地位のためでもない。

 「後生暗い心」 の解決一つ


であったのです。

そのために29歳まで20年間、
比叡山で血のにじむ修行に打ち込まれました。


ところが、どれだけ求めても、
暗い後生に明かりを灯すことはできませんでした。

泣く泣く下山され、どこかにこの一大事、
解決の道を説かれる方はないか、導きたもう高僧ましまさぬのかと、
京の街を彷徨っておられた親鸞聖人が、やがて

  「阿弥陀如来の本願」


を説かれる 明師・法然上人 に巡り遇われたのです。


  「釈尊が、この世にお出ましになったのは、
   阿弥陀如来の本願一つを、説かんがためでありました。

   この法然も、弥陀の本願によって、救われたのです。

   13歳で出家してより27年間、
   比叡での難行・苦行も、京都・奈良で学んだ華厳・法相などの学問も、
   この法然の後生の一大事の解決には、なりませんでした。

   泣く泣く山を下りました。

   黒谷で、七千余巻の釈尊の説かれた経典をひもとくこと、5回。
   法然のような者でも助かる道がなかろうかと、探し求めました。

   そして、ついに、

   私一人を助けんがための、阿弥陀仏のご念力が届いた一念に、
   法然の暗黒の魂が、光明輝く心に救い摂られたのです。


   その不思議、その驚き、尊さは、心も言葉も絶え果てて、
   ただ泣くでした。

   まことに皆の人、一日も早く、阿弥陀仏の本願を聞き開いてください。

   いかなる智者も、愚者も、
   弥陀の本願を信ずる一念で、救われるのです。

   よくよく聞いてください」



法然上人の一言一言は、甘露の法雨となって渇き切った魂を潤していく。

雨の日も風の日も、親鸞聖人はひたすら、法然上人から

  「弥陀の本願」


を聞き求められました。

そして親鸞聖人29歳の御時、

  ”この親鸞を救いたもうお方は、
   大宇宙広しといえども、
   本師本仏の阿弥陀如来 ただお一人であった”


と、往生一定 ※1 の 「後生明るい心」 に救い摂られた大満足を、

  「阿弥陀如来に親鸞、救われたぞー!
   阿弥陀如来に親鸞、助けられたぞー!!」


と叫ばれているのが、『正信偈』 の最初の二行なのです。

( ※1 往生一定 ・・・ 弥陀の浄土へ往けることがハッキリしたこと)



29歳 信心決定された親鸞聖人



闇に泣き、光を求めて20年。

待って待って待ちわびた 「弥陀の救い」 に、
ようやく遇えた大歓喜の告白です。

「弥陀に救われた」
 とは、

 生きている現在、 「後生暗い心」 がぶち破られて、
 ”いつ死んでも浄土へ往ける” 大安心の身に救い摂られたこと


であることが、お分かりになるでしょう。

これを 「後生の一大事の解決」 といわれます。


これただ一つが、仏教を聞く目的です。


それ以外に、仏教を聞く目的はありません。

お釈迦様が仏教を説かれた目的も、
「後生の一大事の解決」 の道 ただ一つです。
それ以外には全くありません。


では、どうして阿弥陀如来は現在ただ今ハッキリ救うことができるのか。

「後生の一大事」 を解決してくださる弥陀のお力とは、
どういうものなのか。

それについてお釈迦さまが 『大無量寿経』 に説かれていることを、
親鸞聖人は実体験され、 『正信偈』 に褒め称えておられるのが、
「十二光」 といわれるものです。

「光」 とは、 仏さまのお力、念力のこと。
「光明」 とも言われます。

阿弥陀如来の光明 (お力) を、十二に分けて教えられているのです。

初めの 「無量光」 については、既に詳しく聞かせていただきました。

次回、 「無辺光」 から聞かせていただきましょう。


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

Comment

質問を失礼いたします。

>いかなる智者も、愚者も、
   弥陀の本願を信ずる一念で、救われるのです。

釈尊は学術的にも釈尊の真説と認められている原始経典の中で

悪いことをした人は、この世で憂え、来世でも憂え、ふたつのところで共に憂える。
彼は自分の行為が汚れているのを見て、憂え、悩む

善いことをした人は、この世で喜び、来世でも喜び、ふたつのところで共に喜ぶ。
彼は自分の行為が浄らかなのを見て、喜び、楽しむ。

ダンマパダ 岩波文庫
http://seijyaku.fc2web.com/hou.htm

>後生の一大事の解決これただ一つが、仏教を聞く目的です。

過ぎ去った日のことは悔いず、まだこない未来にはあこがれず、とりこし苦労をせず、現在を大切にふみしめてゆけば、身も心も健やかになる。
過去は追ってはならない、未来は待ってはならない。ただ現在の一瞬だけを、強く生きねばならない。
今日すべきことは明日に延ばさず、確かにしていくことこそ、よい一日を生きる道である。

岩波文庫 スッタニパータ

と言っておられますが、どう思われますか?

親鸞様が往生したということはどうやって証明できるのでしょうか。

不躾な質問ですみませんが、教えていただけたら幸いです。

せいりんさん Re: 質問を失礼いたします。

コメントありがとうございます♪

3つのことをお尋ねですね。

◆ 親鸞聖人が浄土往生されたことを証明してみよ、
とのことですが、証明できません。

親鸞聖人ご自身が、浄土往生を語っておられるお言葉を書いておきますね。

「この身は今は歳きわまりて候えば、
 定めて先立ちて往生し候わんずれば、
 浄土にて必ず必ず待ち参らせ候べし

(末灯鈔十二通)

「信心の定まると申すは摂取にあずかる時にて候なり。
 その後は正定聚の位にて、まことに浄土へ生まるるまでは候べし
(末灯鈔十三通)

「わが歳きわまりて、安養浄土に還帰すというとも
 和歌の浦曲の片男浪の寄せかけ寄せかけ帰らんに同じ。

 一人居て喜ばは二人と思うべし、
 二人居て喜ばは三人と思うべし、
 その一人は親鸞なり。

 我なくも 法は尽きまじ 和歌の浦
   あおくさ人の あらんかぎりは」
(御臨末の御書)

「名残惜しく思えども、
 娑婆の縁尽きて、力なくして終るときに、
 彼の土 (浄土) へは参るべきなり
(歎異抄九章)



他人の信心、浄土往生は、証明はできませんが、
自分自身の信心、浄土往生は、自分自身がハッキリします。

一つ知っていただきたいのは、
誰でも彼でも浄土往生できるのではありません。

平生、生きている現在ただいま、
信心獲得、信心決定した人だけです。

弥陀の本願に救い摂られたとき、
いつ死んでも弥陀の浄土に往生できることがハッキリします。

死んでからではない、生きている今、ハッキリする、
と親鸞聖人は、繰り返し、繰り返し、教えておられます。


証明できるから 「実在する」、
証明できるものは 「事実である」。

証明できないから 「実在しない」、
証明できないものは 「事実ではない」。

というものではないことも、考えてみていただければ、と思います。
もちろん、証明できればいいんですけどね。

「明日はある」 と誰もが信じて生きていますが、
「明日がある」 ことなど、誰にも証明できません。


◆2つ目は、「ダンマパダ 岩波文庫」 の内容について、
どう思うか、とのこと。
その内容と、弥陀の本願、釈尊の教え、親鸞聖人の教えが矛盾しているではないか?
とのことかな、と思います。

「善因善果、悪因悪果、自因自果」 の因果の道理は、
三世を貫いて変わらぬ大宇宙の真理であり、
釈尊45年間のすべての教えを貫いて変わらぬ仏教の根幹です。

ですので、岩波文庫の本に書いてある通りだと思います。

親鸞聖人の教えももちろん、仏教の根幹、「因果の道理」 に基づく教えです。
寸分の違いも、なんら矛盾もありません。
弥陀の本願は、釈尊が説かれたものです。

 「いかなる智者も愚者も、
  弥陀の本願を信ずる一念で救われる」

と教えられたのは、釈尊です。
『大無量寿経』 に明らかです。

そして、親鸞聖人の教えは、

 「更に親鸞、珍しき法をも弘めず、
  釈迦如来の教法を、我も信じ、人にも教え聞かしむるばかりなり」

の通り、お釈迦様の教え以外、教えておられません。


◆3つ目は、「岩波文庫 スッタニパータ」 の内容について、
どう思うか、とのこと。

煩悩具足の凡夫にできるかどうかは別として。
ぜひ、そのように生きたいものですね。
そのようにできるなら、素晴らしいと思います。

そのためにも、仏教・弥陀の本願を聞き求め、
一日も早く、「後生の一大事」を解決して、
「無碍の一道」 に出させていただかねばならない、
と思うばかりです。

以上です。
長々と失礼しました。

No title

不躾な質問にもかかわらず、誠実でご丁寧な回答ありがとうございます。

>弥陀の本願は、釈尊が説かれたものです。
 「いかなる智者も愚者も、
  弥陀の本願を信ずる一念で救われる」
と教えられたのは、釈尊です。
『大無量寿経』 に明らかです。

残念ながら無量寿経はお釈迦様がなくなられて2600年後の創作なのでお釈迦様もご存じないです。
浄土教http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%84%E5%9C%9F%E6%95%99
大乗非仏説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B9%97%E9%9D%9E%E4%BB%8F%E8%AA%AC

実は私は浄土系の僧侶です。
長年教えを信じようと努力して、矛盾を抱え苦しんでおりました。
そんな時大学で大乗非仏説(大乗はすべ後代の創作)という事実を知り愕然としました。

しかしそれから真摯に釈尊の直説と立証されている原始仏典を学び、スリランカの長老に師事し真の「後生の一大事の解決」を得る事が出来ました。

もしよろしければ参考にしていただければ幸いです。
日本テーラワーダ協会http://www.j-theravada.net/

長々と失礼いたしました。

せいりん拝

せいりんさん Re: No title

再びコメント、ありがとうございます。

大乗非仏説ですね。
単なる学説であり、戯論にすぎません。

私は、親鸞聖人のみ教えを信じます。

 「それ、真実の教をあらわさば、大無量寿経これなり」
 (教行信証)

 「如来世に興出したまゆえんは、
  唯、弥陀の本願海を説かんがためなり」
 (正信偈)



親鸞聖人の教えは、弥陀の直説であり、
釈迦、七高僧 (龍樹、天親、曇鸞、道綽、善導、源信、法然)
の信念を無我に相承されたものです。

親鸞聖人の仰せは、三世を貫く仏説であり、
断じて時代思潮や学説などによって変動されるものではありません。

一切の学説は、仮定の上に成り立っていますから、
大乗非仏説と証明されようが、大乗仏説と証明されようが、
それがそのまま私たちの救いにはなりません。

決定的証明は、体験的信仰によらねばなりません。

弥陀の救いは、生きている現在ただいま、

 ”弥陀の本願まことだった”


とツユチリの疑心なくハッキリする世界です。

弥陀の本願に疑い晴れ、仏説に疑心あることなし、
の信心の体験がなければ、一切の議論は戯論に終わります。

金剛信が徹到すれば、解脱の光輪の慈照によって、

 「真実の教えは大無量寿経これなり」

とハッキリと信知させられます。

「弥陀の本願まことにおわしまさば、釈尊の説教、虚言なるべからず。
 仏説まことにおわしまさば、善導の御釈虚言したまうべからず。
 善導の御釈まことならば、法然の仰せ、そらごとならんや。
 法然の仰せまことならば、親鸞が申す旨、またもって虚しかるべからず候か」
(歎異抄第九章)


親鸞聖人にとって、何よりも明らかなのは、
「弥陀の本願まこと」 です。
ツユチリの疑心もなく明らかに知らされたことです。

親鸞聖人のみ教えは、単なる学説でもなければ、
観念の遊戯でもありません。

今後も、親鸞聖人のみ教えの通り、
進ませていただきたいと思います。

ありがとうございました。
Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。