スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お釈迦さまとはどんな方か

2011年3月29日(火)    69.4kg  19.3%  9,085歩

苦しくてもなぜ生きねばならぬのか。
親鸞聖人の答えは、簡潔で明快です。

「生きる目的は、金でもなければ財でもない。
 名誉でもなければ、地位でもない。
 人生苦悩の根源を断ち切られ、
 ”よくぞ人間に生まれたものぞ” 
 と、生命の歓喜を得て、未来永遠の幸福に生きること


この真の人生の目的を知ったとき、一切の悩みも苦しみも意味を持ち、
それに向って生きるとき、すべての努力は報われます。


がんばれ、日本!
がんばろう、東北!!



=== 今日の一日一訓 ===


 ”ありがとう” の言葉


 自分が一番苦労していると、各自思っている。
 他人の良いところばかりが、目につき腹が立つ。

 ホントは、一番のんびりしているのが私。
 みんなは、ギリギリ一杯努力しているのだ。

 これが事実と思えないから、
 ”おかげさまで” と感謝できず、
 ”ありがとう” の言葉が出ない。




『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


次の行に進みます。

 如来所以興出世
 (にょらい しょい こうしゅっせ)

 唯説弥陀本願海
 (ゆいせつ みだ ほんがんかい)


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★

正信偈


  如来所以興出世
  唯説弥陀本願海



これは、


  「如来、世に興出したまう所以は、
   唯、弥陀の本願海を説かんとなり」



と読みます。


ここで、 「如来」 といわれているのは、

釈迦如来お釈迦さま のことです。

釈尊
 とも敬称されます。

世間では、お釈迦さまといっても阿弥陀仏といっても、
レッテルが違うだけで、同じ仏さまだろうと思っている人がありますが、
お釈迦さまと阿弥陀仏とは全く違う仏です。


その違いを知らないと、親鸞聖人の教えは全く分らなくなりますので、
よく知って頂きたいと思います。

まずは、お釈迦さまとはどんな方か、お聞きしましょう。


釈尊は、約2600年前、インドのカピラ城に住んでいた、
浄飯王 (じょうぼんのう) という王様の太子として誕生されました。

お母さんの名を マーヤー夫人 (ぶにん) といわれます。

四月八日、 ルンビニー園 という花園で生まれられたので、
お釈迦さまの誕生日を今日 「花祭り」 といって祝っています。

幼いころは シッタルタ太子 といわれ、
学問も武芸も国一番の師匠を学ばれました。

文武ともに抜群で、並ぶ者は誰もなかったといわれています。

そのことは、二人の師匠が間もなく

  「私にはもう太子に教えることはありません」

と、浄飯王に辞任を申し出たといわれていることでも分ります。

このように何不自由のないシッタルタ太子でしたが、
成長するにつれ、何か深刻に物思いにふけられるようになりました。

心配された両親は、何とか明るい太子になってほしいと、
十九歳で、国一番の美女といわれた ヤショダラ姫 と結婚させられました。

それでも太子の暗い表情は変わりませんでした。

両親はいろいろ悩みの種を尋ねますが、
太子は一向に語ろうとはされません。

そこで浄飯王は、春夏秋冬の季節ごとの御殿を造らせ、
五百人の美女をはべらせて、太子の悩みをなくそうとされましたが、
表情は少しも晴れませんでした。

それは、健康、財産、地位、名誉、妻子、才能などに恵まれていても、
やがてすべてに見捨てられる時が来る。


どんな幸福も続かない
 ことを知っていた太子は、
心からの安心も満足もできなかったのです。

  ”この世のものは皆滅びゆく。
   どうすれば、崩れない本当の幸福になれるのか”


シッタルタ太子の、真実の幸福を求める気持ちは、
日に日に強くなっていきました。

ある日、父・浄飯王に手をついて、

 「城を出て、まことの幸福を求めさせて下さい」


と頼まれたのです。

驚いた浄飯王は、

 「一体何が不足でそんなことを言うのか。
  お前の望みは何でもかなえてやろう」



 「それではお父さん、申しましょう。
  私の願いは三つです」



 「三つの願いとは何か」



不審そうに浄飯王が聞かれると、
シッタルタ太子は、こう言われています。


 「私の願いの一つは、いつまでも今の若さで年老いないことです。
  望みの二つは、いつも達者で病気で苦しむことのないことです。
  三つめの願いは、死なない身になることです」


それを聞かれた浄飯王は、

 「そんなことになれるものか。
  無茶なことを言うものではない」


と、あきれかえって立ち去られた、といわれます。

そこでついに二十九歳の二月八日、シッタルタ太子は、
夜中密かに城を抜け出し、山奥深く入られ、
私たちの想像もできない厳しい修行を、六年間されました。

そして、三十五歳の十二月八日、
ついに 仏の悟り を得られたのです。


★★★

がんばれ、日本!
がんばろう、東北!!


FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。