スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「如聾如唖」 になるような難解な話

2011年4月4日(月)    69.4kg  19.5% 



=== 今日の一日一訓 ===


 驚くな 諸行無常と 説かれたり


 諸行無常。
 不幸は、突然におとずれる。

 あんなに元気だった夫が死んだ。
 いちばん愛するわが子も死んでしまった。
 あまりにも、あまりにも、むごい・・・・・・。
 こらから先、いったい何を明かりに生きたらいいのか・・・・・・。

 人は、皆、死んでいく・・・・・・。
 自分の死も、100%必ずやってくる。

 人の一生は、天に炸裂する稲妻のように一瞬に過ぎ去ってしまう。
 夢や幻のような楽しみでしかない。

 どれだけ栄華栄耀にふけり、思うがままになろうとも、
 五十年や百年など、あっという間のこと。

 しかも、明日まで生きておれる保証などない。
 もし、無常の嵐に誘われたならば、
 いつ、どんな病や事故や災難で、この世を去らねばならないか。

 いよいよ死ぬ時には、生涯懸けて築き上げた
 地位、名誉、財産も何一つ明かりにならない。
 妻や子供、愛する家族も死出の旅路にはついてきてはくれない。

 たった一人で、暗い心を抱えて、
 泣き泣き、三途の大河を渡らねばならない。

 これほどの大事があるでしょうか。

 後生は、一大事です。




『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


真実の経、『大無量寿経』 を説かれるために、
お釈迦さまはどのようなご苦労をなされたのか。

よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★


七千余巻の一切経の中でも、代表的なお経が七つあります。


 ○ 華厳経
      (けごんきょう)

 ○ 阿含経
      (あごんきょう)

 ○ 方等経
      (ほうどうきょう)

 ○ 般若経
      (はんにゃきょう)

 ○ 法華経
      (ほっけきょう)

 ○ 大無量寿経
  (だいむりょうじゅきょう)

 ○ 涅槃経
      (ねはんきょう)



初めの 『華厳経』 は、
お釈迦さまが仏のさとりを開かれて最初のご説法であり、
その特徴は 「難解」 であることです。

あまりにも難しく、誰も理解できないために、
聴衆は皆 「如聾如唖」  (にょろうにょあ) になった、
と言われています。

「如聾如唖」 とは、

 「耳が聞こえず、しゃべれない人のようになった」

ということ。

俗な言葉で言うと、

 ”あっけに取られてポカーンとしてしまった”

ということです。


なぜ大衆がそんな状態になったのかというと、
お釈迦さまが ”自内証” (じないしょう) を語られたからです。

「自内証を語る」 とは、自らさとられた 「仏覚」 の高遠な境地を、
そのまま説かれた、ということです。

さとりには全部で五十二の位があり、
その最高無上のさとりが 「仏覚」 です。

さとりの位が一つ違うと、
人間と虫けらほど境涯が違うと言われます。

例えば、私たち人間がハエに、
携帯電話の使い方をこんこんと説明しても、
ハエにはとても理解できないでしょう。

生きている世界が、全く異なるからです。

いや、同じ人間同士でさえも、
気持ちのスレ違いや言葉の聞き違いで、
意思の疎通が図れず困ることが多々あるのです。

ましてや、お釈迦さまが得られた 「仏覚」 は、
凡夫とは五十二段もかけ離れた境地。

その深遠な心境をそのままぶちまけられた聴衆は、
訳が全く分からず 「如聾如唖になった」 と言われるのも、
うなずけるでしょう。

しかしこれには、ちょと考えると腑に落ちない点もあります。

「話」 をする目的は、相手に何かを分かってもらうことだからです。
知らせたいことがあって、それを伝える手段として言葉を使い、
「話」 をするのです。

話したのに何も分かってもらえなければ、
話したほうも聞くほうも、時間と労力の無駄になってしまいます。

誰でもそう思うのに、ましてや大雄弁家のお釈迦さまが、
そのようなことを自覚されていないはずがありません。

事実 「広長の舌相」 と言われるように、
どんな事でも誰もが納得できるよう、
わかりやすく、巧みな例え話で鮮やかに説かれていることは、
よく知られていますし、皆さんもよくご存じでしょう。

そのお釈迦さまがなぜ、誰も分からず
「如聾如唖」 になるような難解な話を、
あえてなされたのでしょうか。

それには大切な理由があります。


続きは、次回。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

Comment

No title

 いつもブログでの説法、ありがとうございます。

マレーシアボルネオの法友4名が、昨日4月3日も続けて

テレビ座談会に御縁あり、大変喜んでおられます。

4月の後半の日曜もすべて御縁あるそうですよ。

一度、二千畳へ来られるとここまで、大きくかわられるのかと、

驚いています。

今は、東日本大震災の支援に忙しいですが、早めに、星馬に

行きたいですね。その時は、よろしくお願いします。
v-222

No title

追伸です。

昨日は、ジャカルタ、シンガポール、マレーシアのクチンで、

同時にテレビ座談会が開かれたことになり、感動しました!

地図では、この三都市は、正三角形に近い等距離ではと

思うくらいですが、どうでしょうか。

Re: No title

コメントありがとうございます。

東日本大震災の復興支援、お疲れ様です。
自ら現地に赴かれての支援活動、誰にでも出来ることではない、
と思います。
私は、なにも出来ませんが、せめて一日も早い復興を念じております。

そして、ただただ、親鸞聖人の教えをお伝えするだけです。

お釈迦様の教え、親鸞聖人の教えを、
一人でも多くの方に知っていただけるご縁になれば、
と思えばこそ、ブログが続けられています。

グータラで、怠け者の私が、
なぜ、ここまで続けられるのか、不思議でなりません。

ボルネオにて、真宗今盛んなり、ですね!
じわじわと法輪が拡大していって欲しい、と念ずるばかりです。

東日本の方々に、復興支援を。
そして、親鸞聖人のみ教えを、お伝え下さい。
そして、その後、マレーシア、シンガポールにも。

その日を、お待ちしております。

Re: No title

コメントありがとうございます。

地図で確認しました。
ジャカルタ、シンガポール、クチンを結ぶと、
ほぼ正三角形になりますね。

次回か、その次か、わかりませんが、
バリ島からシンガポールもしくはジャカルタに、
尊い方が来られると聞いています。
楽しみです。

それら有縁の方々と、
共に励まし聞法精進していきたいと思います。
Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。