スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終帰 - 万川が行き着く

2011年4月12日(火)    69.2kg  18.9%  8,557歩


ふむふむ



=== 今日の一日一訓 ===


 私の運命をつくるのは私


 「因果の道理」 を根幹として説かれたのが仏教です。

 道理とは、三世十方を貫くものをいいます。
 「三世」 とは、過去、現在、未来のことで 「いつでも」 。
 「十方」 とは、東西南北上下四維で 「どこでも」 。

 いつでも、どこでも変わらない真理を 「道理」 といわれます。
 江戸時代は正しかったが、平成の今日は間違いとされたり、
 日本では正しいがアメリカでは間違いとされるようなものは、
 道理とはいえません。

 憲法といっても、国が違えば異なるし、
 何十年もすれば変わるのですから、道理ではありません。
 法律も幾らでも変わります。

 では、 「いつでも、どこでも変わらないもの」 などあるでしょうか。
 それが 「因果」 ということです。

 因果とは原因と結果のこと。
 すべての結果には必ず原因がある。
 原因なしに起きる結果は万に一つ、億に一つも絶対にない。

 まばたき一つするにも原因がある。
 これだけは原因なしに起きた、という例外はない。
 これを徹底して教えられているのが、因果の理法です。

 特に私たちが最も知りたい、幸福や不幸の原因と結果を、
 お釈迦さまはこのように説かれています。

   善因善果
   悪因悪果
   自因自果


 「善因善果」 とは、善いタネをまけば善い結果、
 「悪因悪果」 とは、悪いタネをまけば悪い結果が現れる。

 逆に言えば、幸福という善い結果は、善い原因によって生み出されたものであり、
 不幸や災難という悪い結果は、悪い原因によってつくられたものである、
 ということです。

 「自因自果」 とは、まかぬタネは生えぬ。
 善いも悪いも、自分に現れる結果のすべては、
 自分のまいたタネであるということです。

 つまり、現在の私の運命は、他の誰でもない、私自身がつくったもの。
 未来の私の運命は、私自身がつくるもの、です。
 




『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


親鸞聖人は、 「阿弥陀仏の本願」 を 「海」 に例えられています。
そのみ心を聞かせていただいています。

よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★


● 終帰


“地上のどこに降った雨水も、最後、ここへ来ないと落ち着かない”

という、究極のよりどころが 「海」 です。

山頂に降った雨も、中腹に降った雨水も、平野に降った水滴も、
やがて川に入り、海へ、海へと向かっていきます。

もちろん途中の湖や池にしばらく留まることはあるでしょう。

が、流れ流れて最後は 「海」 に辿り着きます。

「海」 に入らなければ、どの雨滴も落ち着かないのです。

これを 「終帰」 といい、海の大きな特徴です。


世界には、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教など
数多の宗教があり、信仰している人があります。

例えれば、山頂から海に至るまでに、多くの湖や池があり、
そこに雨水が留まっているようなもの、といえるでしょう。

何十万とある宗教だけではありません。

お金や財産、地位や名誉、仕事、結婚、家庭、友人、
思想や哲学、学問など、私たちが信じ、
あて力にしている一切は、湖や池や水たまりのようなもの。

それらを信じ、手に入れ、しばしの安らぎがあったとしても、
心の底からの安心が得られたでしょうか。

「人間に生まれてよかった」
 という、
変わらぬ生命の大歓喜があるでしょうか。


 「今までで、一番うれしかったことは?」

 「どんなときが幸せ?」



と聞かれて、即答できる人はどれだけあるでしょう。


 「いやぁ、何かいいことあったかなぁ・・・・・・」



という程度の記憶しか残っていないのが実態ではないでしょうか。


一時よろこべても、すぐに色あせる儚い幸せしか知らない、
そんな私たちに、本当の安心・満足を与えてみせると誓われているのが、

  「阿弥陀仏の本願」


です。

私たちは、それぞれ自分が一番よいと思うものを生き甲斐にし、
安心を得ようと必死に追い求めていますが、
最後はこの 「弥陀の本願」 に帰して初めて、


  「人間に生まれたのは、これ一つであった」


  「我が人生に悔いなし」



と真の幸福が得られることを、万川の終帰する 「海」 に例えて、
「弥陀の本願海」 と親鸞聖人は言われているのです。


 “ 阿弥陀仏は、すべての人を極悪人と見抜かれた上で、
   そんな者を一味平等の絶対の幸福に救い摂ると、
   命を懸けて誓われているのだよ。

   我々の真に救われる道は、
   この 「弥陀の本願」 以外にないのだから、
   一日も片時も急いで、聞き開いてくれよ ”


親鸞聖人の熱き御心を、


    海


の一字に知らされるではありませんか。


正信偈




★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。