スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三世を貫く因果の大道理

2011年4月14日(木)    68.2kg  20.4% 


シンガポールリバー



 過去世、現在世、未来世の三世の実在
 それを貫く因縁果の大道理


 過去世とは、人間に生まれる前のことをいい、
 現在世とは、生まれてから死ぬまでの五十年乃至百年のこの人生、
 未来世とは、死んだ後の世界、後生、来世をいいます。

 私たちの生命の歴史は、五十年や百年の現在世だけではありません。
 永遠の生命の流れから見れば、この人生は滔々と流れる大河の水面に
 ぽつんと生じ、やがてパッと消え去る水泡のようなものでしかありません。

 これは因果の道理から、うなずけるでしょう。
 生まれたのは一つの結果ですが、その時点で人それぞれ運命の違いがある。
 その原因は生まれる前の過去世に求めなければなりません。

 また、もし未来世がなければ、人それぞれ異なるこの世のタネまきの結果は
 どうなるのでしょう。
 お釈迦さまが 「因果応報なるが故に来世なきに非ず」
 と断言されているとおり、現世でまいた因に応じた報いが、
 来世に必ず現れます。

  「どうせ死刑になるなら何人殺しても同じ」

 というのは無知からくる暴論で、絶対同じではないのです。
 この私たちの永遠の生命に、 不滅の業 がおさまっている。
 そして縁と結びついて果 (運命) を生じ、
 過去、現在、未来と連続しているのです。

 現在世しか知らない私たちの目の届く範囲はごく限られていますが、
 結果が起きたということは、必ずそうなる因と縁があったということです。

 このような永遠の生命観から見れば、
 顔回の過去世のタネまきが知らされ、
 盗跖の未来世の悪法が思いやられるではありませんか。

 お釈迦さまはこれを、

  「過去の因を知らんと欲すれば現在の果を見よ。
   未来の果を知らんと欲すれば現在の因を見よ」
  (因果経)


 と教えられています。
 過去も未来も現在におさまる。
 現在の自己を見れば、過去も未来も皆分かるのだ、
 と言われたお言葉です。

 三世因果の道理を知れば、自暴自棄のアキラメも、
 「バレなければいい」 の発想も、出ようがありません。

 人間の作った決まりには不備や限界もあります。
 しかし、因果の道理は大宇宙に不変の真。

 このごまかしのきかない道理に立って、真実の光に向かう。
 一人一人が、よりよき未来を創造することに全力を挙げる
 たくましい人生こそ、切り開きたいものです。

 私の運命をつくるのは、私。
 あなたの運命をつくるのは、あなた以外にないのですから。
 


FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。