スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親鸞さま、本当ですか!?

2011年4月22日(金)    68.4kg  19.0%  5,245歩


まる玉らーめん

「まる玉らーめん」 です。
私の中では、シンガポールでナンバーワンのらーめんです♪


=== 今日の一日一訓 ===


 平生でさえ


 平生でさえ聞かないのだから、臨終に聞く筈がない。
 無常の風に、頭叩かれて驚いては、手おくれだ。

 叩かれた時、次の世界で、泣く泣く業を果たさねばならぬ。




『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


 「すべての人を、現在ただ今、
  必ず浄土へ往ける大安心の身にしてみせる」


これが 弥陀の誓願 です。

このような弥陀の誓願を聞くと、あなたの心には、

 「本当に、そんな幸せになれるのだろうか」


という疑いが起きるでしょう。

よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★


素直に本願を信じているつもりの人でも、
例えば、仏教学者などから

 「弥陀の本願は釈迦が説かれたものではない。
  後世の人の作り話である」


とでも言われたらどうでしょう。

途端に不安になり、

 「絶対の幸福を科学的に証明してください」

と、科学を持ち出して安心しようとするかもしれません。


本願に対する疑いがあるからです。


本願に 「疑心あることなし」 という心になっていないのです。

そのように信仰が動乱した同朋たちと親鸞聖人の、
鬼気迫る対峙の場面が 『歎異抄』 に記されています。


歎異抄二章 冒頭


おのおの十余ケ国の境を越えて、身命を顧みずして訪ね来らしめたまう御志、ひとえに往生極楽の道を問い聞かんがためなり。



 “皆さんが、遠い関東から命懸けでこの親鸞を訪ねてこられたのは、
  往生極楽の道、ただ一つを問いただすためであろう”



歎異抄第二章 の書き出しです。


20年間、関東で布教活動された親鸞聖人は、
還暦過ぎて故郷の京都へ帰られました。

その後の関東では、親鸞聖人の教えを聞く人たちの信仰を惑乱する、
種々の事件や問題が起きたのです。


 「弥陀の本願以外に救われる近道があるのでは・・・」


 「だまされているのではなかろうか・・・」


 「本当のところを、確かめたい」



かくして関東の同朋たちは、親鸞聖人一人を命として、
十余ヵ国の境を越えたのです。


当時、関東と京都の往復は、60日もかかったといいます。

道中、箱根の山や大井川など、旅の難所は幾つもあり、
盗賊や山賊もウロウロしている。

まさに 「身命を顧みず」 の旅路であったに違いありません。


そんな彼らと対面されるや否や、

 「聞きたいことは往生極楽の道、
  ただ一つであろう」


と親鸞聖人は直言されています。

往生極楽の道とは 「弥陀の誓願」 のこと。


 「必ず極楽浄土へ往ける大安心の身
 (摂取不捨の幸せ) に救い摂る」


というのが弥陀の誓いですから、親鸞聖人は

 「往生極楽の道」


と言われたのでしょう。

ところが、往生極楽の道一つ聞くために、
命懸けでやってきた関東の人たちへの親鸞聖人のお言葉は、
意外なものでした。

弥陀の本願まことにおわしまさば、
釈尊の説教、虚言なるべからず。
仏説まことにおわしまさば、
善導の御釈、虚言したまうべからず。
善導の御釈まことならば、
法然の仰せ、そらごとならんや。
法然の仰せまことならば、親鸞が申す旨、
またもってむなしかるべからず候か。
(歎異抄第二章)



 “弥陀の本願 (誓願) がまことだから、
  それ一つ説かれた釈尊、善導、法然の教えに
  間違いがあるはずがない。
  これらの方の教えがまことならば、
  そのまま伝える親鸞に、どうしてウソ偽りがあると言えるのか”



これでは話が逆さまではないか、
とクビをひねる人もあるでしょう。

なぜなら、弥陀の本願に疑いが生じ、
本願がまことか、どうかを尋ねに来た人たちに、
親鸞聖人は何の証明も解説もされずに、
彼らの最も曖昧な 「弥陀の本願まこと」 を大前提に、
答えられているからです。

この大胆な逆説的な断言は、何を意味し、
どのような体験からなされたものなのでしょうか。


 「煩悩具足の凡夫・火宅無常の世界は、
  万のこと皆もってそらごと・たわごと・真実あることなきに、
  ただ念仏のみぞまことにておわします」
 (歎異抄)



 “いつ何が起きるか分からない火宅無常の世界に住む、
  煩悩にまみれた人間のすべてのことは、
  そらごとであり、たわごとであり、まことは一つもない。
  ただ弥陀の本願念仏のみがまことなのだ”



長くなるので、続きはまた次回。


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。