スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死を考えぬ私の人生観は間違いか

2011年9月16日(金)    71.4kg  20.5% 



=== 今日の一日一訓 ===


 他人にゆずる気持ちを持つようにしよう。


 




『正信偈』 親鸞聖人のみ教えを学んでいます。


だれも、人間一度は死なねばならぬことぐらいは分かっていますが、
毎日、死ぬ死ぬと思っていては楽しく生きられません。 だから、

 「死をなるべく考えないように、明るく生きよう」


と思っている人がほとんどです。

しかし、これは真面目な人生観とは言われません。


よろしければ下の 続きを読む をクリックして、続きを読んで下さいませ。

★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン



★★★


 「今までは他人が死ぬぞと思いしに、
  俺が死ぬとは、こいつたまらん」


と泣いて死んだ医者があったそうです。

人間一度は死なねばならない、とはだれしも一応は合点しているのですが、

 「自分の死」


に直面した時は、動物園で見ていた虎と、
山中で突如出会った虎ほど違うのです。

人は皆、

 「一度は死なねばならぬことぐらいは、分かっている」


と言いますが、それは、

 「他人の死」


であって、

 「自分の死」


という大問題については、
千里先の雷が百里先の馬が転んだほどにも、
考えてはいないのです。

まだガンが不治の病とされていた時、

 「ガンであることを本人にも家族にも知らせずにおくと、
  5年以上も生きられるが、家族だけに知らせても、
  生きる期間は2年縮まる。
  それが本人にも知らせると1年も生きる人は少ない」


という報告もありました。

これはいかに

 「自分の死」


に対して我々は深い恐怖を持っているかのあかしでしょう。

もちろん、戦場とか大ケンカで極度に興奮している時は、
平気で死ねるようにみえますし、難病で死の宣告を受けた患者の中には、
自殺する人もいますが、あれは極度の興奮で一時気が狂っているか、
死を恐れるのあまり自分から死んでしまうのです。

大石内蔵助
は腹を開き短刀は握ったが、
手が震えて腹に突き刺すことができなかった。

介錯人が見るに見かねて、彼の輝かしい名声を傷つけまいと、
大石の切腹の前に首をはねた、と伝わっています。

 「手を一つ打つにつけても討つという、
  敵のことは忘れざりけり」


の執念が実って、吉良邸に討ち入った時の大石には、
死は眼中にはなかったでしょうが、
そのような激情は続くものではありません。

シェークスピア
は 『尺には尺を』 の中で、

 「死ぬのは恐いことだ」


とクローディオに叫ばせ、ユーゴーは 『死刑囚最後の日』 の中で

 「人間は不定の執行猶予期間のついた死刑囚だ」


と、言っていますが、
すべての人間の悲劇は遅かれ早かれ死なねばならないところにあります。

核戦争が怖い、公害が恐ろしい、
食糧危機だ、交通戦争だと騒いでいても、
しょせんは死が怖いということではありませんか。

死という核心に触れることがあまりにも恐ろしすぎるので、
それに衣を着せ和らげたものと対面しようとしているにすぎません。

しかしどんなに死をかんがえないように、
明るく生きようと努めてみても、
必ずやってくる 「自分の死」 から、
完全に目を背けることはできません。


麻酔薬は一時苦痛を和らげゴマ化してはくれますが、
麻酔がさめたら苦痛と対面しなければならないように、
やがて私たちはどんなことをしてもゴマ化すことのできない自分の死と、
自分だけで対面しなければならない時が、必ず来るのです。


ではなぜ死が恐ろしいのか。



それは、

 「死んだらどうなるのか」


という未知の後生に入っていく不安があるから恐ろしいのです。
これを仏教では、 「暗い後生」 といい、

 「一大事の後生」


といいます。

親鸞聖人は、

 「一たび人身を失いぬれば万劫にも復らず。
  徒に後悔をのこすことなかれ」
 (教行信証)



と教え、それゆえに蓮如上人は、

 「あわれあわれ、存命の中に、
  皆々信心決定あれかしと、
  朝夕思いはんべり」


と、この 一大事の後生の解決 (信心決定) を急げ
と叫び続けておられます。

この魂の解決をして、死んでよし生きてよしの
無碍の大安心へ雄飛しない以上、
すべての人の求めている光明の人生は開かれません。

一切の人生苦の根源である 死の解決 こそ、
一生参学の大事であり、全人類究極の目的なのです。

しかもそれは、真実の仏法、阿弥陀仏の本願力によらなければ
絶対に果たしえない難中之難の大事です。

この一大事の後生の解決のできうる唯一の道を教える
真実の仏法を聞き求めて、真に明るい人生を心行くまで味わってください。


★★★

FC2Blog Ranking にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ blogram投票ボタン

テーマ : よく生きる
ジャンル : ライフ

Comment

Secre

ポチっと応援感謝♪

いつも応援有難うございます

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン おきてがみ

プロフィール

JJSG

Author: JJSG
男 173cm 血 O型
1972年7月29日生
(42歳)

福岡県出身
愛知県一宮市で育つ
シンガポール居住を経て、
(2007.9~2013.3)
現在は、日本在住
(名古屋近郊)
職業: 平凡なEngineer

スポーツ大好き♪
(野球、バドミントン)
カラオケ大好き♪
(演歌最高!)

父は、鹿児島県出身。
母は、福岡県出身。
共に九州、浄土真宗門徒。

私も、仏教、親鸞聖人の教えを、少しずつ学んでいます。

禁煙 2009年1月4日~
半日断食 2009年7月~
(すっかりサボり気味。。。)
体重:
MAX 81.4kg 理想 63kg

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


フラワーエッセンスでラブリーに行こう!

心に残る名言集 格言・有名人の良い話集めました。

疲れたときは映画を観よう。

部屋別で探す『アイデアグッズ・便利グッズ』

ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。